妊婦はりんご病予防を!妊娠初期~後期の胎児への影響と治療は?

illust180 リンゴ病という病名を、一度は耳にしたことがある方が
多いと思います。

リンゴ病は、幼児や児童が感染する病気だというイメージが
ありますね。

しかし、リンゴ病は大人へも感染します。

スポンサードリンク




感染力は弱いと言われていますが、
妊婦さんには、注意が必要です。

妊婦さんが感染すると、胎児に感染し、高い確率で
胎児に影響がでると言われているのです。

 

大切な新しい生命を守るためにも、リンゴ病のことを
よく知って、妊婦さんは細心の注意を払いましょう。

 

リンゴ病は、どんな病気?

感染すると、頬がリンゴのように真っ赤になることから

「リンゴ病」

と呼ばれていますが、正式な病名は、

「伝染性紅斑」

と言います。

 

リンゴ病は、ウイルスによる感染症で、感染症のなかでは、
感染力が弱く短い間に大流行することは殆どありません。

 

りんご病の原因は?

リンゴ病のウイルスは、

「ヒトパルボウイルスB19型」

で、飛沫感染によって広がっていきます。

 

りんご病の潜伏期間は?

りんご病の潜伏期間は10日から20日で、大人の約50%の人が
免疫を持っていると言われています。

しかし、りんご病と似た症状の風疹や溶連菌などの病気があり、
病名を確定するためにも病院の受診が必要になります。

 

リンゴ病の症状

子供が感染すると、頬がリンゴのように真っ赤になり、
手足にレース状の発疹が現れます。

 

大人が感染すると、頬は赤くならないですが、

手足の発疹、

全身の倦怠感、

関節痛、

発熱

の症状が現れます。

 

りんご病は、子供がかかるケースが多い病気です。
しかし、大人が感染すると子供より重い症状が現れます。

 

特に妊娠中の妊婦さんが感染すると、胎児が感染する
可能性があり、妊婦さんには軽視できない怖い病気です。

妊婦さんが感染すると、大人の症状に加えて、急激な
貧血になることがあります。

 

母子感染の恐れがある病気で、胎児に感染する可能性が
あるのです。

スポンサードリンク


りんご病の胎児への影響

妊娠初期から中期にかけての感染

この時期に妊婦さんが、リンゴ病に感染すると、
約30%の確立で胎児にも感染するそうです。

 

胎児に感染すると、胎児貧血になります。

胎児貧血とは、母親がリンゴ病に感染し、急激な貧血を起こすと、
胎児への血液が上手く届かなくなり、胎児が重い貧血を
起こしてしまうことです。

 

そして、胎児貧血が重症化すると、
胎児水腫(胸やお腹に水が溜まり、身体がむくむ状態)
をひき起こし、流産や死産することになってしまいます。

 

妊娠後期の感染

初期から中期に比べると、感染は少なくなるようですが
0%ではありません。

 

また、安定期に感染した場合は、低出生体重児で生まれることが
あります。

低出生体重児とは、出生体重が2500グラム未満の赤ちゃんを
言います。

 

りんご病に感染してしまったら

妊婦さんがりんご病に感染してしまったら、すぐに産婦人科へ
行きましょう。

りんご病に感染しているかは、血液検査でわかります。

 

早期に判定をしてもらい対処することが大切です。

胎児の異常は、超音波検査で発見できるそうなので、
頻繁に超音波で経過観察をしてもらいましょう。

りんご病に感染しても、無事に赤ちゃんを産んでいる方はいます。

悲観せずに産婦人科の指示に従って過ごしていきましょう。

 

妊婦さんの予防方法

りんご病の感染経路は飛沫感染です。

 

予防方法としては、

・外出時には、必ずマスクをつける

・帰宅したら、手洗い、うがいを忘れずにする

・不用意に人混みには行かないようにする

・タオルや食器の共用はやめる

などがあります。

 

まとめ

妊婦さんは、妊婦さんの命と赤ちゃんの命
ふたつの命をもっています。

新しい命を笑顔で迎えるためにも病気のことを理解して、
神経質になりすぎずに、ゆったりした心で毎日を
過ごしましょう。

スポンサードリンク