B型肝炎の予防接種の時期と費用は?同時接種は?

aaa B型肝炎は、母子感染や輸血以外にも知らない間に
かかることのある病気です。

感染すると、約30%の人が急性肝炎(黄疸、発熱、倦怠感など)の
症状が発症します。

稀に肝臓が数日で機能しなくなる劇症肝炎になる可能性があり、
劇症肝炎になってしまうと死亡率が70%と重症な肝炎です。

WHO(世界保健機関)は、全世界の子供達への生後すぐの
接種を推奨しています。

スポンサードリンク



ワクチンの種類

*不活化ワクチン

*任意接種

*予防する感染症:B型肝炎/将来の肝臓癌

 

日本ではかかる確率は低いとされてきましたが、積極的に
接種したいワクチンです。

ただし、妊娠中にB型肝炎キャリアかどうかの検査が
行われていますので、検査により、母子感染が心配されない
お子さんには、生後すぐの接種は必要ありません。

今後、定期接種となる見込みもありますが、それを待って
接種時期を遅らせることは避けてください。

3歳未満での感染は慢性化しやすくなりますが、できるだけ
早く接種すれば、免疫もできやすく、将来の肝臓癌を
予防できます。

生後2ヶ月から、正しい接種時期に受けるようにしましょう。

 

接種時期と接種回数

B型肝炎ウイルスを持っている女性が妊娠、出産する場合に、
新生児にB型肝炎ウイルスが入ってしまい、ウイルスを保有した
状態になることがあります。

母親が妊娠中に検査を行って、B型肝炎キャリアであったことが
分かっている場合、母子感染予防として、生後すぐに
健康保険適用で接種となります。

接種スケジュールにつきましては、出産したかかりつけより
指示があります。

母親がB型肝炎キャリアでない場合にも、生後すぐから接種は
可能です。

 

ただし、同時接種が可能な

ヒブ

小児用肺炎球菌

ロタウイルス

と一緒に生後2ヶ月での接種がおすすめです。

スポンサードリンク



その後4週あけて2回目を、生後6ヶ月で追加の1回を
接種します。

ワクチンの効果は10~20年と言われていますので、
10~15歳頃に追加接種することが望ましいでしょう。

女児については11歳頃にHPV(子宮癌)ワクチンとの
同時接種もすすめられます。

 

予防接種の費用ついて

B型肝炎は任意接種のため自費になります。

大人 8000円前後

子ども 6000円前後

が多いようです。

 

B型肝炎ワクチンの副作用について

B型肝炎ワクチン副作用としては、接種後に体のだるさや頭痛、
注射部位が赤くなったり、腫れたり、痛くなったりすることが
あります。

接種を受けた約10%の人におこります。

 

まとめ

B型肝炎の予防接種は、2016年の定期接種に向けて現在準備が
進められています。

できるだけ早くに定期接種になってほしいですね。

 

予防接種のまとめは、下記の記事を参考にしてください。

「予防接種の基礎知識!任意と定期、ワクチンの種類は?赤ちゃんの発熱などの副作用は?」

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ