「2016年5月」の記事一覧

赤ちゃんの鼻づまりにはコレ!耳鼻科や小児科へ行く前の対処法!

赤ちゃんの鼻がつまってフガフガしていると、苦しそうで可哀そうになりませんか? 大人でも苦しい鼻づまり! 早く何とかしてあげたくて、急いで小児科や耳鼻科へ連れて行きたくなりますね。   しかし、病院には様々なウイ・・・

子供の止まらないひどい咳におすすめの市販薬!使用上の注意は?

子供の咳をなんとか止めたい! ・・・と思っても、どうすればいいのか悩む人も多いですよね。 咳は子供の病気によくあらわれる症状です。 咳が止まらず酷く咳き込むと大人でも苦しい思いをしますが、小さな体いっぱいで子供が酷い咳を・・・

とびひになったら登校登園はいつから?治療期間と注意点

一般的に「とびひ」といわれている疾患の正式名称は「伝染性膿痂疹」で、夏(6月~10月)に流行しやすい細菌性感染症です。 とびひの原因は、黄色ブドウ球菌や化膿性連鎖球菌などの細菌です。   汗疹や虫刺され、湿疹な・・・

子供の水疱瘡の症状とかゆみやかさぶたの対処方法

水疱瘡は、主に子供の見られる病気です。 水疱瘡は「水痘帯状疱疹ウイルス」というウイルスによる感染症で10歳までには約90%の人がかかると言われています。 以前には4~5歳児が最もかかりやすいとされていましたが、最近では働・・・

授乳中のタミフル服用は赤ちゃんに影響が?抗インフルエンザ薬の服用法は?

授乳中に母親がインフルエンザに感染した場合、タミフルなどの抗インフルエンザ薬が用いられます。 しかしその場合、赤ちゃんへの影響はどうでしょうか? 毎年、冬季に流行を繰り返すインフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で・・・

おたふく風邪は感染前に予防接種を!費用や回数と副作用!

2016年の今年、4年半ぶりにおたふく風邪が全国的に流行の兆しを見せているそうです。 おたふく風邪は、正式名称を「流行性耳下腺炎」といい「ムンプスウイルス」に感染すると発症すると発症します。   耳の下から顎に・・・

水疱瘡の初期症状と治療法!?保育園や幼稚園はいつから?

水疱瘡は、麻疹に次いで感染力の強いウイルス性感染症です。 水痘ウイルスは、唾液などの飛沫によって感染を拡げます。 10歳までの子供に多くみられ、中でも1歳から4歳までの幼児に好発しています。   水疱瘡の感染を・・・

とびひはいつ治る?完治までの期間と治療法!

あせもや虫さされやすり傷だったものが、いつの間にかとびひになり全身に広がってしまった。 夏の初めころから、このような話題をよく聞くようになります。 広がらないように注意を払っていても無意識のうちに患部に触ってしまい、次々・・・

ロキソニンの副作用や飲み合わせ!インフルエンザや喘息は禁忌?

ロキソニンは、医療機関だけでなく、薬局でも市販されている解熱鎮痛薬です。 即効性に加えて、胃にも優しいロキソニンは、多くの人に使用されています。 ロキソニンには、ロキソプロフェンナトリウム水和物という成分が含まれています・・・

子供のとびひに治療薬リンデロンとゲンタシン!効果と使い方は?

とびひという感染症をご存知ですか? とびひの正式名称は「伝染性膿痂疹」という病気です。   虫刺されや、小さな怪我などで菌が侵入し感染します。 その水ぶくれやかさぶたを引っ掻いたりして、また別の傷口に侵入すると・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ