2016年春の花粉症予防!スギやヒノキの花粉の時期はいつからいつまで?

main
2月下旬ころから飛散しているスギの花粉は、今がピーク時でしょうか?

ただスギ花粉だけでなくヒノキの花粉症をお持ちの方は、その後もうしばらく辛い症状が続きます。

もうしばらくって、いつまで?と花粉症の症状に悩まされている方は思われますよね。

 

そこで今回は、スギやヒノキの花粉の時期はいつからいつまでなのかをまとめます。

スギやヒノキの花粉が飛散する時期は、地域によって異なりますので地域別にまとめますね。

スポンサードリンク



北海道と沖縄のスギやヒノキの花粉

北海道と沖縄の花粉飛散予報は耳にしませんよね。

なぜ?と思いますが、これは日本の植林が関係しています。

 

スギの植林は北海道南部から九州にかけて植林されていますが、北海道スギの植林面積は日本で一番スギの植林が多い東北と比べるとがぜん少ないです。

またヒノキは北海道と沖縄には植林されていないそうです。

花粉症の症状に悩まされている方は移住したくなってしまいますが、北海道では4月くらいからシラカバの花粉が多く飛散します。

 

日本全国なにかしらの花粉が飛んでいるんですね。

 

いつからいつまで?スギやヒノキの飛散時期と花粉ピーク予想

花粉の飛散開始時期やピークの時期は、その地域によって若干異なります。

スギやヒノキの飛散時期と花粉の飛散がピークの時期を地域別に見てみましょう。

 

■スギの花粉の飛散開始時期と花粉ピーク予想

地域飛散開始時期ピーク予想
九州地方2月上旬2月下旬~3月上旬
四国地方2月上旬3月上旬~3月中旬
中国地方2月上旬3月上旬~3月中旬
近畿地方2月中旬3月上旬~3月中旬
東海地方2月上旬3月上旬~3月中旬
北陸地方2月中旬3月中旬~3月下旬
関東甲信越2月上旬3月上旬~3月中旬
東北地方2月下旬3月中旬~3月下旬

■ヒノキの花粉の飛散開始時期と花粉ピーク予想

地域飛散開始時期ピーク予想
九州地方3月中旬3月下旬
四国地方3月中旬4月上旬
中国地方3月中旬4月上旬
近畿地方3月下旬4月上旬
東海地方3月下旬4月中旬
北陸地方------
関東甲信越3月中旬~3月下旬4月上旬~4月中旬
東北地方------


 

全国的に2月から飛散し始めたスギの花粉は、3月末に落ち着いてきますが、引き続いてヒノキの花粉飛散のピークがやってきます。

スギ、ヒノキの両方の花粉症がある方は、4月中旬くらいまでシーズンが続きそうです。

あと1カ月ほど花粉症の症状をやわらげる予防や対策を続けてください。

スポンサードリンク


花粉予防のプチ情報

花粉症の方は、マスクの装着や薬の内服など、様々な対策をとっていられると思いますが、予防対策の一つマスクの使用をさらに効果手的にする方法「インナーマスク」をご存知ですか?

顔にピッタリフィットするマスクを正しくつけることが花粉の予防対策とされていますが、その方法のマスクの内側にガーゼを当てると更に鼻に入る花粉と少なくできるそうです。

これは試してみる価値ありですね!

 

インナーマスクの作り方がありましたので、紹介しますね。

試してみたい方はぜひ参考にして下さい。

 

■インナーマスクの作り方

mm

*材料
・市販のガーゼ
・化粧用のコットン

*作り方
①ガーゼを縦横10㎝程度に切る(2枚用意する)
②化粧用のコットンを丸め①で用意した1枚のガーゼで包む
③市販の不織布マスクに残りの1枚のガーゼを4つ折りにしてあてる
④鼻の下に②を置いて、③のマスクを装着する。

*インナーマスクの作り方の詳細は、花粉症環境保健マニュアルさんを参照してください。

 

まとめ

花粉症は時期が過ぎれば治まると分かっていても、その何カ月かが辛いですね。

最近では、花粉対策も千差万別で、いろいろなアイテムがあります。

まずは自分に合った花粉症対策法を探してみましょう。

そして、様々な花粉対策をとって花粉の時期を乗り切りましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ