2016年のインフルエンザは何型?おすすめの治療薬リレンザの効果と副作用は?

main
冬の寒さも本格的になり、インフルエンザが猛威を振るっています。

 

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染し、1~3日間の潜伏期間を経て発症します。

発症すると38℃以上の高熱が出たり、関節痛頭痛倦怠感などの症状が現れます。

 

インフルエンザは感染力が非常に強いので、あっという間に感染が広がってしまいます。

インフルエンザウイルスを大きく分けると

「A型」

「B型」

「C型」

の3つに分けられますが、毎年主に流行するウイルスは変わります。

 

2016年現在、流行しているインフルエンザウイルスが気になりますね。

国立感染症研究所のデータによると、2016年現在流行しているインフルエンザウイルスは、

「A-H1N1 2009型」

「AH3N2亜型」

「B型」

の3つのインフルエンザウイルスが検出されています。

この中でも、インフルエンザウイルス「A-H1N1 2009型」の検出の割合が一番多いそうです。

 

「A-H1N1 2009型」には、インフルエンザ治療薬の「タミフル」が効きにくく、「リレンザ」が有効とされています。

今回は、2016年現在に流行しているインフルエンザの中で一番検出が多い、「A-H1N1 2009型」に有効の「リレンザ」についてまとめます。

スポンサードリンク



インフルエンザウイルス「A-H1N1 2009型」はどんなウイルス?

まずはインフルエンザウイルス「A-H1N1 2009型」について見ていきましょう。

「A-H1N1 2009型」の正式名称は「A(H1N1)pdm09」と言い、2009年に大流行した新型にあたるインフルエンザです。

 

2009年の発生当時は、「A-H1N1 2009型インフルエンザ」を発症した患者を強制的に入院させる対応が取られていました。

しかし現在では、季節性のインフルエンザと同じ扱いとなっています。

 

「A-H1N1 2009型」に感染し発症すると、合併症として「インフルエンザ脳症」「インフルエンザ肺炎」を起こすこともあるので注意が必要です。

 

リレンザの特徴

「A-H1N1 2009型」にも有効とされる「リレンザ」はどのような薬なのか見てみましょう。

 

「リレンザ」は、世界で初めてインフルエンザ治療薬として販売された薬です。

リレンザが販売された事で、インフルエンザの治療が薬を使用してできるようになったのです。

 

リレンザは吸入する型のインフルエンザ治療薬で、1日2回2吸入を5日間続けて行います。

リレンザは吸入薬なので、インフルエンザウイルスが増殖する気道などの粘膜に直接作用します。

 

リレンザの効果

リレンザは「A型インフルエンザウイルス」「B型インフルエンザウイルス」に効果があり、治療と予防投与にも使われます。

 

インフルエンザウイルスが増殖する気道の粘膜に直接作用するので、即効性があり効果も高いとされています。

効果が高いとされていますが、リレンザの高い効果を得るためには、48時間以内になるべく早くリレンザを吸入することが重要です。

 

薬局でリレンザを処方してもらったら、その場で初回の吸入をするとよいと言われるくらいに

なるべく早く吸入することが、インフルエンザウイルスの増殖を抑えて、症状の悪化を防ぎます。

 

2016年現在流行しているインフルエンザウイルスの一つ「A-H1N1 2009型」は、インフルエンザ治療で広く使われている「タミフル」が効きにくいとされています。

「A-H1N1 2009型」はタミフルの耐性が強いタイプなので、耐性がまだない「リレンザ」が有効となっています。

 

ただし、薬の処方については、医師の判断となりますので医師の指示に従ってください。

スポンサードリンク


リレンザの副作用

リレンザの主な副作用として、

・頭痛

・手足のしびれ

・下痢

・嘔吐

・喉や口の渇き

・不眠

などの症状が現れます。

 

普段の体調と違う症状が現れたら、薬の使用を中止して医師に相談をしてください。

なお重篤な副作用については、薬を処方してもらう際に薬剤師さんに説明を受けて下さい。

 

リレンザの異常行動

リレンザを使用しての異常行動は、タミフルと比べると報告例が少なく、事故も起きていません。

そのため、特定の因果関係は認められないとされていますが、リレンザにも異常行動の例が報告されています。

 

自宅でリレンザの治療を始めてから、少なくとも2日間は異常行動が起こる可能性があるので、未成年者が一人にならないように保護者は気を付けてください。

 

リレンザの使用上の注意

リレンザは吸入薬なので、気管支喘息など呼吸器の病気がある方は注意が必要となります。

リレンザが処方される際は、医師に相談してください。

 

まとめ

リレンザは、比較的副作用も少ない薬と言われています。

またタミフルの耐性が強いインフルエンザウイルス「A-H1N1 2009型」に有効とされていますので、期待のもてるインフルエンザ治療薬です。

 

症状がよくなっても続けて指示された期間は吸入を続けるなど、服用方法を必ず守ることが必要です。

吸入の仕方も治療のポイントになりますから、薬を処方される際に薬局でしっかり吸入方法を指導してもらいましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ