頭痛の対処は市販薬で大丈夫?鎮痛剤ロキソニンの効果や副作用!

main
頭痛、生理痛はいつ起こるかわからないもの。

特に最近では、常に薬を持ち歩いている方も多いかもしれません。

その中でも、昨年ヒット商品大賞を受賞した、鎮痛解熱剤「ロキソニン」は、今では鎮痛解熱剤の定番になりつつあります。

 

では、ロキソニンの良さはどんなところでしょう?

今回は、ロキソニンの効果と気になる副作用、そして処方薬と市販薬の違いについて調べてみました。

スポンサードリンク



待望の市販化!ロキソニンS!

ロキソニンは医療用の消炎鎮痛剤として、頭痛を始め、偏頭痛喉痛歯痛生理痛腰痛など幅広く処方されてきました。

医師の処方箋がなくては手に入らない薬でしたが、効果を感じる人が多く、薬局での販売を期待されていました。

そして2011年1月、ロキソニンSが発売され、市販薬への仲間入りをすると、瞬く間に大ヒット商品へと上り詰めたのです。



ロキソニンSの良いところは、

・効き目が早く、早い人なら飲んで30分もすれば効果が出ること、
・強い痛みに対しても効果があること
・幅広い痛みに対し効果を発揮すること

などがあります。

また、ロキソニンSはプロドラッグ錠剤と言って、腸内で薬理作用を発揮する薬なので、従来の鎮痛剤より胃にかかる負担も少なくなっています。

スポンサードリンク


心配な副作用は?医療用と市販薬はどう違う?

では、そんなによく効く薬だと副作用はないのでしょうか?

ロキソニンは医療用ではロキソプロフェンナトリウム水和物という成分を主成分としていますが、この成分には胃部不快感吐き気嘔吐下痢などの副作用が報告されます。

医師から処方される場合は、胃炎、胃潰瘍薬が一緒に処方される場合が多くあり、一緒に飲むことで副作用を防いでいます。

現在ドラッグストアで購入できる「ロキソニンSプラス」には、胃潰瘍治療にも使われる「酸化マグネシウム」が配合されています。



「酸化マグネシウム」は、胃を守る成分で、胃への負担を軽減する効果があります。

このように書くと「ロキソニンSプラス」はとても安心に思えますが、ロキソプロフェンは一時的な症状に効果のあるもので、長期の服用には適していません。

市販で買えるからと言って、長期で続けるのは控えた方が良いでしょう。

 

最近のニュースになった副作用について

2016年3月24日に、ロキソニンの重大な副作用に腸閉塞が追加されたのは、ニュースにもなり、記憶に新しいと思います。

これは、ロキソニンを飲んで腸閉塞を起こすというよりは、もともと胃や腸などの消化器疾患がある場合のロキソニン服用は気を付けましょう、という風に考えていいようです。

もし、胃や腸に病気をした経験があったら、ロキソニンは病院で出してもらうのが安全です。

 

まとめ

今や頭痛薬といえば「ロキソニンが一番!」と言われるほど大人気の薬ですが、

医薬品はどれも、用法、用量をしっかり守ることが大切です。

ロキソニンを飲み続けても治らないような症状は、医療機関での検査が必要です。

市販薬はあくまでも一時的な使用になりますので、早めの受診を心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ