過敏性腸症候群の症状に効く薬!下痢や腹痛の原因は?

つらい腹痛や下痢!過敏性腸症候群の症状かもしれませんよ?

illust333
過敏性腸症候群はIBSと略され、20~30代に多くみられる大腸の運動や分泌機能の異常によって引き起こされる病気のことをいいます。

過敏性腸症候群は、レントゲンや内視鏡などの検査では異常を発見しづらいため放置してしまい、症状が悪化するケースもあるそうです。


今回は、この過敏性腸症候群の下痢や腹痛の症状に効果があるとされている市販薬と病院で処方される薬についてご紹介したいと思います。

ネットで公開されている情報をまとめましたので、是非参考にしてください。

スポンサードリンク



過敏性腸症候群の原因は?

過敏性腸症候群になってしまう原因は、今現在はっきりしていません。

しかし、大きな原因の一つとして「ストレス」が関係していると言われています。

ストレスを感じると、脳下垂体からストレスホルモンが出てくるため、それにより腸に異常が現れて発症するようです。

そのため、症状を改善するためには、ストレスを感じる要因を解消していく必要があります。

また、生活習慣の乱れなども原因のひとつとされています。

過敏性腸症候群の症状とは?

過敏性腸症候群の症状としては、下痢や腹痛、便秘、ガスが溜まることにより下腹部が張るなどの症状があります。

また、症状の現れ方としては、

下痢型

便秘型

下痢便秘交互型

ガス型

の4つに分けられます。

過敏性腸症候群をセルフチェック!

過敏性腸症候群の症状をチェックする項目をご紹介します。

もしかしたら自分も・・・と感じている方は、セルフチェックしてみましょう。

腹痛や下痢の症状がある

便秘、もしくは便秘と下痢の症状を交互に繰り返す

うさぎの糞のような便が出ることがある

排便後、腹痛の症状が収まることが多い

排便後、残便感が残っているが便は出ない

ガスがたまりやすく下腹部が張る

午前中に腹痛の症状が現れることが多い

大きな体重の変化はなく、食欲も減退せずに普通である

すぐトイレに行けない状況の時に限って症状が現れる

睡眠時や休日にはほとんど症状が出ない

腹痛や下痢などの症状が、一か月以上続く


これらのチェックが多く当てはまる場合は、過敏性腸症候群を疑った方が良いかもしれません。

スポンサードリンク


過敏性腸症候群に効果のある薬

それではこの過敏性腸症候群に効果があるとされている薬をご紹介します。

すぐに病院に行けなかったり、様子を見たいという方のために、症状別に市販薬についてもご紹介します。

是非参考にしてください。

下痢便秘交互型に効果のある薬

ポリカルボフィルカルシウム製剤(ポリフル・コルネル他)
高吸水性ポリマー(人工的な食物繊維のようなもの)という物質でできている薬です。

水分を吸収する作用があり、便秘でも下痢でも、便の状態のバランスを整える効果があります。

トリメブチン(セレキノン他)
消化器の平滑筋に直接働き、胃や腸の動きを調節する薬です。

消化機能が低下している時でも、亢進している時でも効果的なので、下痢にも便秘にも効きます。

ビオフェルミン
乳酸菌製剤は、下痢や便秘による腸内細菌の乱れを整える薬です。

ラックビー
ビフィズス菌製剤。

下痢や便秘による腸内細菌の乱れを整えるものです。

下痢型に効果のある薬

ペメンゾラード(トランコロン)・ピペタナート・アカメガシワ(イリコロンM)
消化器の動きを抑制する薬で、下痢の症状に効果があります。

ロペラミド(ロペミン他)
腸の動きを抑制します。

下痢止めの中では最も強い薬とされていて、ストレス性の下痢に良く効きます。

ただし、風邪や食中毒などのウイルスが原因の時は、状態を悪化させる可能性があるので服用には注意をしましょう。

便秘型に効果のある薬

センノシド(プルセニド・アローゼン他)
腸を強く刺激して、腸の動きを亢進させ排便に導く下剤(便秘薬)です。

効果は比較的強いですが、習慣性があり、長期間服用続けていると効かなくなってきます。

ピコスルファートナトリウム(ラキソベロン他)
腸を強く刺激して、腸の動きを亢進させ排便に導く下剤(便秘薬)です。

効果は比較的緩和ですが、習慣性があり、長期間服用続けていると効かなくなってきます。

マグネシウム製剤(酸化マグネシウム他)
腸内の水分を保持して、便を柔らかくする下剤(便秘薬)です。

ガス型に効果のある薬

ジメチコン(ガスコン他)
腸内のガスを除去する薬(消泡剤)です。

おなかのハリやおならを抑制してくれます。

過敏性腸症候群におすすめの市販薬

上記は病院で処方される薬ですが、症状を緩和させる効果があると言われている市販薬を紹介したいと思います。

病院に行く前にどうしても我慢できない場合などに、是非参考にしてくださいね。


新ビオフェルミンS
便秘から軟便、おなかのハリまで広く使える市販薬です。

生後3ヶ月の赤ちゃんからお年寄りまで飲めます。



ロペラマックサット
食べすぎ・飲みすぎによるつらい下痢の症状を緩和してくれます。


コーラックファースト
つらい便秘もすっきり!腹部膨満にも効果が期待できます。

少ない容量から調整できて自分に合った適量で服用できるのが嬉しいですね。


ガスピタンa
おなかのガスだまりを改善してくれます。

水なしで飲めるヨーグルト味で、おなかの調子を整えてくれます。



まとめ

いかがでしたか?

今回は、過敏性腸症候群の下痢や腹痛に効く薬についてご紹介しました。


ただ、市販薬はあくまでも一時しのぎです。

腹痛をともなう下痢や便秘が続く場合や、使用した市販薬であまり効果が見られなかった場合は、早めに医師に相談しましょう。


過敏性腸症候群の主な原因はストレスからだと言われています。

薬に頼るだけでなく、原因を探り、根本的に解決することも大切ですよ。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ