赤ちゃんや子供の痙攣(けいれん)の原因は?種類と対処法は?

main 痙攣(けいれん)については、なんとなくわかっていても、
実際に自分の目の前で、子供が痙攣を起こしたら慌てて、
どうしていいのかわからなくなってしまいますね。

 

「痙攣(けいれん)」は、自分の意志とは関係なく突然現れる
筋肉の収縮です。

 

いざと言うとき、

「どうしよう?!!」

と慌てふためかないで
子供に適切な処置ができるように、ここでは痙攣について
種類やその対処法をまとめてみます。

スポンサードリンク



子供に起こる痙攣(けいれん)の種類

ひと口に痙攣と言っても、子供が起こす痙攣には
いくつかの種類があります。

 

・熱性痙攣(ねっせいけいれん)

・てんかん

・憤怒痙攣(ふんぬけいれん)

などが挙げられますが、このなかで子供に一番多く見られる
痙攣は

熱性痙攣(ねっせいけいれん)

です。

 

次に多く見られるものは、てんかんによる痙攣で
200人に1人の割合で起こると言われています。

 

子供の痙攣(けいれん)の原因と症状

次に、痙攣の原因と症状を痙攣の種類別に見てみましょう。

 

◇熱性痙攣(ねっせいけいれん)

熱性痙攣は、生後6か月から6才前くらいまでの乳幼児に
見られる痙攣です。

 
熱性痙攣の原因
熱性痙攣の原因は、風邪や感染症などの症状の高熱が
出たときに、脳の指令の調節が、上手く出来なくなって
起こると言われています。

 

また、両親や兄弟姉妹に熱性痙攣を起こした人がいる場合、
熱性痙攣を起こす可能性が高く、遺伝しやすいと
考えられています。

 
熱性痙攣の症状
熱性痙攣の症状として

・38℃以上の高熱がある

・痙攣は、30秒~3分続くこともある

・手と足が、ピーンと伸びて硬くなる

・目が上向きになり、白目を向く。

・口から泡を吹く

・呼吸が一瞬とまる。

・手と足をいっしょにビクッビクッと動かす

・意識がなくなる

全部の症状が出るわけではありませんが、
上記のような症状が出るようです。

 

◇てんかん

てんかんは、10才未満の子供の発症が多いとされていますが、
子供から高齢者まで幅広い年齢層で発症する病気です。

 
てんかんの原因
てんかんは脳の病気や傷が原因とされている「てんかん」と、
原因が不明な「てんかん」があります。

てんかんの遺伝は、殆どないと言われています。

 
てんかんの痙攣の症状
てんかんと聞くと、泡をふいて倒れ、痙攣を起こすイメージが
ありますが、実際には違うようです。

てんかんは、すべての人に同じ症状が現れるわけでは
ないようです。

 

それでは、てんかんで起こる痙攣の症状をあげてみます。

 

てんかんの痙攣には

強直痙攣



ミオクローヌス

があります。

 

強直痙攣は全身が硬くなり、ガクガクと痙攣が起きます。

1~2分で回復しますが、倒れることもあるそうです。

 

ミオクローヌスは、全身、または体の一部が短い時間、
瞬間的にビクッと痙攣を起こします。

 

てんかんの症状の中で、痙攣は多い症状ですが、
すべての方が、痙攣を起こすわけではありません。

スポンサードリンク


◇憤怒痙攣(ふんぬけいれん)

生後6か月くらいから、3才くらいまでの乳幼児に見られる
痙攣で、

「泣き入りひきつけ」

とも呼ばれています。

 
憤怒痙攣の原因
痙攣の原因としては、かんしゃくなどを起こして、激しく
泣いた時に起こりますが、

乳幼児の脳の発達は十分でないために刺激が起こると、
それに上手に対応できないこと。

また、

憤怒痙攣によって、一瞬呼吸が止まるときに、脳の酸素が
上手く運ばれなくなって、低酸素状態が起きている。

以上のようなことが考えられているようです。

 
憤怒痙攣の症状
激しく泣いているときに、一瞬呼吸が止まり、顔色が
紫色になります。

また、体を硬くして、痙攣を起こします。

 

しばらくすると大きく息をはいて、元の状態に戻ります。

 

子供に痙攣が起きたときの対処法

子供の痙攣を目の当たりにしたら一瞬パニック状態になりますが、
落ち着いて対処しましょう。

 

対処法として

①まず一番最初にすることは、パニックになっている
自分の気持ちを落ち着かせることです。

そして、時計を見て痙攣が始まった時間をメモに書きましょう。

 

②痙攣を起こしている場所を確認します。

お風呂や火の元の近くなど危険な場所だったら、安全な場所へ
移動させます。

または、ストーブなど危険なものを遠ざけましょう。

 

③顔を横向きにします。

これは、口やのどにある嘔吐物や食べ物を横向きにすることで、
気管につまらないようにするためです。

顔だけ動かせない場合は、体ごと横向きにします。

口の中に物が詰まっていたら、掻きだします。

 

④衣服のボタンやズボンなどを緩めます。

 

⑤痙攣が終わった時間をメモにとります。

 

痙攣が治まったら、病院へ行きましょう。

痙攣が10分以上続く場合は、救急車を呼んで病院へ
急いでください。

 

痙攣のときにやってはいけないこと

痙攣が起きている時に、唇をかまないようにと
タオルをかませる人がいますが、タオルなどを
口にかませることは絶対にしてはいけないそうです。

 

タオルを口に入れると、息ができなくなることがあり、
また、スプーンなどを入れると歯を折ってしまったり、
口腔内を怪我させてしまう可能性があります。

気を付けましょう。

 

まとめ

自分の子供に痙攣が起こったら、誰もが慌ててしまいますよね。

しかし、慌てたまま処置を施そうとしても上手く出来ません。

 

パニックをおさめるのは、難しいことかもしれませんが、
ひとまず自分が落ちついて、冷静に対処をしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ