赤ちゃんの首や顔のあせもの治し方!予防はベビーパウダー!

main2 日本の夏は、気温にプラスして湿度も高いです。

何もしないでじっとしていても汗ばむ夏!

 

発汗が多い赤ちゃんには、辛い季節です。

スポンサードリンク




小さい体に大量の汗をかく赤ちゃんは、
あっという間にあせもが広がってしまいます。

あせものかゆさで赤ちゃんはぐずり、お母さんが気がつかない間に
爪でひっかいて血が出てしまったりすることもあります。

 

あせもは、一度治っても、またすぐにできてしまうことがあり、
ぐずる赤ちゃんと一緒に、お母さんも泣きたくなって
しまいますよね。

あせもから、赤ちゃんを守るために、
あせもについて知識をつけましょう。

 

赤ちゃんのあせもの原因

たくさん汗をかいた時に、汗が出る通り道の管が塞がれて、
汗が外に出せなくなり皮膚内に溜まって小さい水泡ができます。

 

これが「あせも」です。

 

赤ちゃんの身体の表面積は、とても小さいのに、
汗腺(汗を分泌する皮膚腺の一種)は、大人と同じ数だけ
あるそうです。

そして、汗腺は大人と同じ数があるのに、赤ちゃんには
皮膚のバリア機能が発達していないため、あせもが
できやすいのです。

 

赤ちゃんのあせものできやすい場所

赤ちゃんのあせもは、

顔(特におでこ)



脇の下

膝の裏

背中

おむつがあたっているお尻

など、汗が溜まりやすい場所にできます。

 

白いあせもと赤いあせもの症状

あせもには、白いあせもと赤いあせもがあります。

 

白いあせもは、、かゆみがなくて2日から3日で治ることが
多いです。

 

赤いあせもは、ブツブツとした小さな赤い水泡でかゆみを伴い、
汗をかいて水泡がこすれるとかゆみが増します。

 

あせもの予防方法

赤ちゃんにあせもができてしまうと泣いてぐずり、
赤いブツブツがかゆそうで可哀そうです。

 

あせもは、おかあさんの毎日のケアで予防ができます。

赤ちゃんが可哀そうな状態にならないように、
優しく毎日できるケアをしてあげましょう。

 

家庭でできる、赤ちゃんのあせもの予防方法として
「ベビーパウダー」があります。

 

ベビーパウダーは、汗腺を塞ぐため、使用しないほうがいい!と
聞いたことはありませんか?

 

ベビーパウダーを危険で使用しないほうがいいと言われている
理由は、

・汗腺を塞いでしまう。

・空中に粉が舞って赤ちゃんが吸い込む。

このようなことがあるからだそうです。

 

しかし、ベビーパウダーは正しく使うと危険が起こることも
ないので、正しいベビーパウダーの使い方を覚えてあせもの
予防に役立てましょう。

スポンサードリンク


ベビーパウダーの正しい使い方

ベビーパウダーは、肌が乾いた状態にして、
パフを使って塗ってあげましょう。

風呂上りなど、水分が取れていない時に塗布すると、
ベビーパウダーが固まり、赤ちゃんの汗腺を塞いでしまい、
あせもを悪化させてしまうのです。

 

ベビーパウダーが空中に舞わないようにするには、入れ物に
入ったパウダーをパフにとってから、少しずつ(ここが重要)
塗ってあげましょう。

 

間違えた使い方をせずに正しく使用すれば、あせも対策に
効果がある強い味方になります。

 

その他の予防方法

ベビーパウダー以外の予防方法としては、
以下の方法があります。

 

・汗をタオルでこまめに拭いてあげる

・通気性のいい衣類を選ぶ。

・汗をかいたら、衣類の着替えをしてあげる。

・シャワーで汗を洗い流す。

・おむつをこまめに変える。

・爪を短く切っておく。

・背中に入れる汗取りパッドを利用する。

汗をかいたら、背中にあてた汗取りパッドをぬいて、
また新しいものを入れ替えるだけで、とても便利です。

 

あせもができてしまった時の対策

いくら予防をしても、あせもができてしまうことは
あります。

その場合は、まずかゆみのある場所を冷たいタオルで
冷やしましょう。

 

また、病院を受診して、かゆみ止めを処方してもらうのも
よいでしょう。

あせもの種類や、状態によってステロイド剤などが
処方されます。

 

家にあったステロイド剤は、自己判断で使用しないでください。

 

まとめ

赤ちゃんは、自分でかゆみや痛みを訴えることができません。

こまめに赤ちゃんの様子を観察して、親ができる十分な
ケアをしてあげましょう。

 

あせもの症状が出たら、あせもを甘くみないで早めに小児科を
受診して、薬の処方や家での過ごし方の指示を受けてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ