赤ちゃんの背中や顔の湿疹の原因は?新生児の正しいケア方法!

resize 乳児の時期に発症する皮膚炎を「乳児湿疹」といいます。

 

中でも代表的な皮膚炎といえば、

「乳児脂漏性湿疹」

「新生児ニキビ」

「あせも」

などがあげられます。

 

新生児や乳児の肌は薄く、機能がまだまだ未熟です。

それに加えて、お腹にいるときにお母さんから頂いたホルモンが
影響することもあって、皮脂の分泌が多く、様々な皮膚トラブルが
引きおこってしまいます。

 

今回は、気になる「乳児湿疹」について紹介します。

スポンサードリンク



乳児の脂漏性湿疹

生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんにみられる皮膚炎です。

 

この時期の赤ちゃんは、皮脂の分泌が盛んなため、肌に汗や
皮脂が溜まりやすく、毛穴が詰まってしまい、脂漏性湿疹を
引き起こします。

 

次々と発疹が現れると不安にかられますが、徐々に
治癒していくので心配はありません。

 

脂漏性湿疹では、何よりも正しいホームケアが重要です。

不安なときには、かかりつけの小児科で塗薬をもらいましょう。

 

脂漏性湿疹の症状

湿り気のある黄色いフケ脂っぽいかさぶたのような発疹が、
頭、顔全体、髪の生え際、眉毛など主として首より上の部位に
発症します。

 

ホームケア

〇日々の入浴で、皮脂の汚れを石鹸の泡で優しく洗い流し、清潔に保つことが必須です。

 

〇汗をかいたら、こまめに着替えをします。

汗をかきやすい季節には、汗の吸収率が高い綿素材の衣類がお勧めです。

 

〇一般的に、脂漏性湿疹は、さほど痒みがないといわれていますが、室温が高かったりすると、痒みを引き起こすことがあるので、適温に心がけましょう。

 

〇赤ちゃんの爪が伸びていると皮膚を傷つけ化膿してしまう危険性があるので、常に爪を短く保ちましょう。

 

新生児ニキビ

生後3ヶ月頃までの赤ちゃんにみられる皮膚炎です。

皮脂が毛穴に溜まったり、アクネ菌が繁殖すると、新生児ニキビを
発症します。

 

発疹は瞬く間に増えていきますが、長期的に出続けることは
ありません。

あっという間に治癒します。

 

ところが、「治ったと思ったらまたすぐに発疹が出来る」を
繰り返します。

しかし、脂漏性湿疹と同様に、特別な治療をおこなわなくても、
生後3ヶ月を過ぎると自然治癒するので、心配はありません。

 

強い赤みや水疱がみられたときには、小児科で受診しましょう。

 

新生児ニキビの症状

思春期にできるニキビと同じような症状です。

 

おでこや頬に膿をもった赤いブツブツができます。

白い芯があるニキビもみられます。

痒みは伴いません。

 

ホームケア

〇肌を石鹸の泡で包むように優しく洗い流し、皮膚を清潔に保つことが肝要です。

 

〇汗をかいたときには、清浄綿などを用いて、きれいにふき取り、こまめに着替えをします。

 

〇枕やシーツなど、肌に直接触れるものは、度々交換して、ニキビの悪化を防ぎましょう。

スポンサードリンク


乳児のあせも

あせもは、乳児期に多くみられる皮膚炎です。

 

首の周りや背中、おしりなど汗をかきやすく蒸れやすい部位は、
ブドウ球菌の繁殖が盛んになり、あせもが出来てしまいます。

 

あせもの症状

新生児は白い色をしたブツブツ、新生児以降の赤ちゃんは
赤い色をしたブツブツが現れます。

発疹は、痒みを伴います。

 

ホームケア

〇日々の入浴で、皮膚を清潔に保つことが肝要です。

石鹸の泡で優しく洗い流しましょう。

入浴後は、柔らかいタオルで、軽く押さえるように水気をふき取ります。

 

〇汗をかいたら小まめに着替えをします。

 

〇爪で掻かないように、赤ちゃんの爪は小まめに切りましょう。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の場合は、脂漏性湿疹や新生児ニキビとは違い、
遺伝的(アトピー因子)要因や、アレルゲンに接触すること
引き起こされます。

 

アレルゲンには、ハウスダストダニ動物の毛食物
ストレスなど様々な種類があります。

 

生後1~3ヶ月頃から、頭や顔に湿疹が出始めます。

アトピー性皮膚炎の場合は、自然治癒は期待できないため、
医療機関を受診し、医師の指示を仰ぎましょう。

 

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状は、乳児脂漏性湿疹をよく似ています。

 

最初は、顔全体、頭、耳たぶなどに赤いブツブツができます。

ジュクジュクとした湿り気のある湿疹は、強い痒みを伴います。

 

時間の経過とともに、手足やお腹にも湿疹が現れます。

湿疹は「左右対称」に出現するのが特徴です。

 

ホームケア

〇皮膚を清潔に保ち、皮膚の乾燥を防ぐことが肝要です。

 

病院で処方された保湿剤やステロイド剤は、決められたとおりに用いましょう。

 

〇爪を短く切って、皮膚を傷つけないようにします。

 

〇肌に直接触れる衣類は、木綿のものを選びます。

 

〇体温が急激に上昇すると痒みが強くなるので、お風呂はぬるめの湯にします。

 

〇皮膚の状態に適した石鹸や衣類用洗剤、その他日常生活における様々なケアや商品については、医師の指示を仰ぎましょう。

 

まとめ

乳児湿疹のほとんどは、自然治癒するものです。

小まめにケアしてあげることで、症状の悪化を防ぐことが
できます。

 

焦らずに、赤ちゃんのお世話をしてあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ