視力回復はトレーニングでも可能!手軽なコンタクトレンズ(オルソケラトロジー)がオススメ!

ダウンロード 視力回復には色々な方法があり、視力を取り戻すために
様々な努力をする人が大勢います。

低い視力では日々の生活に不便が出ることもありますので、
視力回復は現代社会においては命題ともいえるでしょう。

 

特にスポーツを趣味にしている人や、アスリート、自動車競技に
取り組んでいる人には、重要度の高い問題となっているものです。

スポンサードリンク




スマホの普及によって、四六時中ディスプレイ画面を見ている人も
多くなり、視力が下がる要因は数多く潜んでいます。

これからも、視力の低下で悩む人は増加し、視力回復をしたいと思う人も
増えることは容易に想像できます。

 

眼鏡によって視力の矯正はできますが、スポーツの時や日常でもは
接触時にトラブルになる可能性もあります。

レーシックで視力回復

最近は視力回復の方法も、簡単にできる方法から、レーザーなどを
使ったレーシック手術をするものなど、視力回復の手段も多様化
しています。

 

視力回復の手段として、多くの人が連想するのは、
レーシック手術などではないでしょうか。

レーシックは、芸能人や、スポーツ選手が利用していることで
よく知られるようになりました。

 

たくさんの人が、視力回復に効果があるというレーシック手術に、
少なからず関心を抱いているようです。

レーシック手術の知名度は最近は高まっていますが、手術という
ことから、警戒心を抱いてるという人は多いようです。

 

物事に絶対はありませんので、レーシック手術をする時には
ある程度はリスクはあります。

簡単にできる視力回復トレーニング

近年では、トレーニングをして、視力の回復を促すという
やり方もあるといいます。

 

視力が低下する理由は様々なものがありますが、その中の一つに、
視神経や目の筋肉の衰えがあります。

 

視力を回復する手段に、そのような目の筋肉や視神経の回復を
促進するというやり方があるといいます。

 

人の目は、瞳孔を大きくしたり、小さくすることによって、
水晶体の部分で目で見たものをくっきり見るようにしています。

 

ピントを調整する時に使うのが、毛様体筋であり、この部分の
筋肉が疲れていると、肩こりと同じように固くなり、動きが
悪くなってしまいます。

目をたくさん使って眼精疲労が起きていると、目の周囲の筋肉の
代謝が悪くなって、思うように目のピントが合わなくなるという
仕組みです。

 

眼球で捉えたものが、水晶体の部分でしっかりと像に
なるためには、毛様体筋が瞳孔の大きさを適正に調節
できるようにすることです。

 

視力回復手段として、毛様体筋のまわりを強化することは、
十分に効果が期待できるものであるということができます。

 

毛様体筋を使うことをするには、遠近トレーニング法
おすすめです。

遠くと近くを、何秒おきかに見ることで、目の筋肉を鍛える
というものです。

 

遠近トレーニングをすることは、視力の回復を促すだけでく、
目が疲れているという人にも効果が期待できます。

 

視力回復トレーニングは、自宅や会社で簡単にできる方法なので、
目が疲れたり、視力が落ちてきたと感じる人は、一度試して
みてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク


おすすめ!コンタクトレンズによる視力回復方法

レーシックは目をメスで切りますので、それが嫌だと感じるのは
自然なことです。

 

メスを入れる手術が怖い人には、オルソケラトロジーという
特殊なコンタクトレンズによる視力回復の方法が適しています。

 

オルソケラトロジーは、就寝中に専用のコンタクトレンズを
つけて、角膜の状態を矯正します。

眠っている時に視力回復効果を高めることができますので、
手術を受けたくない人にも可能なやり方です。

 

人間の角膜は柔軟度が高く、専用のコンタクトをつけることで、
角膜の状態を変えることができるされています。

 

水晶体に問題があって視力が低下していた人が、
オルソケラトロジーで目の屈折率を変えることが可能だと
されています。

 

基本的に、眠る時にはコンタクトレンズは外すものですが、
酸素透過性が高いこのレンズは、寝る時につけても大丈夫な
ものになっています。

角膜の形を、コンタクトを利用して変えているため、
視力回復効果を実感するとができるでしょう。

 

ただ、オルソケラトロジーは保険適用外のため、両眼で15万程度、
さらに数カ月ごとの健診や2年程度で交換するなどのデメリットも
あります。

決して安いものではありませんので、しっかりと事前に確認
しましょう。

まとめ

視力トレーニングやレーシック手術、
視力回復コンタクトレンズなど、視力回復の方法もいろいろと
あるので、簡単にできる事からはじめてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ