虫歯の痛みを放置したら?痛くない虫歯は治療しないと危険?

main 歯が痛くなると、1日中気になって何をするにも
集中することが出来ません。

そんな時、すぐに歯医者さんにかかり、治療をしてもらえば
いいのですが、キーンと鳴る歯医者さんの治療器具の音を
思い出すと、歯医者さんへ行くのが、遠のいてだましだまし
痛いのを我慢してしまいます。

 

内科の病気とは違い、歯の治療は少しくらい遅れても大丈夫!

そう思われている方はいませんか?

 

歯の痛みがなくなると治った!と安心してしまいますが

それは大きな間違いのようです。

 

虫歯を放置するくと、どうなるのか?

知るのが怖いような気もしますが、歯医者さんへ
迷わずに直行できるように、虫歯の怖さを
知っておきたいと思います。

スポンサードリンク



歯の痛みにはどのようなものがある?

歯が痛い!と言っても、人それぞれ痛みは違います。

歯の痛みには、どのような痛みがあるのか見ていきましょう。

 

虫歯による歯の痛み

症状
冷たいものがしみたり、熱いものがしみるなど。

 
痛みの種類
・虫歯が歯の中心部まで達して、神経の炎症を起こす痛み

・歯の根の部分に膿がたまり痛くなる

・歯周病による歯茎の炎症の痛み

・歯と歯の間に物が挟まって
それが原因で歯が押される痛み

・歯が割れてしまうことによって起きる痛み

 

歯の痛みには、歯が原因でなく、神経痛や副鼻腔炎、
頭痛なども歯の痛みの原因になることがあるそうです。

 

虫歯を放置する危険性

虫歯の痛みがなくなると、つい放置してしまいますが、
どの原因によって、自分の歯が痛くなったのかは、
自分では判断できません。

 

痛みの原因がわからないまま、虫歯を放置しておくと
どのようなことが起こるのでしょう?

 

虫歯を放置すると・・・

症状1
虫歯が進行し、歯がしみるようになります。

また、歯がズキズキと痛みはじめ、神経まで虫歯が達して
酷い痛みに襲われることになります。

 
症状2
虫歯を放置していると、口臭も引き起こします。

口臭は、虫歯を治療しないと治りません。

 
症状3
虫歯の細菌は、歯を溶かすので、放置することによって、
歯の上の部分がなくなり歯の根だけが残る状態になることも
あります。

 

このようになると歯を残す治療はできず、入れ歯などの
治療を考えなくてはいけません。

スポンサードリンク


症状4
歯の上に出ている部分が溶けてなくなると、歯が
なくなった部分の噛み合わせの歯が伸びてきたり、
隣の歯が横に倒れてきたりするので、それらの歯の
治療も必要になります。

 
症状5
虫歯が進行して、神経に入ってしまうと、あごの骨の中まで、
菌は侵入して、あごの骨も炎症を起こします。

膿が出て、酷くなるとあごの骨が腐り、全身麻酔の手術が
必要になります。

 
症状6
歯髄の中には、血管も通っているため、血管にまで細菌が入ると
全身に細菌がまわり、脳梗塞などを起こすこともあるそうです。

虫歯を放置すると、考えられない病気まで
引き起こします。

 

痛みのない虫歯とは

痛みのある虫歯の他に、痛みのない虫歯があると
聞いたことはありますか?

 

痛みのない虫歯とは、

・虫歯の初期段階で、歯の中心部(神経)にまで達していない虫歯

・虫歯が、進行していて歯の中心部にまで達し、神経がすでに死んでしまっている

・かぶせた金属の下で虫歯が進行して、痛くないままに歯の神経が死んでしまう

などの状態の虫歯を指します。

 

痛みのない虫歯に気がつかないでいると、虫歯を放置するのと
同様に危険な状態になります。

痛みがない虫歯をみつけるには、歯科の定期検診
一番有効です。

 

まとめ

歯を失ってしまうと、二度と歯は生えてこないことは
誰もが知っていることです。

しかし、虫歯を放置しておくと、全身にも及ぶ病気を
引き起こしてしまうことがあるとは、知らなかったという人が
多いのではないでしょうか。

 

内科の病気だと思っていた病も、もしかしたら歯からきている
病かもしれませんね。

 

もしかして、虫歯かな?と思っている方は、すぐに
歯医者さんへ行きましょう。

虫歯はないはずだ!と思っている方も、定期検診を受けに
歯医者さんへ行くことをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ