膝の内側の痛みは靭帯損傷?治療法とリハビリは?

main 膝を伸ばしたり曲げたりするスポーツを行っている人が
比較的多く遭遇する外傷が、『靱帯損傷』です。

 

その中で最も、

『膝内側側副靱帯損傷』

が起こりやすいと言われています。

 

『膝内側側副靱帯損傷』の起こりやすいスポーツには、

バスケットボール、

バレーボール、

サッカー、

スキー、

スノーボード

などがありますが、その他でも着地時やジャンプ時などにも
起こる可能性があります。

スポンサードリンク



膝内側側副靱帯損傷の症状

靭帯が切れると、はっきりと

「ブチッ」や「バシッ」

という音が聞こえます。

そうなると一歩も動けず転げまわるほどの激痛が走ります。

 

ここまでくればはっきりと損傷していると自覚するのですが、
ズキッとなんか痛いなぁという程度の損傷の場合、
勝手に単なる膝の捻挫と判断してしまうことが多いです。

 

試合中であれば続行してしまう方もいますが、そのまま続けると、
本当に断裂する恐れがあります。

 

損傷した時の症状としては、関節に発熱、腫れ、痛みが生じます。

 

応急処置や緊急対処法は?

まず、スポーツなどをしていて

「靭帯を損傷してしまったかな?」

と思った時には、すぐにRICE療法をとってください。

 
RICE療法
RICE療法とは、

『Rest Ice Compression Elevation』

の頭文字をとったものです。

 

R:動かさないようにする

 

I:冷やす。

ただし、冷やし過ぎると凍傷になるおそれもあるので、
タオルで氷を包み、15分冷やして少し休憩を
数回繰り返すのがよいです。

 

C:圧迫をして腫脹を最小限の抑えましょう。

ただ、きつく巻き過ぎると血流の流れまで悪くなってしまうので、
少しきついかなと思うぐらいのところで止めてください。

 

E:心臓よりも高い位置に上げてください。

寝転がり、脚を椅子の上に奥などするのがベストです。

これにより、腫れを最小限に抑えることが出来ます。

スポンサードリンク


診察方法と治療法

病院につくと、不安定性を触診したり、X線ストレス撮影や
MRIを用いて行います。

 

不安定性の触診では、右膝が損傷している場合、
膝の外側からと、足関節の内側からぐっと手で
抵抗を加えます。

腱側と比較し、不安定さがあれば内側側副靭帯損傷であると
わかります。

 

ただ、これだけではどの程度損傷しているかまでは、はっきりと
わからないので、X線ストレス撮影やMRIで損傷のレベルを
診断します。

 

レベルは、

Ⅰ度(痛みが少し)、

Ⅱ度(痛みが強く、靭帯は部分断裂)、

Ⅲ度(激痛、靭帯は完全に断裂)

に分けられます。

 

治療法としては、Ⅰ度かⅡ度の内側側副靭帯損傷だけであれば、
ギプスや膝用サポーターの装着で充分に完治させることが
できます。

 

しかし、十字靭帯損傷を合併している場合は手術が
必要なこともあります。

Ⅲ度になると、完全に断裂しているので手術が必要です。

 

復帰までの期間と、リハビリ方法や

Ⅰ度の場合は、痛みが完全になくなるまで安静にしていれば、
1週間から2週間でスポーツ復帰が可能です。

ここで無理をすると悪化してしまうので、完全に
痛みが引くまで我慢です。

 

Ⅱ度の場合は、低周波療法(微弱な電気を膝に流し、その刺激で
筋肉を直接マッサージして血行を促進し自然治癒力を高める)を
活用したリハビリが必要となります。

1ヶ月ほどすれば軽いジョギングまでは出来るようになります。

 

その後は筋トレなどを徐々に行うようにしていき、2~3ヶ月で
スポーツ復帰が可能です。

 

Ⅲ度の場合は、手術もあるので2~3ヶ月ほどサポーターで固定し、
安静にする必要があります。

 

その後、低周波療法やサイドステップ、ダッシュ、筋トレといった
リハビリを始め、スポーツ復帰には半年ほどかかります。

 

まとめ

内側側副靭帯損傷は早期であれば必ず完治するものです。

しっかりと治療して完治してからスポーツを開始すれば、
何も怖いことはありません。

 

運動していた人ほど、運動できなくなるのは辛いことです。

しかし、そこはぐっとこらえて、まずは膝を
休ませてあげてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ