耳の痛みは中耳炎?子供の症状と原因、治療は?

子供の中耳炎の原因や症状は?

bb4cd29e2616dfa61fd38640b8aa4050_m
中耳炎は、子どもが良くかかる耳の病気です。

 

中耳炎には、

急性中耳炎、

慢性中耳炎、

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

の3つの種類に分けられます。

 

急性中耳炎は、ウィルスが耳の中の、中耳という器官まで
入りこみ、炎症を起こす病気です。

風邪を引いたときに起こることが多いです。

スポンサードリンク



中耳炎の原因は?

原因としては細菌やウィルスによる感染症で
あることが多いです。

小学校入学前のお子さんに多い病気と言われています。

子どもは、耳の中ほどの中耳から、奥へつながる管である耳管が
発達しておらず、太く短いため、大人と比べると、ウィルスが
入りやすい構造になっています。

鼻かぜなどを引くと、ウィルスが入って中耳炎になりやすい
傾向があります。

 

症状には、

ずきずきするような激しい耳の痛み、

発熱、

耳だれ

などが上げられますが、小さなお子さんの場合言葉には出来ず、
しきりに耳を気にするような場合には、中耳炎を疑うきっかけに
なるかと思います。

ご家庭で出来る重症度は、耳に痛みがあるかどうかや熱の高さ、
お子さんが小さい場合には機嫌が悪いかどうかなどでも
判断できます。

また、子供の病気のイメージが強いですが、大人もかかる病気で、
構造上なりにくい反面、発症すると症状がひどかったり、
完治まで時間がかかったりします。

 

急性中耳炎

原因と症状

風邪をひくなどして鼻水が多い時に、鼻の奥と中耳を繋ぐ管
(耳管)を通って、中耳の中に細菌やウィルスが入って炎症を
起こすことが原因でかかるのが急性中耳炎です。

鼓膜の奥で細菌やウィルスが活動することで膿がたまり耳が
痛くなり、熱も出ます。

痛みはまるで陣痛のようによせては引くので、落ち着いたと
思ったらまた泣き出す、と言った具合に続きます。

その後鼓膜が破れて、耳だれが出ることもあります。

 

重症度のチェックポイント

症状や痛みを言葉で表せない小さなお子さんがかかることの
多い病気ですから、まずはその様子から判断することになります。

 

①耳の痛み

痛みがあるのかないのか。
痛みがある場合にもずっと続いているのかどうかも
ポイントです。

 

②発熱

発熱の程度を確認します。
37.5度未満/37.5~38.5度未満/38.5度以上

 

③泣いている・機嫌が悪い

これらは受診した際に医師に伝えるポイントとしても
押さえておくといいでしょう。

 

家庭で出来る対応

夜寝るために横になって中耳への血流が増えることが、
夜中に耳を痛がることが多い原因と考えられています。

耳に手をやり痛がって明らかに急性中耳炎が疑われる時には、
小さいお子さんだったらまずは起こして抱っこしてあやすこと。

そして、耳を冷やすのも効果的です。

 

痛みが落ち着いて再度寝かせる前に、子供用の鎮痛剤などの
常備薬があれば、それを服用させれば、再度寝ている間に
痛がって起きる確率は少なくなります。

ただし薬にもよりますが、基本的には効果は4~6時間と
言われていますので、もしも2度目の服用をさせるとしても
6時間以上空けること、そして翌日は早めに受診した方が
よいでしょう。

 

病院での診察

医師はまず、耳鏡で鼓膜の腫れと発赤を確認して診察をします。

鼓膜をよく診るために、まず耳あかの除去処置をする場合も
あります。

耳鏡に付属しているチューブを使って耳の中に空気を送り込み、
鼓膜が動くかどうかの検査をすることもあります。

鼓膜の動きがごくわずかであったり、動かない場合には、感染を
起こしている可能性があります。

 

急性中耳炎の治療

鎮痛と解熱への薬が処方されます。

急性中耳炎は、多くの場合で抗生物質を使用せずに
治すことが出来ます。

ただし、短期間で改善されない場合や、感染症が
悪化しているような兆候が見られる場合には、抗生物質を
処方します。

 

市販薬

急性中耳炎には抗生物質を出されることもほとんど
ありませんから、受診するまでの応急処置として、市販の
鎮痛解熱剤でも痛みや熱を緩和することができます。

受診しても処方されるのは鎮痛と解熱への薬ですので、
直接的な治療薬はありません。

 

急性中耳炎の合併症

急性中耳炎では、まれに合併症を引き起こすことがあります。

鼓膜が破裂して、血液や体液が耳から流れ出したり、
周囲の組織に感染して、次のような症状を引き起こすことも
あります。

 

・耳の周囲の骨への感染
・・・痛み

・内耳の感染(内耳炎)
・・・めまいと聴覚消失

・脳の周辺組織への感染症(髄膜炎)
・脳内への膿の蓄積(膿瘍)
・・・頭痛、錯乱、発作などの神経症状

感染を繰り返すと、鼓膜を貫通して異常な皮膚のような
組織(真珠腫)が作られることがあります。

真珠腫は中耳の骨を損傷し、難聴を引き起こす恐れがあります。

 

かかりやすい年齢

母親からの抗体が少なくなる生後6ヶ月頃の赤ちゃんから
2歳ぐらいまでが、かかりやすいと言われています。

 

急性中耳炎の予防法

プールやお風呂で、耳に水が入ることで中耳炎になることを
心配される方も多いのですが、そのようなことはありません。

中耳に感染が起こるのは、耳の穴からではないからです。

鼻の奥にいる細菌やウィルスが、耳管を通って中耳に入ることで
起こるのが急性中耳炎です。

根本的な予防法は、風邪を引かないようにすることや、鼻水が
長く続いている時には耳のチェックもすることになります。

スポンサードリンク


慢性中耳炎

原因と症状

急性中耳炎が3ヶ月以上続いて治らない場合、慢性中耳炎と
呼ばれます。

鼓膜の損傷や真珠腫の形成に繋がる感染症を繰り返すことが
原因になります。

真珠腫が生じると感染症がさらに起こりやすくなります。

慢性中耳炎になると、鼓膜に穴、いわゆる穿孔(せんこう)ができる
事があります。

この穿孔から細菌が入ると、中耳に炎症を起こして膿がでたり、
耳だれとなります。

また、穿孔のため伝音難聴になります。

穿孔が大きくなり感染が続くと、感音難聴、耳鳴り、頭痛などを
引き起こします。

 

病院での診察

中耳炎では、ほとんどの場合は問診と視診が中心です。

視診では、耳鏡(じきょう)という器具を使って耳内を
観察します。

鼓膜の異常や耳漏の有無、穿孔の大きさ、位置、発赤の有無
などを調べることで、慢性中耳炎の状態を判断します。

また、純音聴力検査で難聴の程度を測ることもあります。

乳児や幼児の場合、家族が問診に答えることになります。

家庭でどのような様子なのか、具体的に伝えることが大切です。

 

慢性中耳炎の治療

程度にもよりますが、耳漏や炎症を止めるために抗生物質や
点耳薬を使用します。

ただし、一時的に改善したとしても、穿孔をふさいでいるわけでは
ないので、再発してしまいます。

症状を繰り返してしまう場合には、外科的治療(手術)が必要に
なります。

 

手術は2種類あります。

・鼓膜形成術

中耳機能検査にて聴力が回復する場合に対象となります。

局所麻酔、短期入院での治療が可能で、耳の後ろの皮膚から
組織を採取し、生体糊(ヒト血液製剤)で穿孔をふさぎます。

 

・鼓室形成術

中耳機能検査で難聴が改善しない場合、または鼓膜穿孔が
大きい場合、炎症が高度の場合には鼓室形成術を行います。

全身麻酔で伝音連鎖の再建と鼓膜の形成を行います。

 

滲出性(しんしゅつせい)中耳炎

原因と症状

耳管の働きの悪さと、風邪や鼻炎などにより耳管の入口付近の
炎症が起こり、それが原因で中耳に水がたまることで耳が
ふさがった感じがしたり、聞こえにくくなったりするのが
滲出性中耳炎です。

急性中耳炎の後にもよく起こります。

まれに、胃食道逆流症や耳管閉塞が原因で発症する
お子さんもいます。

 

症状のチェックポイント

滲出中耳炎の症状はごく弱いので、痛みや発熱を伴うことは
ほとんどありません。

一番の症状は難聴ですが、小さいお子さんがそれを表すのは
難しいでしょう。

 

そこで、ご家庭では以下のようなチェックをしてみると
いいでしょう。

①テレビの音が大きい

②大きな声でおしゃべりする

③呼んでも振り向かない、返事をしない

④耳がふさがった感じがするという

⑤耳の中でがさがさ音がする

⑥耳にやたら手をやる

⑦鼻炎や風邪が長引いている

これらがお子さんに見られた時には、早めに耳鼻咽喉科を
受診されることをおすすめします。

 

診察

医師はまず、鼓膜の色や外観に変化がないかを観察します。

耳鏡に付属しているチューブを使って耳の中に空気を送り込み、
鼓膜が動くかどうかの検査によって滲出性中耳炎の診断を
行います。

鼓膜が動かないけれど、発赤や腫れもなく、お子さん自身に
あまり症状が現れていない場合には、滲出性中耳炎の
可能性があります。

 

はっきりしない場合には、マイクと音源が内蔵された装置を
外耳道にぴったりと合わせて入れ、装置で外耳道の圧力を
変化させ鼓膜から跳ね返ってくる音波を調べる、
ティンパノメトリーと言う検査を行う場合もあります。

 

治療

滲出性中耳炎は、多くの場合で抗生物質その他の薬剤で
治療しても、治癒しない場合があります。

8歳頃までは再発しやすいとも言われています。

滲出性中耳炎そのものへの治療よりは、再発しないように、
次のような治療をすることが大切になってきます。

 

・鼻の中は出来る限りきれいにして鼻汁を吸引清掃する、
 点鼻薬や内服薬の服用で鼻及び喉の状態を正常に保つ治療

・滲出液の排泄と耳管機能の改善に役立つよう、耳管に空気を通す

・鼓膜を小さく切開し、滲出液の除去吸引を行う
(鼓膜は再生能力が高いので、複数回切開してもほとんどの場合切開部分は閉鎖します)

・何度切開しても滲出液が溜まる場合には、鼓膜切開部に小さなチューブを入れて、鼓膜に継続的に小さな穴を空けておくことで、滲出液が溜まりにくくする。

・全身的な健康管理が何より重要なので、日常的に風邪をひかないようにしたり、抵抗力を高めたりする。
また、数週間から数ヶ月経つと自然に治ることもありますが、滲出性中耳炎は放置すると、将来、鼓膜が中耳腔の壁にくっついてしまう癒着性中耳炎や、中耳の骨を損傷して難聴を引き起こす真珠腫性中耳炎という中耳炎に移行し、これらの中耳炎では将来手術が必要になるとも言われています。

 

かかりやすい年齢

3歳頃から、小学校低学年ぐらいまでが、かかりやすいと
言われています。

また、8歳頃までは再発しやすいとも言われていますので、
再発防止の為の治療や全身的な体調管理も重要です。

スポンサードリンク


まとめ

中耳炎は、風邪をひいたことが元となることが多いので、
風邪の流行る冬が急性中耳炎にかかりやすい季節と言えます。

耳管の機能が未発達で中耳に細菌やウィルスが入りやすいことや、
免疫機能が未発達な上、集団生活をしていることが多く、風邪を
ひくことも多いため、こういった条件や環境によって再発
しやすくなります。

決して、一度かかった子が繰り返しやすいと言うことでは
ありません。

しかし、

風邪を引くと鼻水がたまりやすい、

季節を問わず鼻炎がち、

などかかりやすい体質や条件もありますので注意しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ