美容液より効果のある緑内障の治療薬?目薬でまつげが伸びる副作用?

main 緑内障では、治療に目薬が処方されますが、その中に

「まつ毛が伸びる」

と言う副作用を持っている目薬があります。

 

もともとは緑内障の薬ですが、その副作用に着目し、
現在ではまつ毛美容液として販売されているものも
あります。

 

今回は、このまつげの伸びる目薬、「ルミガン」の
副作用について紹介します。

スポンサードリンク



緑内障治療薬「ミルガン」とは?

本来「ルミガン」とは、緑内障の治療薬として
処方されていたものでした。

 

ミルガンを使用して治療していた方が、

まつ毛が伸びた!

まつ毛が太くなった!

まつ毛の本数が増えた!

と話題になっため、まつ毛の育毛剤として多くの女性から
支持されたことにより、世界に広まったのです。

 

実際は、緑内障治療薬「ミルガン」の副作用なのです。

 

そのため、女性の方が、早く育毛したいからと過剰使用を
したりすると、目のトラブルを招きやすくなりますので、
使用上の注意をよく読んでから使用しましょう。

 

なぜまつ毛が伸びるの?

ミルガンに含まれている「ビマトプロスト」という成分の
働きによって、まつ毛を伸ばしたり、まつ毛を増やしたり、
まつ毛の色素を濃くする効果があります。

 

その原因は、まつ毛の毛周期を正常に整えることから、
育毛サイクルを正常にする効果があるのです。

 

一般のまつ毛美容液との違いは?

通常のまつ毛美容液との違いとしては、普通、美容液は
まつ毛を保湿して育毛を促進させたり、ダメージ修復を
したりする効果がありますが、育毛そのものを維持するまでの
効果はないのです。

 

その他のまつ毛育毛剤の効果と副作用

ミルガンの他にも、まつ毛の育毛剤としては

「ケアプロスト」



「グラッシュビスタ」

が有名です。

 

この2種類の薬についても比較をしてみましょう。

 
ケアプロスト
【効果】
ビストプロスト成分含有
メラニン生成を活性化させまつ毛が濃くなる。
毛周期の成長期を延長させまつ毛が長くなる。
毛包を刺激しまつ毛が太くなる。

【副作用】
色素沈着。
目のかゆみ。
充血。
かぶれ。

 
グラッシュビスタ
【効果】
ビストプロスト成分含有。
効果はケアプロストと同様。

【副作用】
色素沈着。
ドライアイ。
充血など。

 

また、副作用として「失明も?」とも言われていますが、
使用の仕方を注意すればそのような副作用はないと
されています。

 

まとめ

ルミガンやケアプロストは海外で取り扱っている医薬品のため、
基本的には日本で購入できません。

購入する場合は、個人輸入の通販サイトなどを利用する
必要があります。

最近では個人輸入の通販サイトも使いやすくなり、購入料金も
1本2000円~3000円と格安です。

 

ただし、緑内障の治療薬に含まれている「ビストプロスト」には、
他にも「眼瞼溝深化」などの重篤な副作用もありますので、
使用上の注意を守り、可能なら医師に相談することを
おすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ