福島で子供に発症?甲状腺がんの症状や原因は?検査や手術は?

main 自然災害で起きてしまった福島第一原発の事故。

 

この事故によって、今現在も不安をかかえて暮らしている人たちが
たくさんいます。

 

そして、福島の多くの子供たちが、甲状腺がんを
発症しているということ。

将来のある子供たちを、がんという病気が襲っているのです。

 

この事実を事実のままに偽りなく伝えることが
とても大切なことのように思えます。

スポンサードリンク


福島の子供の甲状腺がん

2011年3月に起きた大震災の後、
2011年10月より、甲状腺の検査を実施。

2015年8月の発表によると、137人の子供たちが、甲状腺がん
または、その疑いがあると診断されたそうです。

 

このうち、104人が手術を受けて99%が小児甲状腺がんと診断。

甲状腺がんの疑いではなく、ほとんどの子供は
小児甲状腺がんだったのですね。

 

子供たちを襲っている甲状腺がんは、どのような
病気なのでしょう?

甲状腺がんのことをわかることで、福島の
子供たちの実情を知ることにもなります。

 

甲状腺がんの症状

甲状腺がんは、20代から50代の女性に多くみられる
がんです。

本来、子供が発症する確率は、100万に1人か2人と
言われています。

 

甲状腺がんは、悪性度の高いものと低いものがあり
悪性の度合いにより4つに分類されています。

 
乳頭がん
甲状腺がんの80%を占めていて、ゆっくりと
進行していくがんです。

頸部リンパ節への転移がみられることがあります。

 

ただ、死亡へつながることは、少ないと
言われています。

 
濾胞(ろほう)がん
甲状腺がんの8%ほどを占めています。

肺や骨に転移することがあります。

 

進行が遅いので、早期発見で治療すると生存率が
高いがんです。

 
髄様(ずいよう)がん
甲状腺がんの1~2%ほどを占めています。

髄様がんのうちの1/3が遺伝子の異常によっておこる
遺伝性のがんです。

 
未分化がん
甲状腺がんの2%ほどを占めています。

未分化がんは、高齢者に多く、非常に進行が早い
がんです。

 

甲状腺がんは、首が腫れてくること以外には自覚症状が
みられないことが多いですが、悪性度が進むにつれて

・首のしこり

・喉に異物があるような違和感

・声がかれる

・呼吸困難

などの症状がみられるようになります。

 

甲状腺がんの原因

甲状腺がんの原因は、今のところわかっていないようですが、
いくつかのことが、原因ではないかと考えられています。

 

髄様がんでは、1/3は遺伝子の異常が原因とわかっています。

また、放射線による被爆も原因とされています。

 

この他、食生活の面においては、ヨード(海藻など)の摂取量が
多すぎたり、少なすぎたりす事も原因の一つと考えられています。

スポンサードリンク


甲状腺がんの検査

甲状腺がんの検査方法は、医師による問診、視診、触診の他にも
いくつかの方法があります。

 
血液検査
甲状腺機能検査
甲状腺にかかわるホルモンの量を測定します。

 
腫瘍マーカー
がんの存在があると、異常値を示します。

 
超音波検査(エコー)
しこりの大きさや、甲状腺の周囲のリンパへの転移を調べます。

 
CT
がんの広がりや他の臓器への転移を調べます。

 
MRI
がんの広がり、他の臓器への転移を調べます。

 
シンチグラフィー
しこりの大きさ、がんの再発、甲状腺の機能を調べます。

 
穿刺吸引細胞診
しこりの部分に注射針を刺し、細胞をとって、
がんの種類を調べます。

 

甲状腺がんの手術

甲状腺がんの治療は、がんの広がり方や種類によっては
放射線や薬の服用というかたちをとることもありますが
基本的に手術のかたちをとることが多いです。

 

手術には、いくつかの方法があって、がんの種類や
広がり方によって、手術方法が決定されます。

 
葉切除術(ようせつじょじゅつ)
甲状腺の片側を切除します。

 
亜全摘術(あぜんてきじゅつ)
甲状腺の2/3以上を切除します。

 
全摘術
甲状腺のすべてを切除します。

 

全手術において、甲状腺の周囲のリンパ節に進行がある場合は
リンパ節の取り除きます。

 

手術範囲が大きいと、合併症もでやすくなります。

合併症としては、以下があります。

 

・声のかすれ(反回神経のまひ)

これは、反回神経を切除してしまうことで起きるので、
手術中に切除しないように気をつけてもらいます。

・甲状腺機能の低下

ホルモン分泌が不足します。

・上皮小体機能の低下

血液中のカルシウムが不足します。

甲状腺ホルモンの低下と上皮小体機能の低下は
薬の服用で、治療をします。

 

まとめ

甲状腺がんの子供の発症(小児甲状腺がん)は
100万人に1人か2人と言われているそうです。

甲状腺がんの原因は、はっきりわかっていないと
言われていますが福島の子供たちの発症人数をみると
どうしても、被爆が関係しているのではないか?と
思ってしまいます。

 

甲状腺がんは、ゆっくりと進行して術後の予後が良いとされている
乳頭がんが多いとされていますから早期に発見できれば
身体に残る傷跡も小さくて済みます。

検査を頻繁に行い、可能な限りリスクを下げてあげることが
できればと願いたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ