痛い口内炎に即効で効く治し方!おすすめの薬ランキング

phm06_0013-s いつの間に?と思うくらい突然できる口内炎

できてしまうと、とても気になるし痛い!

 

ごちそうを食べに行く予定だった日の前日に
口内炎ができたら、がっかりしてしまいます。

 

病院で治療するほど酷くなさそうだけれど

痛い!不快!

 

そんな時に市販の薬で

痛みをやわらげることができたら嬉しいですね。

 

美味しいものを美味しくいただくために
痛い、辛いをやわらげるために

即効で効きそうな薬を探してみましょう。

スポンサードリンク


市販薬は、どの口内炎にも使用できるか?

口内炎は、原因によって3つの口内炎に分けられます。

ストレスや睡眠不足、ビタミン不足などが
原因でできるアフタ性口内炎

義歯や歯の欠損などが原因でできる
カタル性口内炎

ヘルペスなどのウイルスが原因でできる
ウイルス性口内炎

 

このうち市販薬の使用が可能なのは
アフタ性口内炎が主になります。

 

カタル性口内炎は、原因となっているものを
取り除かないと口内炎も治らないので、市販薬は、
貼るタイプの口内炎薬を応急処置として使用します。

ウイルス性の口内炎は、原因がウイルスなので
病院で、ウイルスに対する治療が必要となりますから
市販薬しても意味がありません。

 

おすすめの市販薬ランキング

口内炎の市販薬には

塗る薬

貼る薬

飲む薬

があります。

 

この中で即効性があるものは

塗る薬(軟膏)



貼る薬(パッチタイプ)

です。

 

食事の時に飲食の刺激を避けるためには、貼るタイプの薬で
患部を覆うとだいぶ刺激がやわらぎます。

それでは、おすすめの市販薬をタイプ別にまとめてみます。

 

塗る口内炎の薬

icon-ranking2-1
第一位 デンタルクリーム(森下仁丹株式会社)
2種類の痛みどめ成分(局所麻酔剤のシブカイン塩酸塩・
アミノ安息香酸エチル)が配合されていて、辛い痛みを
止めます。

鎮痛、消炎、殺菌の3つの作用が患部に働き、口内炎を治します。

icon-ranking2-2
第二位 トラフル軟膏(第一三共ヘルスケア)
抗炎症成分、組織修復成分、殺菌成分が配合されていて
患部に直接作用し、炎症、痛み、腫れを鎮め口内炎を治します。

icon-ranking2-3
第三位 サトウ 口内軟膏(佐藤製薬)
抗炎症作用、抗潰瘍作用を持つアズレンスルホン酸ナトリウムを
配合。

炎症を抑えて傷ついた粘膜を回復します。

icon-ranking2-4
第四位 ケナログ口腔用軟膏(ブリストル・マイヤーズ)
すぐれた付着力で患部を保護して、炎症を抑え
口内炎の痛みを改善します。

ステロイド剤が配合されているので、使用には
注意が必要です。

icon-ranking2-5
第五位 口内炎軟膏大正A(大正製薬)
炎症を鎮めて、傷ついた粘膜を修復します。

患部への密着性がよく、口の中でも長時間患部を覆って
口内炎を治します。

スポンサードリンク


貼る口内炎の薬、またはスプレータイプ

icon-ranking2-1
第一位 トラフルダイレクト(パッチタイプ)(第一三共ヘルスケア)
抗炎症成分を配合。

腫れ、痛みを伴うつらい症状に効果を発揮します。

無味無臭のフィルムタイプで、口の中で溶けてなくなります。

icon-ranking2-2
第二位 トラフルクイックショット(スプレータイプ)(第一三共ヘルスケア)
患部に直接作用して、痛み腫れを鎮める抗炎症成分を配合。

メントール味です。

icon-ranking2-3
第三位 口内炎パッチ大正(パッチタイプ)(大正製薬)
口腔内ですぐれた付着力があり、患部を刺激から守ります。

成分が持続的に作用します。

icon-ranking2-4
第四位 クールスロート(スプレータイプ)(森下仁丹株式会社)
消炎成分が炎症、腫れを鎮めて口内炎を治りやすくします。

icon-ranking2-5
第五位 アフタッチA(パッチタイプ)(佐藤製薬)
口内炎を保護し、薬の成分が徐々に出て患部に作用します。

 

飲む口内炎の薬

icon-ranking2-1
第一位 チョコラBBプラス(エーザイ)
皮膚、粘膜のビタミンと呼ばれているビタミンB2を配合。

口内炎を緩和します。

icon-ranking2-2
第二位 トラフル錠(第一三共ヘルスケア)
口内の腫れ、痛みを鎮めます。

粘膜の機能を正常にするビタミンB2、B6、ビタミンCを配合。

icon-ranking2-3
第三位 チョコラBBドリンクⅡ(エーザイ)
粘膜の健康を保つために大切なビタミンB2、B6を配合して、
口内炎を緩和します。

icon-ranking2-4
第四位 ビハクシロップ(佐藤製薬)
持続性ビタミンB2の配合によって、口内炎にすぐれた効果を
あらわします。

icon-ranking2-5
第五位 トラフルBBチャージ(第一三共ヘルスケア)
ビタミンB2、B6を配合

皮膚粘膜に作用して、口内炎の緩和をします。

ヨクイニンエキス配合により、消炎作用をあらわします。

 

口内炎の市販薬と併用して、殺菌力のあるうがい薬や洗口液で
口腔内をきれいにすると効果的です。

 

まとめ

市販薬には、即効性にある軟膏やパッチタイプの貼り薬、
身体の中から治す飲み薬など、たくさんの種類の薬があります。

口の中に薬を塗ることに抵抗のある人は
治るのに時間はかかりますが飲み薬を
選ぶことが出来ます。

 

数多くの選択肢の中から、自分に合う薬をみつけて
痛くて、つらい口内炎から解放されましょう。

 

持病のある方や、

アレルギーのある方

妊婦さん、

乳幼児

は、必ず薬剤師さんに相談してから購入してください。

 

口内炎には、大きな病気が潜んでいることもあります。

市販薬を使用して、

改善が見られない場合、

症状が悪化した場合

などは、すぐに病院を受診してください。

スポンサードリンク

2 Responses to “痛い口内炎に即効で効く治し方!おすすめの薬ランキング”

  1. 長尾忠 より:

    歯科医です。テラコートリル軟膏とケナログを1:2の割合で混ぜるとアフタ性口内炎に劇的に効く特効薬が出来ます。ケナログ単味の約3分の1の早さで治ります。詳しくはファミリー歯科口内炎の治し方ブログをご覧ください。

    • ikkenyakk より:

      長尾忠さん、

      当ブログの閲覧ならびにコメントありがとうございます。
      いただいた情報は参考にさせていただきたいと思います。

      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ