熱中症予防は食事から!対策になる食べ物ランキング!!

lgf01b201405181800 熱中症は、日射病、熱疲労等の総称です。

 

幼児や65歳以上の高齢者がかかりやすい症状ですが、
その他の年齢の方も、

体力が落ちていたり、

睡眠不足だったり、

栄養不足だったり、

体調が万全でない

などの場合にかかってしまうことがあります。

スポンサードリンク




体が丈夫だから大丈夫!

外に出ないから平気!

という方でも、誰しもかかる恐れがあります。

特に気温が高いこの時期は、いつも以上に対策をしっかり
取っておきたいところです。

 

熱中症に必要な食事とは?

熱中症になると、体の中の水分とともに、塩分カリウム
失われます。

体調が悪くなる前に、毎日の食事の中で不足しないように
しましょう。

 

また、他にも糖分やビタミンB1クエン酸を含んだものを
一緒に摂取すると、熱中症対策に効果があります。

クエン酸と聞くと、すっぱいもの、とわかりますが、
カリウムとビタミンB1はどんな食品に含まれているのでしょう。

 

下記に、それぞれ多く含んだ食品を紹介します。

 

カリウム

icon-ranking2-1 第一位 乾燥昆

icon-ranking2-2 第二位 わかめ(素干し)

icon-ranking2-3 第三位 とろろこんぶ

icon-ranking2-4 第四位 乾燥ひじき

icon-ranking2-5 第五位 乾燥あおさ

 

次いで、乾燥切干大根、味付け海苔、焼き海苔という結果でした。

 

他にも、この時期に取り入れやすいものとして、

ぬか漬けきゅうり、大豆、にんにく、モロヘイヤ、しそ等が
ありました。

 

ビタミンB1

icon-ranking2-1 第一位 豚肉

icon-ranking2-2 第二位 生ハム、ハム

icon-ranking2-3 第三位 たらこ

icon-ranking2-4 第四位 うなぎの蒲焼

icon-ranking2-5 第五位 すじこ

 

次いで、鯉、いくら、牛肉(はつ)でした。

どれも、色々な料理に活用しやすいですね。

 

熱中症予防の食事のメニュー

上記の食材を使って、夏の暑さに負けない、管理人一押しの
食事のメニューをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


豚しゃぶそーめん

材料
そーめん : 一束

豚肉 : 70グラム

きゅうり : 2分の1本

青しそ  : 2枚

プチトマト : 5、6個

みょうが : 1個(あれば)

ポン酢またはめんつゆ(どちらかお好きな方) : 適宜

 
レシピ
1、豚肉は熱湯でゆがいておく(ゆがいたお湯はとっておきましょう)
(豚肉、お湯は冷蔵庫等で冷やしておく)

2、きゅうり、青しそ、(みょうが)をそれぞれ千切りにする

3、そーめんは茹でて、冷やしておく

4、器にそーめんを入れて、豚肉、きゅうり、青しそ、(みょうが)、プチトマトをのせてめんつゆ、

または、ポン酢を薄めたものをかけて、できあがり

 

ポン酢にすると、クエン酸も摂取出来るのでおすすめです。

食欲のないときに、そうめんは食べられるということは多いですよね。

お好みで、にんにくをすりおろして入れるのもいいかもしれません。

 

まとめ

夏は、熱中症になっていなくても、食欲は落ちてしまいますよね。

しそ、きゅうりは夏野菜なので、熱を下げてくれる効果も
期待できるそうです。

のどごしがいいものだけではなく、あわせて夏野菜や上記のような
食材を上手に組み合わせて、元気な体を保ちましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ