熱中症予防に最適なドリンク、飲料は?

ダウンロード 最近では気温が35℃を超える日が続き、熱中症のリスクが
高まっています。

子供は特に水分補給を忘れないようにして、予防に努める
必要があります。



熱中症の予防に最適な水分は?

しかし、実際熱中症の予防という観点で考えた場合、なにを
飲むのが一番有効なのでしょうか?

 

今回は、



麦茶

緑茶

スポーツ飲料

ジュース

炭酸飲料

について、熱中症予防としてどれが有効であるかを考えて
見たいと思います。

 

水 麦茶

熱中症予防の観点から一番有効なのが、水と麦茶です。

一度にたくさん飲むのではなく、こまめに補給することが
重要です。

 

日常生活の中や軽い運動程度であれば、水や麦茶による
水分補給で十分予防が可能です。

ただ、汗には塩分も含まれており、大量に汗をかくと塩分も
体内から抜けて行ってしまいます。

 

激しい運動をする場合は、塩分も入っている飲料
(スポーツドリンクなど)を補給するようにしましょう。

 

スポーツ飲料

先ほど説明したとおり、激しい運動をする場合はスポーツ飲料が
おすすめです。

汗をかくことで水分だけでなく、塩分も体外へと出て行って
しまいます。

 

体内で塩分が不足すると、「熱けいれん」と呼ばれる
痛みを伴ったけいれんを足などに起こすことがあります。

激しい運動で大量の汗をかいた場合は、スポーツ飲料を
飲むことで、失われた塩分を補うことが重要です。

ただし、スポーツ飲料には糖分も多く含まれているので、
取りすぎには注意が必要です。

 

スポーツ飲料の代わりになる飲料水は自分でも作ることが
できます。

1リットルの水に約2グラムの塩を溶かし、さらに20~50グラムの
糖分を加えることで、熱中症予防に最適の水分になります。


緑茶

緑茶にはカフェインが多く含まれており、カフェインには
利尿作用があります。

利尿作用によって尿が排出されることで、体内の水分を
失うことになります。

そのため、熱中症予防の観点からすると、緑茶は水分補給には
向いていないと言えます。

 

ジュース 炭酸飲料

ジュースなどの糖分が多く含まれている清涼飲料を水代わりに
飲むと、体内の糖分を薄めようとして、さらに水分が欲しく
なります。

また、飲みすぎることで、大量の糖分を一度に体内に
入れることになり、体調を崩してしまう場合もあります。

 

炭酸飲料は、他の飲料より同じ量を接種した時の満足度が
高いため、結果的に摂取する量が不足して、脱水症状を
起こす可能性もあります。

 

まとめ

熱中症予防には、こまめに水分や塩分を補給することが
大切です。

それでも脱水症状などの症状にかかってしまった場合は、
脱水症状の状態に応じて水分を補給し、重症化がみられる
場合は、すぐに救急車を呼びましょう。

 

脱水症状の対処については、下記の記事を参考にチてください。

「脱水症状の症状は?頭痛や下痢、吐き気や嘔吐時の対処について」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ