熱中症の予防に最適なグッズは?暑さ対策ランキング

resize 暑い夏、夏ならではの楽しいことが沢山ありますが、
まず気をつけたいことが、熱中症です。

 

熱中症は、熱疲労や熱射病等の総称で、気温や湿度が高い環境や、
疲れや寝不足等の体の状態が影響して発症します。

 

栄養のある食事を取って、体力をつけたり、こまめな休息や
水分補給をしたり、予防策は沢山ありますが、今回は、
熱中症予防のグッズを紹介したいと思います。

スポンサードリンク



おすすめの熱中症予防 対策グッズ

熱中症予防のグッズは、種類も豊富になり、コンビニ等でも
手軽に購入できるものも沢山あるようです。

いくつか使い方とともに、紹介したいと思います。

 
ネッククーラー
首に巻いて使用します。

首には、大きな動脈があるので、体全体の体温を下げて
くれるようです。

ネッククーラーも様々な種類があり、吸水性の高い生地を
使ったもので水に浸して使うものや、中に保冷剤が入っており、
凍らせて使うものと、沢山あるようです。

 

キャラクター柄のものもあるので、子どもも喜んでつけて
くれそうです。

 

ただ、個人差はありますが、長時間つけていると、肩こりや
頭痛がしてしまう、という方もいるようです。

 
携帯扇風機
首に下げて使うものが多いようで、中にはスプレーボトルが
ついており、その中に水を入れて肌にスプレーすると、
その部分が扇風機の風で冷やされると気持ちがいい、
というしくみです。

カバンにしのばせておけば、いつでも使えるという手軽さが
良いですね。

 
熱中症指数計
暑くても、細かな気温や湿度はわかりにくいです。

室内ならば特に、大丈夫だろうと考えてしまいがちなので、
一つあると便利ですね。

 
冷感スプレー
服に直接スプレーすると、その部分が冷えるというものです。

タオルと、このスプレーを持ち歩けば、熱中症に限らず、
いろいろなことに役立ちそうです。

スポンサードリンク


冷感シート
熱が出てしまった時におでこに貼るものです。

こちらも、ネッククーラー同様、首に貼ったり、大きな動脈が
ある足の付け根や、脇の下に貼ったりして活用します。

 

値段も沢山入って、300円以下なものが多いので、手軽に
準備できます。

 
帽子インナー
帽子やヘルメットをかぶる前に頭につけたり、かぶるものです。

吸水速乾素材のものや、冷感タイプ、様々なものがあります。

外での作業の方に是非使用して欲しいグッズです。

 
吸水速乾、冷感インナー
Tシャツを一枚で着るよりも、中に一枚足すだけで、汗を
かいてもすぐに乾き、快適です。

汗をたくさんかく子どもに、特に着せてあげたいですね。

 

熱中症予防 対策グッズランキング

手軽さ、効果等を考慮して、ランキングにしました。

個人的なランキングですが、参考にしていただければ
と思います。

 

icon-ranking2-1
第1位 吸水速乾、冷感インナー
身なりに気をつけなければいけない方も、インナーならば
わからないですし、洗って何度でも身に付けられることが
魅力です。

icon-ranking2-2
第2位 ネッククーラー
1000円以下で購入できるものが沢山あり、繰り返し使えるのも
魅力です。

一定時間、冷たさが持続することも良いですね。

icon-ranking2-3
第3位 冷感スプレー、冷感シート
もし、熱中症にかかってしまった時にも、すぐに足の付け根や
脇の下を冷やせるので、便利ですね。

 

まとめ

毎年、夏場の気温がどんどん上昇しています。

それとともに、話題にされるのが熱中症です。

 

熱中症になると、何日も、何週間も苦しむこともあるようなので、
できる限りの予防をして、楽しい夏を元気に過ごしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ