熱はないのに夜に咳が止まらなくて寝られない!どんな病気が原因?

main 冷え込みが厳しくなってきて、そろそろ冬の到来を
感じる季節になってきましたね。

 

空気が冷たくなると、湿度も低くなって部屋の中も
乾燥してきます。

 

部屋の乾燥も関係しているのでしょうか?

布団に入り眠りにつく頃、咳が止まらなくなってしまう方は
いませんか?

 

咳は、ウイルスや埃などの異物を外へ出すための防衛反応と
言われています。

しかし、咳が止まらなくなると体力は消耗し、また、
睡眠不足になって、生活のリズムにも差し障りがでますね。

 

ここでは、睡眠をも妨げてしまう、夜に止まらない咳のことを
みていきたいと思います。

スポンサードリンク


夜に咳が止まらない!原因になっている病気は?

熱もないのに咳が出る。

咳が出始めると、しばらくは止まらず涙が出るくらい
苦しくなることがあります。

 

つらい咳の原因には、どのような病気があるのかを見ていきましょう。

 

夜に続く咳の症状には、

◇咳喘息

◇アトピー性咳嗽(がいそう)

◇アスピリン喘息

◇COPD(慢性閉塞肺疾患)

◇肺がん

◇百日咳

◇アレルギー性鼻炎

◇逆流性食道炎

などの病気の可能性があります。

 

それでは、それぞれの症状と特徴を見てみましょう。

 

◇咳喘息

喘息と咳喘息。

同じ病気だと思われている方も少なくありませんが、
咳喘息には、喘息に見られるゼーゼー、ヒューヒューという
喘鳴(ぜんめい)はありません。

 

咳は、夜中から明け方にかけて激しく出ます。

 

また寒暖の差が激しい場合、咳が止まらなくなります。

 

喘息の前段階とも言われているので、放置せずに
病院で正しい治療を受けましょう。

 

◇アトピー性咳嗽(がいそう)

咳喘息と同様にヒューヒュー、ゼーゼーという喘鳴がなく
夜中から明け方に咳が出ます。

 

閉経後の女性に多いと言われていますが、アトピーの
素因のある人も、注意が必要とされています。

 

◇アスピリン喘息

非ステロイド性鎮痛剤で、咳がでることがあります。

 

非ステロイド鎮痛剤は、市販の風邪薬に含まれていることが
多いようです。

スポンサードリンク


◇COPD(慢性閉塞肺疾患)

長年の喫煙が原因で、熱はないのに咳や痰の症状が
現れます。

 

◇肺がん

熱もないのに咳が続きます。

咳の他に、血の混じった痰や腰の痛みなどの症状が
現れます。

 

◇百日咳

息を吸うときにヒューと音が出る咳が特徴で
激しく咳き込みます。

 

◇アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎になると鼻呼吸ではなく、口呼吸になるために
喉が乾燥して、咳につながります。

 

また、鼻水が喉に流れることも咳が出る原因となっている
ようです。

 

◇逆流性食道炎

最近よく聞く逆流性食道炎。

逆流性食道炎は、胃液が逆流して気管まで流れることを
言いますが、この時に気管が炎症を起こして、咳が出ることが
あります。

 

これらの病気は、全て熱が出ないのに咳が続くという
特徴があります。

 

風邪のひきはじめと油断していると、大変な病気を
放置することにもなります。

たかが咳と侮らないようにしましょう。

 

まとめ

熱はないのに、咳が止まらない病気には、

えっ?この病気が咳と関係するの?

と思われる病気から、放置しておくと重症になるもの、
また、重病が潜んでいることがあるようです。

 

熱がないからと放置せずに、出来るだけはやめに
病院へ行って治療をしましょう。

スポンサードリンク



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ