無痛分娩と自然分娩の違いは?妊婦や赤ちゃんへのリスクとは?

出産の痛みを軽減するという無痛分娩。

無痛分娩にはメリットもありますが、当然赤ちゃんや妊婦さんにリスクもあると言われています。

1


陣痛の痛みを麻酔によって緩和させる無痛分娩法。

この無痛分娩法は、アメリカフランスで積極的におこなわれています。

実際、アメリカでは約50%フランスでは約80%の妊婦さんが無痛分娩をおこなっているといわれています。


しかし、残念ながら日本では、無痛分娩をおこなっている医療機関が非常に少ないのが現実です。

また、妊婦さんも無痛分娩より自然分娩を希望する人の方が圧倒的に多いです。


その理由としては、やはり無痛分娩の知識があやふやで、しっかりとメリットやデメリットが認知されていないことが挙げられます。

今回は、そんな無痛分娩について、自然分娩の違いはと妊婦や赤ちゃんへのリスクを紹介したいと思います。

スポンサードリンク





日本で無痛分娩が普及しない理由

前述のとおり、日本では無痛分娩をおこなっている医療機関がまだまだ圧倒的に少なく、認知度も低いと言われています。

そのため、無痛分娩は危険と思われがちで、圧倒的に自然分娩が主流になっております。


そのほかの理由としては、

  • 「陣痛の痛みに耐えてこそ赤ちゃんに愛情が湧く」

  • 「お腹を痛めてこそ良いお母さんになれる」

  • といった考え方が日本では根強くあることも挙げられます。


    しかし、無痛分娩には、自然分娩とは違ったメリットも存在します。

    印象やイメージだけで、出産の選択肢に入れないのはもったいないのではないのでしょうか?


    無痛分娩とは?自然分娩との違いは?

    2

    無痛分娩は、麻酔を用いて、陣痛の痛みを和らげる出産法です。

    痛みに弱い人心臓や肺に持病を持っている人にとっては、とても適した出産法といえます。


    メリットとしては、無痛分娩で出産すると妊婦さんのからだの負担は自然分娩より疲労が少なく、回復が早いといわれています。

    また、懸念されている赤ちゃんに対する影響も、殆どといっていいほど無いとされています。

    麻酔は局部麻酔なので、赤ちゃんの産声を聴くことも抱くことも可能です。


    無痛分娩は、陣痛の痛みが軽減される以外は自然分娩とほとんど変わりがありません。

    しかし、まだまだ世間に浸透していない「無痛分娩」に不安を感じている人も少なくありません。

    スポンサードリンク



    無痛分娩は痛みがないって本当?

    無痛分娩は、痛みを緩和する方法ですが、全く痛みがないわけではないのです。

    通常は、陣痛が始まってから麻酔がおこなわれるので、短時間であっても陣痛の痛みを経験することができます。


    また、体質によって、麻酔が効きやすい人と効きにくい人がいるため、痛みの緩和効果については個人差があります。


    無痛分娩によるリスクは?

    無痛分娩は、硬膜外麻酔又は点滴麻酔が用いられます。

    今まで無痛分娩による大きな事故は報告されておらず、安全性の高い分娩法だといわれています。


    しかし、麻酔や鎮痛剤を使うということで、気になるのは妊婦さんや赤ちゃんへのリスクです。

    そこで、赤ちゃんと妊婦さんに分けて、それぞれのリスクを紹介したいと思います。


    ■赤ちゃんに対するリスク

    3

    無痛分娩法による赤ちゃんへの影響は、ほとんどないといわれています。

    麻酔を使うと、生まれてきた赤ちゃんが自閉症になるという噂がありますが、医学的な根拠は全くありません。


    妊婦さんに投与される麻酔薬の量が通常より多い場合は、赤ちゃんが音や光に対して反応が鈍くなることがあります。

    しかし、それは出産直後一時的なものなので、ほとんどの場合心配はありません。


    ただ、妊婦さんによっては、麻酔の効果で、子宮の収縮が弱くなり、微弱陣痛になることがあります。

    その場合は、鉗子を用いて吸引分娩(鉗子分娩)をおこないます。


    吸引分娩になると、赤ちゃんは頭に圧力をかけられるため、頭の形が変形したり、血腫ができることがあります。

    頭の変形や血腫は自然治癒しますので心配はいりませんが、ごく稀に頭蓋内で出血を起こすことがあります。

    この場合、障害が残る危険性は0ではありません。


    ■妊婦さんに対するリスク

    2

    上述どおり、麻酔の効果が出やすい人と出にくい人があります。

    勿論、妊婦さんの状態をみながら、麻酔量を調整するので、ある程度の痛みは緩和されます。


    しかし、麻酔の効き目が弱い人は、痛みがあまり軽減されず、期待外れだったという人も中にはあります。

    麻酔の効果が出やすい人は、次のような状態になることがあります。


    いきむタイミングがわかりにくい
    麻酔によって、いきむタイミングがよくわからない場合があります。

    そのようなときには、助産婦さんが教えてくれるタイミングでいきみます。


    いきむ力が弱くなる
    麻酔によって妊婦さんのいきむ力が弱くなると、分娩に有する時間が長くなってしまいます。

    長時間になると、妊婦さんも赤ちゃんも疲労してしまいます。


    子宮の収縮が弱くなり、微弱陣痛になる
    微弱陣痛になってしまうと、吸引分娩(鉗子分娩)がおこなわれます。

    吸引分娩になる可能性は、点滴麻酔より硬膜外麻酔の方が確率が高いといわれています。

    上述どおり、妊婦さんや赤ちゃんへの負担が大きくなります。


    硬膜外麻酔による妊婦さんへの副作用
    麻酔薬の副作用として、次のような症状が妊婦さんに現れることがあります。


  • 足の感覚が鈍くなったり、足が重くなったりします。

  • 頭痛や腰痛、吐き気、低血圧の症状がみられます。

  • 尿の感覚がわかりにくくなります。

  • しかし、これらの症状は一時的なものなので、麻酔の効果が切れれば元に戻ります。


    硬膜外麻酔による重度の副作用
    麻酔によって呼吸停止や痙攣、ショックなど麻酔薬中毒を起こす場合があります。

    これは非常に稀なことです。

    万一、このような症状が現れた場合は緊急処置が施され、場合によっては帝王切開の方法に切り替えられます。


    点滴麻酔による副作用
    静脈から注入する点滴麻酔は硬膜外麻酔に比べて鎮痛効果は弱いですが、分娩中に眠たくなることがあります。

    スポンサードリンク


    まとめ

    いかがでしたでしょうか?

    今回は、無痛分娩と自然分娩の違い、痛みやリスクについてご紹介いたしました。

    実際、無痛分娩だけがリスクを伴うわけではありません。


    どのような出産法であっても、妊婦さんは赤ちゃんのために命をかけて生むのです。

    様々な出産法の知識を得た上で、納得できる出産法を選ぶことが大切です。


    よく主治医と相談し、自分にあった出産方法を選んでくださいね。


    最後までありがとうございました。

    スポンサードリンク


    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ