溶連菌感染症の発疹やかゆみの症状と原因とは?大人と子供の薬は?

main1 溶連菌感染症は、子供に多く発症する感染症です。

のどに痛みを感じる場合、その大部分はウイルスや細菌に感染して“のど”に炎症を起こしている状態です。

 

初期には普通の風邪と区別がつかないことが多く、大人の場合は特に咽頭炎・扁桃炎のみの症状の場合が多いようです。

子供だと発疹ができたり、いちご舌になったりします。

 

今回は、溶連菌感染症について、症状や薬の服用方法などをご紹介します。

スポンサードリンク




溶連菌感染症とは?発疹は?

溶連菌の正式名称は、「A群β溶血性連鎖球菌」で、子どもに多い感染症です。

α溶血とβ溶血を示す2種類ありますが、溶連菌感染症の約9割はA群β溶血性連鎖球菌です。

喉に感染して、咽頭炎や扁桃炎などを起こします。

 

溶連菌感染症は、5歳から15歳までの小児に最も多くみられますが、抵抗力が低下した大人や妊婦にも感染することもあります。

 

2~5日の潜伏期間を経た後、38℃以上の高熱が出て、喉に痛みを生じ、嘔吐などの症状がみられます。

 

初期症状は風邪によく似ています。(3歳未満の小児は、発熱しないこともあります。)

 

体幹や手足に小さな赤い発疹が発現したり、舌に苺のようなブツブツ(イチゴ舌)ができます。

また、発疹は痒みを伴います。

 

頭痛や腹痛、リンパ節(首筋)の腫脹の症状などもみられます。

熱は3~5日で下がります。

 

解熱後1週間ほど経つと、手足の指先から皮膚が剥けてきます。

 

溶連菌感染症の注意点としては、溶連菌は合併症を引き起こしやすい細菌だということです。

医師の診断を仰ぎ、薬をきちんと服用しなければ、リウマチ熱急性糸球体腎炎猩紅熱などを引き起こします。

また、アトピー性皮膚炎を患っている小児は、病変の部位から細菌が侵入し、重症化することがありますから、細心の注意が必要です。

 

溶連菌感染症の原因とは?

溶連菌感染症の原因は、溶連菌が喉に感染することで起こります。

この菌はグラム陽性の球菌で、感染経路は主に飛沫感染です。

 

幼稚園や学校、家庭など、小集団の中で感染していきます。

感染した時に抗生剤をきちんと内服していなかった場合や、感染時にしっかりと治療を受け完治しても溶連菌に対しての免疫は出来にくく、2回3回と繰り返し感染することがあります。

 

溶連菌にかかりやすい時期は?

溶連菌感染症は一年中発現していますが、特に12月から3月の冬場に多く見られます。

幼稚園や学校、家庭など小集団の中で流行します。

 

溶連菌の予防方法は?

溶連菌には予防接種はありません。

溶連菌は飛沫感染や接触感染で二次感染を起こします。

 

予防法としては、

〇手を洗いましょう

〇うがいをしましょう。

〇マスクを着用しょう。

〇感染者が手にした食品や食器類などは、手や口を介して感染するため、注意しましょう。

があります。

 

家庭で出来る診断方法

風邪かな?と思っても、溶連菌感染症には、風邪のように咳や鼻水は殆ど伴いません。

すぐに病院で診察を受けることが大切です。

 

日頃から体調管理に注意し、早期に対応できるように心がけましょう。

 

家庭でできる治療方法は?

発熱によって脱水症状がおきないように、十分な水分の補給をおこないます。

喉が痛く、食べれないときも、水分をしっかりと摂ります。

炭酸飲料は、炭酸が喉を刺激するので、避けましょう。

 

また、食事では、熱すぎるもの、冷たすぎるもの、辛いもの、酸っぱいものなど、喉を刺激する食品は避けます。

お粥やうどん、豆腐、ヨーグルトなど、口当たりの良いものや消化しやすいものを選びましょう。

 

衛生面としては、熱が下がれば、シャワーや入浴が可能です。

発疹がでているときは、身体を温めると痒みが強くなるので、短時間で切り上げましょう。

 

その他、発疹は痒みを生じるので、寝ている間でも無意識に皮膚を掻いてしまいます。

爪を切って肌を傷めないように心掛けてください。

 

また、前述でお話しした通り、溶連菌感染症は合併症を引き起こしやすい疾病です。

処方された薬は、正しくきちんと飲みましょう。

 

症状が治まっても医師の指示があるまで、薬を途中で止めてしまってはいけません。

 

感染者の兄弟姉妹がいる場合は、症状が出ていなくても一緒に検査を受けることが望ましいです。

家族内で感染する可能性は25%~50%と、溶連菌は非常に高い確率を示しています。

 

溶連菌の潜伏期間・感染期間

溶連菌の感染経路は、感染者の咳やくしゃみ、唾などの飛沫によって感染する飛沫感染や、感染者が触れたものに接触し、その菌が口に入ることによって感染する経口感染です。

感染力は、発症し始めた頃が最も強く、抗生剤を服用して約1日経てば、感染力が殆どなくなります。

 

病院での診断とお薬

小児の場合は小児科、大人の場合は、内科または耳鼻咽喉科で診察を受けましょう。

 

視診

発熱の度合いや喉の赤み、体幹や手足の発疹などを観察し、溶連菌の感染が疑われるときには、確定するための検査をおこないます。

 

検査

喉の粘膜から細菌をとって判定します。

10分前後で結果が得られますから、早期治療が可能になります。

スポンサードリンク


溶連菌の治療と投薬

溶連菌感染症と診断されると、菌に有効な抗生物質が投薬されます。

抗生物質は熱や喉の痛みの症状を緩和します。

 

基本的には、薬を飲んで1日経過すれば、溶連菌の感染力は殆どなくなります。

抗生物質を内服すると、たいてい2~3日で熱が下がり、喉の痛みも和らぎます。

発疹が出ていた場合は、手足の指先から皮がむけ始めます。

 

溶連菌は確実に除去しなければ、合併症を引き起こすので、症状が解消された後も10日~14日くらいは、お薬を飲み続ける必要があります。

 

以前は、溶連菌感染の治療にはペニシリン系抗生物質(サワシリン、ビクシリン等)を10日間服用するというやり方が一般的でした。

しかし、ペニシリンは下痢の副作用が比較的多いなどの問題点もあり、さらにペニシリン系よりも多くの種類の菌に強い抗菌力を有し、下痢の副作用も少ないセフェム系抗生物質(フロモックス、メイアクト等)が最近では用いられております。
main
また、セフェム系抗生物質はペニシリン系抗生物質よりも短い期間(5日間程度)の服用で除菌できるとされることから、最近の小児科ではフロモックス、メイアクトが処方されることが多くなりました。

 

溶連菌の再検査と診断

溶連菌感染症の症状が解消した後に、腎炎を発症することがあります。

これは、抗生物質をきちんと最後まで飲まず、キレイに除菌できなかった場合に発症するケースが多く報告されています。

 

抗生物質など医者に処方された薬は、容量用法を守って最後まで飲みきるようにしましょう。

確実に菌が排除されているかどうか、溶連菌に感染してから4週間後に尿検査をおこないます。

 

血尿や蛋白尿がないか確認します。

この結果、何もなければ、「完治」と診断されます。

 

溶連菌にかかったらいつから出席、出勤できる?

学校保健安全法では、溶連菌感染症は第3種感染症に位置づけられています。

抗生物質を内服してから1日経つと感染力がほとんどなくなるため、薬を飲み始めてから2日が経過し、症状が改善していれば、登校ができます。

しかし、発疹が見られる場合は、発疹が消えるまで自宅で安静にしていましょう。

 

まとめ

溶連菌では、一見、症状がおさまったようにみえたとしても、自分の判断で薬を飲むのをやめてはいけません。

医師の指示に従い、きちんと薬を飲み切りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ