溶連菌の薬は?大人と子供はメイアクト?フロモックス?サワシリン?

images 溶連菌感染症は主として5歳から15歳までの子どもに
多くみられますが、ときには大人も溶連菌に感染してしまう
ことがあります。

 

溶連菌感染症は、グラム陽性球菌の一つ

「化膿レンサ球菌」

による感染症です。

 

溶連菌に対するワクチンはありませんが、抗生物質の効果が
極めて高いので、治療には抗生剤が用いられます。

スポンサードリンク




溶連菌感染症に罹った場合、主に

ペニシリン系の「サワシリン」、

セフェム系の「メイアクト」「フロモックス」

などの抗生剤が用いられます。

 

基本的に、大人も子供も、1日3~4回、食後に服用します。

用量は、年齢や症状、体重によって違います。

 

これらの抗生剤は、殺菌と同時に、腸内細菌にまで影響を
及ぼして、下痢を引き起こすことがあります。

そのため、抗生剤とともに整腸剤が処方されることが多いです。

 

溶連菌感染症に効果を発揮する3つの薬

サワシリン(ペニシリン系)

サワシリンの効果
サワシリンは、ペニシリン系の抗生物質です。

グラム陽性菌に対して優れた効果を発揮します。

 

咽頭炎気管支炎扁桃炎など、比較的軽い感染症に対して
用いられることが多いです。

 

かつて、ペニシリン系の薬でアレルギー症状の経験をもつ人は、
服用禁止になります。

 

サワシリンは、カプセルや錠剤、細粒など、色々な種類が
揃っているため、からだの状態に合わせて選ぶことができます。

小児の場合、ドライシロップがあります。

適量の水で溶かすと、飲みやすくなります。

 
サワシリンの副作用
サワシリンを服用すると、

下痢や腹痛、

発疹、

掻痒、

発熱、

嘔気、

嘔吐、

食欲不振、

味覚異常

などの症状を引き起こすことがあります。

 
ペニシリン・ショック
ペニシリンが引き起こす重篤なアレルギー症状を

ペニシリン・ショック

といいます。

 

確率的には数万人に1人程度です。

ペニシリンによってアレルギー症状を引き起こした
経験のある人は、必ず医師に告げておくことが必要です。

 
ペニシリン・ショックの症状例
〇蕁麻疹 

〇目の痒み 

〇頻脈 

〇低血圧 

〇喉頭浮腫 

〇気道閉塞 

〇気管支喘息 

〇アナフィラキシー・ショック 

など

 

これらの症状は、たいていの場合、服用後1時間以内に
起こります。

アナフィラキシー・ショックを引き起こすと、急激に血圧が
降下し、呼吸困難に陥り、意識不明に陥ることがあります。

 

アナフィラキシーショックについては、下記の記事を
参考にしてください。

「アナフィラキシーショックの原因とは?症状と治療を知って対応しよう!」

スポンサードリンク


メイアクト(セフェム系)

メイアクトの効果
メイアクトは、セフェム系の抗生物質です。

 

グラム陽性菌、グラム陰性菌など多くの「細菌」に有効な薬です。

副作用も少なく安全性が高い抗生物質です。

 

アレルギー症状を起こす可能性も、ペニシリン系に比べると
低いです。

ただし、過去にセフェム系の薬でアレルギー症状の経験を
もつ人は服用禁止です。

 

メイアクトは錠剤です。

嚥下が困難な高齢者など、錠剤が服用しにくい場合は、
大人の用量に準じた小児用顆粒が用いられます。

小児用には、ドライシロップがあります。

適量の水で溶かすと、飲みやすくなります。

 
メイアクトの副作用
メイアクトを服用すると、下痢、嘔気、発疹、肝機能異常などの
症状を引き起こすことがあります。

 

メイアクトを長期服用するときは、注意が必要です。

乳幼児は低カルニチン血症を引き起こす可能性があります。

大人の場合、極めて稀ですが、副作用として腎不全大腸炎などを
発症することがあります。

 

メイアクトについては、下記で効果と副作用を詳しく説明しています。

是非参照してください。

「溶連菌感染の治療薬メイアクトの効果は?大人や子供への副作用は?」

 

フロモックス(セフェム系)

フロモックスの効果
フロモックスは、セフェム系の抗生物質です。

 

グラム陽性菌、グラム陰性菌など多くの「細菌」に有効な薬です。

喉の痛みや発熱を伴う風邪の症状にも適応します。

副作用も少なく安全性が高い抗生物質です。

 

アレルギーショックを起こす可能性も、ペニシリン系に比べると
低いです。

ただし、過去にセフェム系の薬でアレルギー症状の経験を
もつ人は服用禁止です。

 

大人用フロモックスは錠剤、小児用フロモックスは顆粒です。

フロモックス顆粒を潰したり、溶かしたりすると苦みが
生じますから、そのままの状態で服用します。

 

顆粒の服用が困難な場合は、ジュースや牛乳に混ぜて、
速やかに服用することが必須です。

時間が経過すると医薬品の作用が低下してしまいます。

 
フロモックスの副作用
フロモックスを服用すると、下痢、発疹、発赤、紅斑、掻痒、
発熱、腫脹、関節痛、嘔気、胃痛などの症状を引き起こすことが
あります。

 

フロモックスはメイアクトと同様、乳幼児が長期間服用すると、
低カルニチン血症を引き起こすことがありますから、
注意が必要です。

 

フモロックスについては、下記で詳しく説明しています。

是非参照してください。

「溶連菌にフロモックス!治療薬の効果と大人や子供の副作用は?」

 

途中で止めてはいけない抗生剤!

抗生剤を服用して2~3日経つと、激しかった症状が緩和され、
からだは随分と楽になります。

しかし、自己判断で抗生剤の服用を途中で止めてしまうと、
再び症状が激しくなってしまうことがあります。

 

また、菌が体内に残っていると、数週間後に、突然
リウマチ熱や腎炎などの合併症に襲われてしまうことも
あります。

 

抗生剤の服用を始めたら、1週間から10日程度、医師の
指示どおり、飲み続けることが大切です。

 

新世代の抗生剤は、服用期間が短縮されていると
いわれています。

しかし、症状や他の薬との併用など、様々な状態を
考慮した上で、医師が期間を判断しますから、必ず
医師の指示に従って服用しましょう。

 

まとめ

ちょっとした知識だけで「薬」を扱ってしまうと、
後で大慌て・・・の危険性があります。

治療法や薬の処方は医師の指示に従いましょう。

医師と患者は信頼関係が重要です。

 

ちょっとした不安事項も、医師に質問し、納得してから
治療を受けることがお勧めです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ