歯周病の予防と治療!症状と治療の費用は?

images 歯周病は、歯を支えている歯肉や歯槽などの組織の病気です。

 

歯周病は、生活習慣病の一つにあげられています。

 

日本人の約8割が歯周病を患っているといわれています。

スポンサードリンク




歯磨きを徹底化することで、予防したり進行を抑えたりすることは
できますが、相当進行している場合は、専門医の治療が
必要となります。

 

歯周病は、自覚症状がなく進行するので、気が付いたときには
重症化していることが少なくありません。

 

歯周病と虫歯の違い

歯を失う原因のほとんどは、

「歯周病」

または

「虫歯」

だといわれています。

 

歯周病は、歯を支えている歯ぐき(歯肉)や歯ぐきの下の歯を
支えている(歯槽骨)に炎症が起こる、つまり
「歯の周りの組織」が侵される疾患です。

 

虫歯は、虫歯菌が放出する酸によって歯が溶かされ、
歯に穴が空いてしまう、つまり「歯」に起こる疾患です。

 

虫歯になると、痛みを伴いますが、歯周病は殆ど
痛みがありません。

 

歯周病の原因

歯周病は、「不十分な歯磨き」が最大の原因です。

 

歯磨き

歯周病の原因は、歯垢に含まれている細菌の感染です。

つまり歯磨きが不十分なために起こります。

 

喫煙

喫煙していると、口の中は細菌が繁殖するのに適した環境を
つくってしまいます。

そのため、たばこを吸っていない人と比べると、数倍、
歯周病にかかりやすいといわれています。

 

糖尿病

糖尿病を併発していると、歯周病の進行が促進してしまいます。

 

かぶせもの

金属製の冠などをかぶせている歯に隙間があると、歯垢が
つきやすく、歯周病の発症率を高めます。

 

歯並び

歯並びが悪くて、歯ブラシが不十分になってしまうと、歯垢が
溜まり、歯周病を発症してしまいます。

 

歯周病の症状

歯周病は、自覚症状がなく進行する疾患です。

歯磨きが不十分だと、歯と歯ぐきの間に歯垢や歯石が溜まります。

 

歯垢には、多くの細菌が含まれています。

細菌は毒素を産生するため、放置していると、歯肉の辺縁が
炎症を起こし、赤く変色し、腫れてきます。

 

炎症が起こっても痛みを伴わないので放置されていることが
多く、そのため長期間にわたって炎症が続き、歯周組織が
少しずつ侵されていきます。

 

そのうちに、歯ぐきが歯の表面から下がり、歯と歯ぐきの間に
隙間ができます。

 

この隙間を歯周ポケットといいます。

 

歯周ポケットは、細菌の繁殖に適した環境です。

 

また、歯垢の中に存在する細菌は、唾液の成分と結合して、
歯石をつくります。

 

歯石ができると、歯周ポケットの更に奥の部分に歯ブラシが
届かなくなり、細菌の繁殖を益々促進させてしまいます。

 

歯周組織が侵されるとともに、細菌の毒素によって歯を
支えている歯槽骨が溶かされて、歯がグラグラとぐらつき
始めます。

 

それでも放置していると、歯ぐきから出血を起こし、
その後、歯が自然に抜け落ちてしまいます。

スポンサードリンク


歯周病予防

歯周病の原因である口の中の細菌を増やさないことが予防に
つながります。

 

つまり、歯磨きをしっかりとおこなうことです。

 

歯の表面だけを磨くのではなく、歯と歯ぐきの間など、
歯ブラシで磨きにくいところをしっかりと磨くことが大切です。

 

また、歯間ブラシなどを利用して、歯と歯の間を掃除しましょう。

 

歯石は歯磨きでは除去することはできません。

歯科でとってもらいましょう。

 

この他、歯周病を予防するには、禁煙することが大切です。

喫煙は、口の中の細菌の繁殖を促進し、歯周病の進行を
早めてしまいます。

 

歯周病の検査と診断

歯周病がどの程度進行しているのかを調べるために、
1本ずつ検査します。

 

・歯周ポケットの深さを計測します。

・細菌感染による炎症がある部位は、出血するため、
歯周病ポケットから出血があるかどうか調べます。

・レントゲン検査をおこない、歯の周りの骨の吸収の程度を調べます。

 

これらの検査をおこなった結果に基づいて、

軽度、

中等度、

重度

の3段階に診断されます。

 

歯周病治療

軽度の治療

治療期間は2ヶ月程度です。

歯石や汚れを除去し、歯磨きをしやすい状態に整えます。

 

治療費の目安では、

保険内の治療で5,000円~10,000円、

保険適用外の治療で10,000円~50,000円程度になります。

 

中等度の治療

治療期間は3ヶ月から1年くらいです。

歯石や汚れを除去します。

必要に応じて歯周外科手術をおこない、状態を整えます。

 

治療費の目安では、

保険内の治療で10,000円~50,000円、

保険適用外の治療で50,000円~500,000円程度になります。

 

重度の治療

治療期間は1年以上を有します。

歯石や汚れを除去します。

残すことが不可能な歯を抜歯し、抜歯した場所には、
義歯を挿入します。

必要に応じて歯周外科手術をおこないます。

 

治療費の目安では、

保険内の治療で30,000円~100,000円、

保険適用外の治療で200,000円~300万円程度になります。

 

歯並びが悪く歯周病の原因となっている場合は、同時に
矯正治療をおこないます。

 

治療で最も大切なことは、

「プラークコントロール」

です。

 

プラークコントロールとは、自分自身で口腔内の管理をすること、
つまり歯垢の除去を確実におこなうことです。

どの段階の治療にも、プラークコントロールの指導が施されます。

 

また、治療が終了した後は、メンテナンス治療
(定期的に歯周ポケット内を消毒する)に変わります。

定期的にメンテナンスすることで、歯周病の進行を予防します。

 

まとめ

歯磨きはしっかりとおこなっているつもりでも、磨き残しが
必ずあります。

「正しい歯の磨き方」を歯科医師に教わり、正しく歯を
磨きましょう。

そして定期的に歯科検診を受けて、チェックしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ