有名人の子供にもいる?アスペルガーや発達障害の幼児や赤ちゃんの特徴は?

main 発達障害とは、

自閉症やアスペルガー症候群、

注意欠陥多動性障害(ADHD)、

学習障害

など社会性に関連する脳機能障害の総称です。

 

発達障害支援法には、

「発達障害は、自閉症、アスペルガー症候群その他広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するものとして政令で定めるもの」

と定義されています。

 

実は、自閉症やアスペルガー症候群、注意欠陥多動性障害、
学習障害など、どの障害も女性より男性のほうが多く
発生しています。

スポンサードリンク



自閉症の特徴は?

自閉症には、

知的障害を伴う自閉症



知能に遅れのない高機能自閉症

があります。

 

現在のところ、自閉症の人の半数以上が知的障害を
伴っています。

 

自閉症は

「社会性、対人関係の質的障害」

「言葉の遅れ」

「コミュニケーション障害」

「パターン化した行動やこだわり」

など、行動的症候群です。

 

アスペルガー症候群の特徴は?

アスペルガー症候群は、言葉の遅れや知的障害を伴いません。

 

「空気を読む行為が苦手」

「日常生活がパターン化する」

「感情の表現が困難」

「他者とのコミュニケーションがとりにくい」

「些細なことにもこだわる」

「考え方が偏っている」

などの特徴がみられます。

 

現在、100人に1人はアスペルガー症候群の障害をもっていると
いわれています。

 

学習障害とは?

学習障害(LD)は、知的発達障害は認められないにもかかわらず、
「読む」「書く」「計算する」など、特定の分野のみ、習得に
困難をきたします。

 

大半は、目から飛び込んでくる情報処理が苦手であると
いわれています。

 

環境的な要因が原因ではなく、中枢神経系の機能障害が
原因ではないかと考えられています。

 

注意欠陥多動性障害(ADHD)とは?

ADHDには、

「不注意(集中力がなく気が散りやすい)」

「多動性(落ち着きがなくじっとしていられない)」

「衝動性(後先を考えず思いつきで行動する)」

といった症状が現れます。

 

注意欠陥多動性障害を抱える人は、それなりに努力をしますが、
改善されることが少なく、人に誤解されたり疎ましく思われたり
するため、社会生活に支障をきたしてしまうことがあります。

スポンサードリンク


生後すぐにはわからない発達障害

発達障害は先天的な脳の機能障害ですが、目に見えてわかる
障害ではないので、生後すぐにはわかりません。

障害によって、診断時期が様々です。

 

自閉症は3歳頃まで、注意欠陥多動性障害は7歳くらいまでに
症状が現れます。

 

アスペルガー症候群は、知的障害や言葉の遅れが伴わないため、
一般の小児と変わりません。

集団から孤立した行動をとったり集中力が欠如していても、
「一人遊びをするおとなしい子」と思われたり、
興味を示すことには驚異的な能力を発揮することがあるので、
「障害」に気づく時期が遅れてしまうことが多々あります。

 

学習障害は、読み書きや計算を学ぶ時期になって、はじめて
障害に気づくことが多いです。

 

注意欠陥多動性障害の場合、不注意や多動性は、乳幼児期には、
殆どの赤ちゃんにみられることなので、注意欠陥多動性障害の
早期における診断は難しいとされています。

 

自閉症やアスペルガー症候群の乳幼児期の特徴

自閉症やアスペルガー症候群の場合、生後6ヶ月以降に
症状が現れてきます。

 

・「全く泣かない」「1人遊びをする」など、おとなしい、手のかからない子どもと感じられる

・「母親と目をあわせようとしない」「動作共鳴がない」

・「人見知りをしない」

 

このような症状に気づいたら、一人で悩まずに医療機関で
受診しましょう。

 

発達障害を抱えた有名人やその子供たち

発達障害を抱えている人といえば、

日本では、

黒柳徹子さんや山下清氏など、

海外では

トム・クルーズ氏やケネディ大統領など、

たいへん有名な人が多々いらっしゃいます。

 

栗原類氏やSEKAI NO OWARIの深瀬氏は、自分が発達障害で
あることを告白しています。

 

ともさかりえさんや辻希さんの子供が発達障害ではないかという
噂も流れています。

 

Appleで有名なスティーブ・ジョブズもアスペルガー症候群
だったのでは?といわれています。

 

これほど多くの人が発達障害を持っていても、人と同じか、
人よりも優れた成果を挙げているのです。

 

まとめ

発達障害であっても、素晴らしい能力を発揮して、世界に
名を上げた人が多くいらっしゃいます。

 

しかし、発達障害の子どもをもつ親は、育児疲労だけでなく、
将来への不安もつのります。

 

「発達障害の人の優れたところを周りの人が認めてあげること」

これが、発達障害の人の社会性を伸ばすステップになるのでは
ないかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ