春の花粉症に効くおすすめの市販薬は?2016年最新ランキング!

main
春の訪れを感じるとウキウキしますね。

しかし花粉症を発症する方は、つらい季節の
到来となります。

 

発症すると辛い花粉症

仕事で忙しい大人は、中々病院へ行く時間を
持つことができませんね。

そのような時にありがたいのが市販薬です。

 

今までは病院の医師が判断して処方されていた医療薬が、
近年では手軽に薬局で購入できるようになりました。

花粉症の症状を緩和する薬にも、医療用と同じ成分の
薬があります。

 

花粉症の薬の主な成分は抗ヒスタミン薬が多いですが、
抗ヒスタミン薬は飲み合わせに注意が必要な薬もあります。

また、自分の持病や薬のアレルギーなど、花粉症の薬の
服用に関係することもあります。

 

安心して市販薬を購入するためには、必ず薬剤師さんに
相談してから薬を決めてください。

 

ここでは忙しい方の役に立てるように、2016年春の花粉症で
活躍しそうな花粉症を緩和する市販薬を紹介します。

スポンサードリンク



2016年春の花粉症に効くおすすめの市販薬

この春の花粉症には、どのような薬が求められるのでしょうか?

2016年春の花粉症に対して、強い味方になってくれそうな
薬をご紹介していきます。、

 

☆おすすめ第1位【アレグラFX】(久光製薬)

アレグラFXに含まれている成分「フェキソフェナジン塩酸塩」は、
世界100カ国で使用されているアレルギー疾患治療剤です。

「フェキソフェナジン塩酸塩」は、日本では2000年に医療として、
2012年に市販薬として発売されるようになりました。

 

アレグラFXは、第二世代抗ヒスタミン剤です。

対象年齢は15歳以上で、15才未満の方は服用できません。

 

嵐の大野さんのCMが印象的ですね。

001

■【アレグラFX】の効果と特徴

・花粉やハウスダストによるアレルギー症状のくしゃみ、鼻水、鼻づまりに優れた効果があります。

・眠くなりにくい鼻炎薬です。

・能力(集中力、判断力、作業能率)の低下を起こしにくいです。

・空腹時にも服用できます。

・口が渇きにくいです。

・1日1錠、1日2回の服用で、効き目が1日続きます。

◆【アレグラFX】の副作用

【主な副作用】

・口の渇き

・便秘

・下痢

・眠気

など

 

【その他の副作用】

・発疹、発赤、痒み、蕁麻疹

・のどの腫れ、瞼の腫れ、口唇の腫れ

・吐き気、嘔吐、腹痛、消化不良、

・頭痛、倦怠感、疲労、めまい、不眠、神経過敏、しびれ、睡眠障害、悪夢

・頻尿、排尿困難

・動悸、味覚異常、浮腫、呼吸困難、血圧上昇、月経異常

など

 

個人によって、重篤な副作用が出る場合もありますので、
副作用については処方を受ける薬局で薬剤師さんに
確認しましょう。

 

また、薬の飲み合わせに注意が必要です。

購入の際には、薬剤師さんに相談してください。

 

参考(最安値): くすりのエンジェル

 

☆おすすめ第2位【アレジオン20】(エスエス製薬)


【第2類医薬品】アレジオン20 12錠入(12日分)

【第2類医薬品】アレジオン20 12錠入(12日分)
価格:1,298円(税込、送料別)


アレジオン20は、医療用と同量のエピナスチン塩酸塩
含んでいる第二世代抗ヒスタミン剤です。

対象年齢は15歳以上で、15歳未満は服用できません。

 

■【アレジオン20】効果と特徴

・1日1回就寝前の服用で、効き目は1日続きます。

・花粉、ハウスダストなどによる鼻アレルギーの症状の鼻水、鼻づまり、くしゃみを緩和します。

・抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用の3つの作用でアレルギー症状をブロックします。

・眠気を起こしにくいです。

 

◆【アレジオン20】の副作用

【主な副作用】

・口の渇き

・便秘

・下痢

・眠気

など

 

【その他の副作用】

・発疹、発赤、腫れ、痒み

・吐き気、嘔吐、口内炎、胃部不快、腹痛、胃もたれ、胃重感、腹部膨満、食欲不振

・頭痛、頭がボーっとする、めまい、不眠、しびれ、幻覚、幻聴、悪夢

・息苦しい、動悸

・頻尿、排尿困難、血尿、蛋白尿

・むくみ、ほてり、味覚異常、月経異常、乳房が大きくなる、痰がからむ、倦怠感、鼻づまり

など

 

個人によって、重篤な副作用が出る場合もありますので、
副作用については処方を受ける薬局で薬剤師さんに
確認してください。

 

また、薬の飲み合わせに注意が必要です。

購入の際には、薬剤師さんに相談してください。

 

参考(最安値):OMドラッグ 

スポンサードリンク


☆おすすめ第3位【ストナリニZ】(佐藤製薬)

ダウンロード
ストナリニZは、医療用成分セチリジン塩酸塩を医療用と
同量配合した鼻炎薬で、第二世代抗ヒスタミン剤です。

浅田真央さんがCMに出演していますね。

c0206758_2112019

対象年齢は15歳以上で、15歳未満は服用できません。

 

■【ストナリニZ】の効果と特徴

・1日1回、1回1錠で症状をしっかり抑えます。

・花粉やハウスダストによるアレルギー症状のくしゃみ、鼻水、鼻づまりを緩和します。

・抗アレルギー作用、抗ヒスタミン作用、抗炎症作用の3つの作用でアレルギー症状を抑えます。

 

◆【ストナリニZ】の副作用

【主な副作用】

・口の渇き

・便秘

・下痢

・眠気

など

 

【その他の副作用】

・発疹、発赤、痒み、かぶれ、水ぶくれ

・吐き気、嘔吐、口内炎、口唇炎、口唇の乾燥、舌の腫れ

・胃痛、胃部不快、腹痛、腹部膨満感、腹部不快感、

・食欲不振、消化不良、食欲亢進

・頭痛、めまい、倦怠感、頭重感、ふらふら感、浮遊感

・不眠、しびれ、幻覚、抑うつ

・興奮、攻撃性

・無力感、知覚異常、意識消失、健忘、自殺願望

・意志に反する体の動き

・動悸、血圧上昇、不整脈、息苦しい、咳

・頻尿、排尿困難、血尿、蛋白尿、尿糖、尿失禁

・むくみ、ほてり、味覚異常、臭覚異常、月経異常、胸痛、耳鳴り

・関節痛、手足のこわばり、鼻出血

・脱毛、体重増加、筋肉痛、発熱

・充血、かすみ、瞼の腫れ、異常な眼球の動き

などが挙げられています。

 

個人によって、重篤な副作用が出る場合もありますので、
副作用については処方を受ける薬局で薬剤師さんに
確認してください。

 

また、薬の飲み合わせに注意が必要です。

購入の際には、薬剤師さんに相談してください。

 

参考:佐藤製薬

市販薬を購入するときの注意

花粉症の市販薬と飲み合わせの悪い薬がありますから、
花粉症の市販薬と他の薬を飲み合わせる場合は薬剤師さんに
必ず相談してください。

 

また、次にあげる方も、薬剤師さんに相談が必要です。

・持病がある方

・薬のアレルギーがある方

・妊娠している方、妊娠の可能性がある方

・高齢者

・喘息やアトピーのある方など

 

上記にあてはまる方は、絶対に自己判断で市販薬を購入、
使用しないようにしましょう。

 

まとめ

病院で処方される薬と同じ成分を同量含んでいる薬を
薬局で購入できることは、仕事で忙しくされている方には
ありがたいですね。

 

しかし!

手軽に医療薬と同じ成分の薬が購入できるようになった分、
注意も必要です。

 

病院では、医師に相談して薬を処方してもらいます。

病院と同成分の薬を購入するのですから、薬局でも薬剤師さんに
相談してから花粉症を緩和する薬を購入してください。

市販薬で改善が見られない時には、長期間に渡って市販薬を
使用せずに病院へ行ってください。

 

病院へ行く時間を取ることが可能であれば、市販薬より
病院で薬の処方を受ける方が金銭的には安いかもしれませんよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ