日射病/熱射病/熱中症の違いとは?原因と症状は?

日射病と熱射病、熱中症の違いってなに?

57cbd68f14620739c55235add32e900b_m
ここ最近では、30℃を超える真夏日や、35℃を超す猛暑日などが増えています。

それにより、日射病や熱射病、熱中症になる人も増加しています。

同じような症状に思えるこの3つの症状について、それぞれの原因と症状、そして予防について紹介します。

スポンサードリンク



強い日差しが原因の「日射病」

日射病の原因

日射病は頭に強い日差しを長時間浴びたときに起こる病気です

全身の倦怠感、吐き気、あくびなどの症状が現れ、やがて頭痛や
意識障害などを起こします。

 

たくさんの汗をかき、カラダの水分が足りなくなり、
心臓へ戻る血液が少なくなってしまった状態(脱水症状)が
原因なのです。

 

日射病の症状

日射病の主な症状は、顔が赤くなって息遣いが荒く、皮膚は
熱を持ち、乾燥した状態で汗が出ません。

同時にめまい、頭痛、吐き気などの症状が出ます。

ひどいときは意識障害になり死亡することもあります。

 

高温多湿の環境下で起こる「熱射病」

熱射病の原因

熱射病とは重度の熱中症です。

高温多湿の環境下で長時間働いたり作業した際に、大量の汗を
かき、体内の塩分や水分が不足し体温をコントロールする脳の
温度調整機能に支障をきたし、重度の意識障害を発症した状態を
言います。

 

意識障害と同時に体温が40度以上まで上昇してしまうにも
関わらず、発汗がなく皮膚が乾燥しているのが「熱中症」との
大きな違いです。

 

熱射病の症状

熱射病の症状は、口が渇き、頭痛、吐き気、全身倦怠感を
起こします。

はじめは著しい汗が出ますが、次第に汗が出なくなり、体温は
上昇し40度以上になり意識障害を起こします。

また、多臓器不全や昏睡状態になります。

スポンサードリンク


暑熱環境下で起こる「熱中症」

熱中症の原因

熱中症とは、暑熱環境下において身体の適応障害により
起こります。

脱水による体温上昇と体温上昇に伴う臓器血流低下と
多臓器不全になります。

 

熱中症の種類としては、軽度~重度の症状で、

①「熱失神」(日射病)

②「熱けいれん」

③「熱疲労」

④「熱射病」

の順になります。

 

熱中症の原因としては、前日より急に温度が上がった日、
温度がそれほど高くなくても多湿であれば起こります。

また涼しいところで作業をしている人が、急に外に出て作業した
場合でも暑さになれないために起こります。

 

熱中症の症状

熱中症は主に

めまい、

失神、

吐き気、

頭痛、

気分が悪くなる、

体温が高くなる、

異常な汗が出る

などの症状があります。

 

「日射病」「 熱射病 」「熱中症」の予防対策

 

対策1 

シーズンを通して暑さに負けない体力づくりを続けましょう。

のどが渇いていなくても水分をこまめに取りましょう。

毎日の生活で程よい塩分の摂取をするように心がけましょう。

バランスの良い食事や十分な睡眠を取り、体調管理を
することで丈夫な体を作りましょう。

 

対策2 

日々の生活の中で、暑さに対する工夫をしましょう。

気温と湿度もいつも気にして、室内を涼しくしましょう。

衣服も工夫して、通気性の良いものや、下着は吸水・速乾性に
優れたものを着用して暑さを調整しましょう。

帽子や日傘で直射日光を避け、冷却グッズなどを利用して
効率よく体を冷やすようにしましょう。

 

対策3 

暑さから体を守る工夫をしましょう。

出掛ける時には、必ず「飲み物」を持ち歩き、すぐに
「水分補給」が出来るようにして、暑さや日差しの下で
活動する時には、こまめな休憩を取るようにしましょう。

スポンサードリンク


まとめ

いずれも暑い日差しの環境に長時間さらされることで
発症しますが、室内でも熱中症になることもあるのでエアコンを
上手に利用して注意しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ