文字が見ずらいのは白内障の症状?原因や治療と緑内障との違い

光がまぶしくて字が見にくい!

高齢になってくると、こんな症状を感じた事はありませんか?

lgf01a201407080000

60代前後から、白内障という言葉を耳にすることが多くなると思います。

白内障は、高齢になると発症する可能性が高く、早ければ40歳から発症し、80歳を過ぎるとほとんどの人が程度の差はあれど白内障の状態であると言われています。


白内障とは、本来なら透明の水晶体が白く濁ってきて、眼の中に入る光の量が減り、見えにくくなる状態を言います。

白内障は、放置せずに治療すれば、基本的には失明まで悪化することはありません。


今回は、この白内障の症状や原因、そして、緑内障との違いについて紹介します。


スポンサードリンク




白内障の症状

白内障とは眼の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまい、眼の中に入ってくる光の量が少なくなってしまう病気です。

白内障になるとテレビの画面が見えにくくなったり、本や新聞などの文字の色が薄く見えて読みづらくなります。

また、陽射しをとても眩しく感じるために瞬きが多くなります。


このような症状が現れて眼がとても疲れやすくなるので、日常生活にも支障をきたすことがあります。


白内障を発症する年齢は60~70代以上の方に多くみられますが、40代の方やもっと若い年齢でも発症することがあります。


白内障の原因

白内障の原因は、加齢によるものが多いですが、紫外線が原因だとも言われています。

また、糖尿病や、アトピー性皮膚炎が原因で発症する人もいて、ステロイド剤などの薬が発症の原因になることもあるようです。


白内障は、水晶体の細胞内のクリスタリンタンパクというタンパク質が異常変質することで水晶体が濁ってしまう状態です。

クリスタリンタンパクは、本来とても小さく、水晶体の働きを阻害することはないのですが、クリスタリンタンパクを構成しているアミノ酸が様々な要因により異常なサイズになり、眼の中に入ってくる光の量が少なくなってしまうのです。

スポンサードリンク



白内障の治療方法

白内障の初期、まだ視力に影響がない場合は、目薬を点眼して白内障の進行を予防します。

ただ、薬はあくまでも予防と進行抑制のためのもので、症状が進行した白内障の治療には手術が必要になります。

日常生活に支障があり、物が二重に見えるなど視力の低下がでてきたら手術での治療を行います。


白内障の手術は、まず濁った水晶体を取り除きます。

そして、取り除いた水晶体の代りに、人工の水晶体(眼内レンズ)を挿入します。

これにより、視力を回復させることが可能です。

手術は、日帰りか1泊2日ほどでできますが、できれば手術になる前に普段の生活から予防したいものですね。


手術の費用としては、

単焦点レンズ:3割の自己負担で5~6万円台、1割の自己負担で1万8千円~2万円台

多焦点眼内レンズ:は片目で30~50万円程度

となっています。


白内障の予防

できれば白内障になる前に予防したいですよね?

手軽にできる予防法として、外出の際には、紫外線を防ぐために、ツバ大きな帽子を被ったりサングラスをして眼を保護しましょう。

また、白内障に悪いと言われている活性酸素を作る添加物の多いレトルト食品やインスタント食品を避け、ビタミンを多く含む食事を摂ることを心がけましょう。


日常の生活で、ちょっと気をつけるだけでも予防につながります。


緑内障との違いは?

白内障と似た名前の病気に、「緑内障」があります。

白内障と緑内障、字だけ見ると似たようなイメージを受けますが、症状は全く違います。


白内障は、水晶体が白く濁る病気です。

きちんと治療を受ければ失明のリスクはほとんどありませんが、水晶体が一度濁ってしまったら元には戻りません。


それに対し、緑内障は眼圧が高くなり視神経がやられ、失明の可能性もある病気です。

白内障は網膜や視神経に異常があるわけではありませんが、緑内障は徐々に視野が欠け、気づかないうちに視野が狭くなります。


スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか?

白内障に限らずどの病気にも言えることですが、悪くなる前に定期的に病院で検査してもらうことはとても大切だと思います。

早い段階で白内障だと診断されたら、日常生活の見直しをしてみてはどうでしょう。


食事の改善、外出の際に目を保護するなど、老化を予防することが、加齢による白内障の予防にもつながります。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ