指の第一関節が痛い!指の使い過ぎが原因?第二関節の場合は?

指の第一関節が痛い!

急な指の関節の痛み、困っちゃいますよね~。

main 中高年期になると、手指の関節に違和感を持つ人が
多くみられます。

ちょうど、更年期に入ったころから、手指の関節が
コブのように腫れ、痛みが生じたり、手指が変形して
曲がってきたりと、気になる症状が現れてきます。

 

こういった症状の原因はなんなのでしょうか?

スポンサードリンク




そのような症状が第1関節(DIP)に発現するのは

「ヘパーデン結節」、

第2関節(PIP)に発現するのは

「ブシャール結節」

です。

 

いずれの疾患も、手指の典型的な「変形性関節症」です。

40歳以上の女性に多くみられます。

 

変形性関節症 結節の原因は?

確実な原因はわかっていません。

遺伝性についても確定的な証明はされていません。

 

「手を酷使している人がなりやすい」

「女性ホルモンに関係している」

のではないかと考えられています。

 

女性の場合、閉経すると、エストロゲン(女性ホルモン)
分泌が激減します。

エストロゲンが激減すると、骨がもろくなったり、腱や関節に
炎症が起こりやすくなります。

 

ホルモンが関与していることから、これらの疾患は、
「更年期障害」の一つの症状だともいわれています。

 

一般的に、指の変形が元に戻ることはありませんが、
結節の痛みは、発症から何年か経過すると和らいでくることが
多いです。

 

ヘパーデン結節の症状は?

一般的には、人差し指、中指、薬指、小指の第1関節
発症します。

ときには、母指にも症状がみられることもあります。

 

指の第1関節の背側がコブのように盛り上がったり、
赤く腫れたりします。

 

指の曲げ伸ばしをするときに、痛みを伴うこともあります。

関節の動きが悪くなるため、手先が鈍くなったり、
強く握ることが出来なくなります。

 

手指が浮腫んだような感じで、物を掴みそこなったりすることも
増えてきます。

また、第1関節のあたりに、ミューカスシスト(水ぶくれの
ようなもの 粘液嚢腫)が現れることもあります。

 

ブシャール結節の症状は?

ブシャール結節は、特に女性ホルモンが関係していることが
多いといわれています。

ブシャール結節を発症する9割の人が女性です。

 

人差し指、中指、薬指、小指の第2関節に発症します。

母指には、第2関節がないため、発現しません。

 

症状は、ヘパーデン結節と同様、関節の部分に腫れや痛みが
生じたり、骨の変形がみられます。

 

ブシャール結節は、指の第2関節に発症するため、物を握ったり
掴んだりするような作業は、ヘパーデン結節に比べて更に
困難になります。

 

ヘパーデン結節やブシャール結節の治療法は?

関節に痛みが生じているときは、出来るだけ手指を休めて
労わることが大切です。

 

治療は主として対症療法です。

痛みを軽減するために、電気治療やテーピングを施したり、
消炎鎮痛剤(塗り薬や貼り薬)が投与されます。

 

急性期のときには、関節内にステロイド注射がおこなわれることも
あります。

 

日常生活にも支障をきたすほど重症化した場合は、関節を
固定したり、人工関節を用いる手術がおこなわれます。

 

他にも指に関連する変形性関節症はあるの?

母指CM関節症も変形性関節症のひとつです。

 

母指の付け根のCM関節の部位が腫れ、押したり捻ったりすると
強い痛みが生じます。

 

母指CM関節症は、使い過ぎや老化によって、関節軟骨が
摩耗してくると腫れが生じ、進行すると亜脱臼をおこして、
母指が変形してしまいます。

スポンサードリンク


第2関節の痛みは要注意!関節リウマチの可能性も・・・

関節リウマチは、「滑膜」の炎症が原因で起こる
自己免疫疾患です。

 

年齢を問わず発症しますが、特に30~40歳代の女性に
多くみられます。

 

関節の痛みや変形だけでなく、微熱や貧血を伴うことも
あります。

 

関節リウマチは、手指の第2、第3関節から発症することが多く、
初期症状としては、朝にからだの強張りがみられます。

 

関節に炎症がおき、痛みを伴い、悪化すると手首や指の関節が
破壊されて、激しく変形してしまいます。

 

手だけに留まらず、膝関節や股関節、足の指にも進行し、
動くことが困難になります。

全身の関節に進行すると、脊髄が圧迫され、手足の麻痺が
起こったり、呼吸困難に陥ることもあります。

 

ヘパーデン結節やブシャール結節と関節リウマチの違いは?

関節リウマチは、ヘパーデン結節やブシャール結節と同じような
初期症状が現れますが、変形性関節症ではありません。

 

「自己免疫疾患」です。

 

ヘパーデン結節やブシャール結節は手指の関節に炎症を
起こしますが、関節リウマチは長い期間をかけて全身の関節に
炎症を起こします。

左右対称に症状が現れるのも、関節リウマチの特徴です。

 

・朝、からだが強張っている時間が30分以上続く

・朝、からだが強張ることが6週間以上継続して起こる

 

このような症状があれば、ヘパーデン結節やブシャール結節では
ありません。

関節リウマチの可能性が高いです。

 

関節リウマチの場合は、早期発見・早期治療が重要です。

 

いずれの疾患も初期症状は酷似しているので、手指に
違和感が出てきたら、早めに医療機関で受診することが
お勧めです。

スポンサードリンク


結節と上手につきあう方法

ヘパーデン結節やブシャール結節になると、指が
節くれだったようになり、見た目が悪くなってしまいます。

指を見るたびに年齢を感じてしまいますが、今まで酷使してきた
手指を今度は優しくケアしてあげましょう。

 

強い痛みが生じているときには、出来るだけ使わないようにして、
安静にしましょう。

痛みが生じていないときには、指をやさしくマッサージして、
血行を促しましょう。

 

からだの冷えには注意してください。

入浴中には、バスタブの中で、手を開いたり(パー)握ったり
(グー)して、指の体操をおこなうと効果的です。

 

まとめ

ヘパーデン結節やブシャール結節になると、「見た目」が
ゴツゴツとした感じで、人前で手を出すことが億劫になって
しまいます。

 

でも、

「今まで頑張って働いた証」

「からだの内部の変化が手指に現れている」

と思えば、酷使した手指も癒してあげたくなるものです。

 

プラス思考で、結節と付き合ってみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ