手足口病の感染が流行期に!症状と予防を確認!

s_photo_00916 2015年も6月に入り、だんだんと暑い日が多くなってきました。

それと共に、手足口病の感染も拡大し、関東地方では
夏季の流行期に入ったものと見て注意を呼びかけています。

スポンサードリンク



手足口病が全国へ感染拡大か?

群馬と栃木では県全体で警報基準値を大きく超え、東京でも
前週と比較して大幅に感染が人がっています。

さらに、大阪・京都でも、手足口病の流行が警報レベルに

達したと、国立感染症研究所も報告しており、過去10年で
一番流行した2011年よりも大きく流行する可能性があると
注意を促しています。

■参考 :国立感染症研究所|IDWR速報データ 2015年第25週

 

手足口病の症状は?大人も感染する?

手足口病は、飛沫感染や、十分に洗っていない手などを
中継して感染を起こします。

 

幼児がかかる病気と思われがちですが、疲労などで抵抗力が
落ちている場合や、これまでに感染したことのないタイプの
ウイルスに感染した場合には大人でも発症します。

また、大人の場合には水疱性丘疹が非常に痛むという
傾向があります。

口の中に発疹ができると水分が取りにくくなるので、
脱水症状を引き起こす可能性もあります。

 

感染する前に予防!

手足口病を引き起こすウィルス群には予防ワクチンも特効薬も
ありません。

そのため、感染する前に予防することが大切です。

 

基本的には、

・手洗いの徹底

・マスクの着用

・他人とタオルやハンカチを共有しない

などの対応が効果的です。

 

特に乳幼児のいるご家庭は、感染に注意し、衛生管理に
注意しましょう。

 

まとめ

手足口病に関しては、下記の記事で詳細な情報をご紹介しています。

是非参考にしていただき、正しい予防と対応を覚えておきましょう。

⇒手足口病の子どもの症状と大人の症状は?

 

手足口病は、稀に髄膜炎など重症化する場合がりますので、
十分注意しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ