急性胃腸炎(細菌性)とは?食中毒の症状や原因は?

B
急性胃腸炎(細菌性)とは、細菌感染により急性に胃腸症状を
主体とする病気です。

 

いわゆる食中毒のことで、

サルモネラ菌、

腸炎ビブリオ菌、

病原性大腸菌

などにより汚染された食べ物や飲料水を摂取したときに
起こる乳幼児や子供もなる病気です。

 

ウイルス性胃腸炎との大きな違いは、夏場に流行することです。

スポンサードリンク



急性胃腸炎(細菌性)の原因

細菌性急性胃腸炎は細菌感染による食中毒が原因となります。

 

細菌の種類により原因となる食品と潜伏期間

細菌の種類原因となる食品潜伏期間
黄色ブドウ球菌おにぎりやサンドイッチ等1~5時間
ボツリヌス菌缶詰・瓶詰やハム・ソーセージ等12~36時間で乳児の感染は特に注意が必要です
腸炎ビブリオ魚介類6~12時間
サルモネラ菌鶏卵や鳥肉等12~48時間
カンピロバクター食肉や井戸水等2~11日
リステリア生チーズやソーセージ等平均3週間
病原性大腸菌生食肉や井戸水等1~5日
ウェルシュ菌カレーやシチュー等8~24時間
セレウス菌チャーハンやオムライス等1~5時間

急性胃腸炎(細菌性)の症状

症状は、ウイルス性急性胃腸炎とほぼ同じです。

吐きけ、

嘔吐、

下痢、

発熱、

頭痛

など。

家族内や学校などの集団発症もありますので要注意です。

 

急性胃腸炎(細菌性)の対処法

嘔吐や下痢の場合は脱水症状に気をつけましょう。

便を調べればすぐに診断がつくので、病院に行くときは
便のついたおむつを持っていくと良いでしょう。

 

原因となっている菌の特定もでき、適切な対処法がわかります。

脱水症の確認として、排尿回数が1日6回以下になったり、
4時間以上排尿がなかったら注意が必要です。

健康な時との体重を比較することも大切です。

また嘔吐が現れたら吐き気止めの坐薬などを使用して
対応しましょう。

 

まとめ

まずは、

「食品の加熱をしっかりおこなう」

「清潔な手で調理をする」

などの基本を忘れないようにしましょう。

これからの夏の季節は特に注意して予防しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ