急なめまいに吐き気の症状も!原因と治療や対処法は?

images 日本では、めまいを患っている人はとても多いと
いわれています。

めまいは命に関わる病気ではありませんが、非常に厄介で
憂鬱な症状を引き起こします。

 

しかし、めまいが起きて、慌てて医療機関で受診しても、
どこにも異常がありませんと診断れることが大半です。

めまいを患う人にとっては、再発したら・・・と悩むばかりです。

 

めまいは、耳の病気だけでなく、様々な原因によって起こります。

一般的には耳鼻科で受診しますが、めまいは循環器病とも
深い関係があるといわれています。

 

めまいに関連する知識を身につけ、対処法をみつけて頂くために、
今回は、めまいの原因や治療法などについてご紹介いたします。

スポンサードリンク



「めまい」とはどんな病気?

めまいには、

「回転性めまい」



「非回転性めまい」

の2つのタイプあります。

 

どちらのめまいにも、吐き気や嘔吐を伴うのが特徴です。

 

「回転性めまい」とは?

「回転性めまい」は、自分自身、または自分の周囲がグルグルと
回転するようなめまいです。

回転の大半は、水平方向に回りますが、ときには、血の気が
下がるときのように、垂直方向に回ることもあります。

 

回転性めまいは、突然症状が現れ、一定期間を過ぎれば、症状は
完全に消失してしまいます。

 

「非回転性めまい」とは?

「非回転性めまい」は、フラフラして、足が宙に
浮いたようなめまいです。

回転性めまいと同様、突然に症状が現れ、一定期間持続します。

 

ところが、非回転性めまいの場合は、一定期間を過ぎても、
フラフラした感じが何か月も続いてしまうことがあります。

 

めまいが起こる原因は?

めまいの原因は、「耳」「眼」「首」「脳」に異常がある場合や、
極度な血圧低下、うつ状態などがあげられます。

 

私たちのからだは、

「耳(三半規管など)」

「目(視力)」

「末梢感覚器(手足の筋や関節など)」

などの器官が協力しあい、脳に情報が送られることで、
バランスが保たれています。

 

ところが、何らかの原因で、これらの器官のいずれかに障害が
生じると、めまいを引き起こすといわれています。

妊娠中などは貧血が原因でめまいが生じたり、血圧が変動しやすい
更年期には、血圧の変動に伴ってめまいがおこることもあります。

 

肩こりなど首の過緊張が続くと、めまいを誘発しますし、左右の
視力が極度に違ったり、不眠もめまいの原因のひとつに
あげられます。

 

ときには、

高血圧症

高脂血症

糖尿病

心臓病

脳卒中

などの病気と関係してめまいが起こることもあるので
要注意です。

スポンサードリンク


病院でのめまいの検査は?

めまいの治療は、脳に異常をきたしていないかどうか
確認することが第1条件です。

医師による詳しい問診がおこなわれ、症状にあった検査が
おこなわれます。

 

脳に疑いがある場合は、血管造影やCT検査をおこないますが、
一般的には、

血液検査

血圧検査

レントゲン検査(耳や首)

内耳の検査

平衡感覚や眼振の検査

温度刺激検査

重心動揺検査

などがおこなわれます。

 

そして、検査によって診断が確定すると治療が始まります。

 

めまいにはどんな治療をするの?

難聴や耳鳴りなどの耳の病気

高血圧や糖尿病など内科の病気

脳卒中など脳の病気

などがある場合には、めまいの原因となる病気を治すことが
先決になります。

 

特に、持病がなくめまいを患っている人のほとんどは、
首のコリや痛みを生じているといわれています。

 

その場合は、首のコリに対する治療が施されます。

(医師による)頸部マッサージ、筋肉弛緩剤や安定剤などの
投薬によって、症状の改善を図ります。

めまいが再発したときのために、抗めまい薬や精神安定剤などが
投与されることもあります。

 

いずれにしても、まずは原因となる病気を見つけることが
重要になります。

 

めまいの対処法は?

めまいの原因が首の過緊張の場合は、

鍼灸

整体

ヨガ

ストレッチ体操

漢方薬

などの療法がお勧めです。

 

からだの歪みを整え、枕の高さなどにも注意し、喫煙は
控えるなど、生活習慣にも気を付けることが大切です。

咬み合わせ(咬合不全)もめまいを引き起こす原因の一つです。

この場合は、歯科検診をすることが必須です。

 

まとめ

めまいを起こしている本人は、大変つらい思いをしているにも
関わらず、いざ病院へいっても異常が見つからず・・・という
事象が多々あります。

 

しかし、めまいの原因は、生活習慣にあることも・・・です。

首や肩が常に凝っている人は、まずその改善から始めてみては
いかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ