後悔しない高齢出産のためにリスクを知る!ダウン症・障害の確率は?

main いざ子どもが欲しいと思っても、なかなか授からない・・・など、
不妊治療に励む人も少なくありません。

妊活しているにも関わらず生理がやってきたときのショック、
どうして出来ないの?と自分を責めるなど、自分自身の年齢や
不妊に対する焦りに駆られている人も多くみられます。

 

確かに、35歳を過ぎ、年齢を重ねるごとに、妊娠や
出産においてのリスクが高まります。

ただそれは確率であって、健常児が生まれないというわけでは
ありません。

 

しかし、もし、先天性の異常をもった子供を授かった場合は、

「産む」のかそれとも「人工中絶」をしてしまうのか、

極めて苦しい選択をしなくてはなりません。

スポンサードリンク



後悔しないための高齢妊娠・出産とは?夫婦で気持ちを一つに!

高齢妊娠・出産には、他にも

「妊娠高血圧症候群」

など、母体に対するリスクも高まります。

※関連記事

「妊娠高血圧症候群の原因と症状!食事や産後に注意すること!」

 

しかし、やはり一番は

「ダウン症候群」

が最も気になるところです。

 

経産婦だから高齢でもリスクは背負わないということも
ありません。

初産でも経産であっても、高齢妊娠・出産に対するリスクは
変わりません。

 

高齢の場合は、後悔しないためにも

「様々なリスクを夫婦で熟知すること」

「もしもリスクを背負ったときの対応を夫婦で話し合っておく」

など、夫婦単位でしっかりと将来を見極めてから、妊活を
することがお勧めです。

 

高齢妊娠・出産はなぜ「ダウン症候群」のリスクが高い?

高齢妊娠や出産におけるリスクは、「ダウン症候群」だけでは
ありません。

 

妊娠しにくかったり、ダウン症候群以外の先天異常や病気、
高齢高血圧症候群など母体にかかる疾患まで様々なリスクの
確率が高くなってしまいます。

 

なぜ、高齢妊娠や出産にはリスクがつきものなのでしょうか?

それは「卵子の老化」が大きな原因となっています。

 

原子卵胞は、人の成長とともにつくりだされるものでは
ありません。

原子卵胞は胎児の頃に形成され、卵巣にずっと保存されて
います。

いわば、その人の誕生とその人の原子卵胞の誕生は
同時期なのです。

 

生理が始まる思春期には、およそ30万個の原子卵胞が
存在しています。

排卵のたびに、保存されている原子卵胞が300個程度用意され、
その中の1個が排卵されます。

 

つまり、1度の排卵で、1個の原子卵胞がなくなるのではなく、
用意された原子卵胞すべてが失われるので、排卵のたびに、
保存されている原子卵胞の数はどんどんと減少していきます。

 

35歳を過ぎてくると、排卵のために用意される原始卵胞の数が
100個程度に、40歳を迎えるころには、50個程度になってしまう
そうです。

 

ただ、原子卵胞の数の減少だけが、リスクの原因ではありません。

その人が年を重ねるごとに、原子卵胞も同じように年を
とっていくわけですから、原子卵胞の老化は避けては
とおれません。

 

原子卵胞の減少や老化、損傷は、不妊につながったり、
流産・早産を誘発したり、ときには、ダウン症などの
染色体異常や先天性の奇形を引き起こす要因になると
考えられています。

 

ダウン症候群とはどんな病気?

ダウン症候群は、染色体異常による疾患の中で、
最も多い病気です。

染色体の数は、常染色体や44本(22対)と
性染色体2本の計46本です。

 

常染色体は同形・同大のものが2本ずつペアになっています。

そして、長さの順に1番から22番まで番号がつけられています。

 

これらの染色体は「半分は父親から」「半分は母親から」
受け継ぎます。

 

ダウン症候群の場合、21番目の染色体が3本存在します。

そのため、生まれてきた赤ちゃんはダウン症特有の顔だちが
みられ、精神発達の遅れが生じます。

 

現在のところ、遺伝子性疾患における根本的な治療はなく、
対症療法(症状にあった処置)がおこなわれています。

ダウン症の人の平均寿命は約50歳といわれています。

スポンサードリンク


高齢妊娠によるダウン症の確率は?

若い妊婦さんだから胎児がダウン症にならないとは限りませんし、
高齢だからといって、ダウン症の赤ちゃんが出来るということ
でもありません。

 

日本では、800人から1000人に1人の割合でダウン症の赤ちゃんが
生まれています。

ダウン症の赤ちゃんが生まれてくる確率は、30歳前後でおよそ
1000人に1人の割合です。

 

ところが、

35歳になると約400人に1人、

40歳では約100人に1人、

45歳では、30人に1人

とダウン症の赤ちゃんが生まれてくる確率が急激に
上がっていきます。

 

「不妊治療が原因で染色体異常が起こったのでは?」と
言われがちですが、そうではありません。

不妊治療を受けている人の年齢は高齢のことが多く、
やはり「卵子の老化」が大きな要因となっています。

 

賛否両論!出生前診断を希望する人は多い?

出生前診断は、自費扱いです。

何万円から何十万円という費用がかかります。

 

しかし、高齢妊娠には不安がつきものなので、出生前診断を
受ける人も少なくありません。

 

出生前診断には、

「超音波検査」

「羊水検査」

「絨毛検査」

「母体血清マーカーテスト」

などがあります。

 

妊娠9週から22週頃までに検査がおこなわれます。

 

これらの検査によって、胎児の染色体異常や奇形、病気などの
有無がわかります。

 

2013年には

「新出生前診断(無侵襲的出生前遺伝学的検査)」

という新しい検査が認可されています。

NIPTとも呼ばれています。

 

従来の検査は安定した結果が得られますが、穿刺などで稀に
流産を誘発してしまう危険性がありましたが、新出生前診断は、
母体から血液を採取するだけで胎児の染色体異常を調べることが
できるので、母体にも胎児にも負荷なく安全に検査することが
できます。

 

新出生前診断では、遺伝子の13番、18番、21番染色体の濃度を
分析し、

「13トリソミー」

「18トリソミー」

「21トリソミー(21番目の染色体が3本。ダウン症候群)」

の可能性の有無を調べます。

 

約90%の確率で胎児の先天性異常を発見することができます。

 

高齢出産は帝王切開が安心?

一般的に、問題がなければ経膣分娩といわれていますが、
妊婦さんが自ら「帝王切開」を希望したり、ドクターから
「帝王切開」を勧められることが多々あります。

 

陣痛や分娩には相当な体力が必要です。

高齢妊娠は「早産」のリスクも高いです。

 

母体も胎児も良好な状態で出産することが望ましいので、
妊娠中の経過を熟知しているドクターと相談しながら、
分娩の方法を選ぶことがお勧めです。

 

まとめ もし障害児だったら?答えのない不安・・・

出生前診断は、倫理的な観点から賛否両論です。

やっと授かった赤ちゃんが「障害児」とわかったときには、
天国から地獄に突き落とされたような気持にかられてしまいます。

それでも産んで育てるのか、それとも「人工中絶」するほうが
子供にとっても幸せなのだろうか・・・と、悩む人もいます。

 

ダウン症候群の子どもを、「天使のような子供」と
例えている人もあります。

ダウン症候群だからといって、悲観することばかりでは
ありません。

障害によって問題も多く生じますが、子どもから
教えられることも多いようです。

 

出生前診断で「陽性」と判明したとき、

「それは、お腹の赤ちゃんが親に与えた最初の問題」

だと考えてみましょう。

赤ちゃんがどうしたらいいの?と親に問いかけているのです。

 

妊娠したら、お腹の赤ちゃんも家族なのです。

夫婦で話し合い、お腹の赤ちゃんの親として赤ちゃんの
方向性を決めてあげることが最適な方法ではないかと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ