常位胎盤早期剥離の症状と原因は?治療と予防について

ninpu 早期剥離(早剥)は、産科疾患の中では、超緊急状態となる
代表的なものなのです。

発症の確率は高くありませんが、発症すると怖い病気なのです。

スポンサードリンク



早期剥離(早剥)とは

赤ちゃんは胎盤を通じて栄養や酸素をもらっています。

その胎盤は通常、分娩後15分から30分で自然に子宮から
剥がれて外に出てくるものです。

 

ところが何らかの原因で、まだお腹にいるうちに胎盤が
子宮から剥がれてしまうことをいいます。

 

原因の一つに胎盤の形成不全が指摘されます。

胎盤の形成不全とは妊娠高血圧症候群、胎児発達遅延とも
密接な関係があるそうです。

胎盤が剥がれることで胎児への血流が急激に減少する以外に、
剥がれた部分から悪影響のある物質が子宮内や母体の
血液内に入り、血液が固まりにくくなる状態(DIC)を
引き起こすのです。

DICにより出血多量によるショックや肝臓腎臓などの障害を
起こします。

ひどくなると胎児だけではなく、回復不能となった子宮の
摘出が必要になったり、母子死亡も起こりえます。

 

早期剥離(早剥)はどんな時に起こる?

原因や発生を完全に予想することは不可能な状態です。

胎盤の形成不全とは妊娠高血圧症候群、胎児発達遅延急に
剥離が始まり、急速に進行し、腹痛などの症状が現れた時には
重症化していることもあります。

スポンサードリンク


原因となる因子

① 妊娠高血圧症候群または、慢性的な高血圧

② 胎児奇形や子宮内胎児発育遅延

③ 絨毛羊膜炎

④ 腎炎、パセドー病、子宮筋腫などの合併症

⑤ 常位胎盤早期剥離の既往

⑥ 喫煙

⑦ 腹部への外的刺激

 

早期剥離(早剥)の主な症状と特徴は?

症状としては、剥離の程度にもよりますが、

出血、

下腹部痛、

子宮圧痛、

子宮硬直

などが見られます。

その後腹痛が強くなり、子宮内の出血の増加に伴い、子宮は
板状に硬直し、子宮内胎児死亡、ショック症状が現れてきます。

急に剥離が始まり、急速に進行し、腹痛などの症状が
現れた時には重症化していることもあります。

陣痛は腹痛の強弱がありますが、突然の持続的な強い腹痛が
早期剥離の特徴です。

 

早期剥離(早剥)の治療方法と予防法は?

治療法としては、軽症以外は緊急に胎児を娩出することが
必要になるため、緊急帝王切開になります。

子宮の止血が難しいことも多いので、母体の命を救うために
子宮摘出手術を行うケースもあります。

 

予防方法としては、

妊婦健診をきちんと受けること、

喫煙をしない、

血圧管理をする、

外的刺激を受けた時は適切な観察を受けること、

などです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ