帯状疱疹の原因と痛みとかゆみの症状と治療!薬は市販薬?

main 帯状疱疹とは、「水ぼうそう」を起こす

「水痘帯状疱疹ウイルス」

が再活性化することで生じる感染症です。

 

加齢やストレスかによって免疫が低下しているときに
痛みを伴う発疹ができます。

スポンサードリンク




「水痘帯状疱疹ウイルス」は、初回感染では
「水ぼうそう」になり、ウイルスが再活性化すると
帯状疱疹になります。

通常、初回感染後何年も経ってから生じます。

 

帯状疱疹の症状

初期症状

初期症状としては、まず痛みやかゆみといった前触れが
あることが多いようです。

 

特に痛いわけでなく、

ピリピリ、チクチクとした感じ

腕や胸部、脇の下がヒリヒリして日焼けのような感覚

背中に沿って痛みがある

など、熱もなく、体に発疹のようなものもない状態なのです。

 

後期症状

後期症状としては、神経痛のような痛みが起こり、4,5日後に
同部位に虫に刺されたような赤い発疹ができ、水疱に変わります。

その後膿疱、痂皮となり約3週間で治ります。

 

痛みは、全くないものや、夜も眠れないような激しい痛みなど
様々ですが、一般的に高齢者は激しく、発疹が治っても半年から
数年以上痛みが続くことがあります。

 

これを帯状疱疹後神経痛といいます。

 

また、再発については、一度帯状疱疹になれば抗体が
強くなるので、再発はしないと言われています。

 

帯状疱疹の原因

帯状疱疹の原因は、子どもの頃に一度はなったことのある
「水ぼうそう」を引き起こすウイルス

「水疱・帯状疱疹ウイルスVZV」

です。

 

水ぼうそうは一度かかると免疫ができ、二度とかかることは
ないとされています。

しかし、免疫が水ぼうそうのウイルスを退治しても、
ウイルスの一部は免疫に見つからない遺伝子の形で
神経節に潜伏し続けるのです。

 

ストレスや疲労、病気、けが、免疫抑制剤の使用、加齢による
免疫低下になると、潜伏していたウイルスが増殖を繰り返します。

ウイルスは神経細胞を傷つけながら皮膚に達し、痛みを
伴いながら身体の左右のどちらかに帯状にあらわれるのです。

これが帯状疱疹なのです。

スポンサードリンク


帯状疱疹の感染経路

感染経路は接触感染が主です。

しかしほとんどは移ることはありません。

ただし「水ぼうそう」にかかっていない方は移る可能性が
あります。

 

特に妊婦さんは気を付けて下さい。

妊婦さんが帯状疱疹に接触伝染してしまうと、胎児にも
影響することがあります。

また、うつる期間は、薄着になる春から夏にかけてが多いと
されています。

 

帯状疱疹の治療法

帯状疱疹の治療法は、皮膚科で診察を受けることが第一です。

抗ウイルス剤の内服、点滴、軟膏薬の湿布で治療します。

 

治療は、ウイルスの増加を制すること、皮膚の炎症を抑えること、
痛みを抑えることの3つといいます。

できるだけ早期に皮膚科を受診し、抗ウイルス薬を
処方してもらいましょう。

内服から3日後に効果が現れます。

 

帯状疱疹の薬は?「バルトレックス」は?

帯状疱疹は症状も様々なのですが、痛みが酷いときに

「バルトレックス」

が処方されることが多いです。

 

この薬は金額がなんと8000円以上もします。

またジェネリック医薬品を通販で購入すれば半額で
購入もできます。

 

また、痛みがひどい場合は、麻酔科にペインクリニックを
併設している病院で、神経ブロックと呼ばれる、痛みの
原因となる神経を麻酔で鎮静する治療法が効果的だと
言われています。

 

軽い症状であれば、市販の鎮痛薬(アセトアミノフェン)を
服用したり、クリーム剤(カプサイシンなど)を塗る以外に、
特に治療は必要ありません。

 

まとめ

帯状疱疹が発症するのは、疲れやストレスなどにより、体の
抵抗力が下がっていることが原因です。

そうなる前に、栄養や睡眠を十分にとり、健康的な生活を
心がけましょう。

また、痛みがある場合は、冷やすとかえって強くなるので、
できるだけ温めるようにするとよいでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ