左の腰が痛い原因は?どんな病気の可能性があるの?

main 『腰痛持ち』と言う言葉は日常でよく耳にしますが、
一口に腰痛と言っても、腰痛の原因にはさまざまなものが
あります。

 

筋力の衰え

疲労

普段の姿勢

の他、内臓の病気が原因で、腰が痛くなることもあるそうです。

 

内臓の病気が原因で腰の痛みが出るときは、腰の右側だけ
痛かったり、左側だけ痛むことがあります。

 

腰痛には湿布などで対応されている方も多いと思いますが、
もし痛みが内臓からくるものだとしたら怖いですね。

 

腰の片側だけが痛む原因には、どんな病気があるのか。

今回は左側の腰の痛みにスポットをあてて見ていこうと
思います。

スポンサードリンク



左側の腰に痛みがある原因

左側の腰に痛みが出るときの原因は、大きく見ると
3つの原因に分けられます。

 

・体の歪み

・神経が関係する痛み

・内臓の病気

 

これらの3つの原因のいずれかがあると考えられます。

 

それでは、それぞれの内容を確認してみましょう。

 
体の歪み
日常の姿勢の悪さや日常の動作のクセで、体の左右の
バランスが崩れ、身体の歪みができて腰に痛みがでます。

左側に歪みがでた場合、左側の腰に痛みがでます。

 
神経が関係する痛み
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、腰椎分離症など、
神経症状を伴う病気には腰の痛みも出ます。

左側の腰の神経を圧迫すると左側の腰に痛みを感じます。

 
内臓の病気
内臓に病気を患っている場合、何もせずに楽にしている時も、
安静にしている時にも、腰に痛みを感じます。

 

たかが腰痛と放置することが危険な原因は、この
内臓の病気の可能性があるためです。

 

左側の腰が痛くなる病気

腰の片側だけ出る痛みには、左右にでるものと、片方だけに
出るものがあるようです。

 

左側だけに痛みがでるもの、左と右に痛みが出るものと、
両方の病気を紹介します。

スポンサードリンク


左側に腰の痛みが現れる病気

膵炎(すいえん)
沈黙の臓器と呼ばれている『膵臓』

この膵臓が炎症を起こすと、発熱や倦怠感と一緒に
左の腰の痛みが起こります。

 

膵炎を患った時の腰の痛みは、左側のみ見られるようです。

 
膵臓がん
膵臓に発生するがんで、左側の腰に強い痛みを感じます。

 
胃潰瘍、十二指腸潰瘍
左側の腰から左側の背中に痛みを感じます。

食事中や食後にも痛みます。

 

左側にも右側にも、腰の痛みが現れる病気

腎臓病
左側の腎臓に炎症(腎盂腎炎、腎炎、腎臓がん)がある場合、
左側の腰に痛みを感じます。

 
尿管結石
血尿や発熱、嘔吐の症状と一緒に左側に激しい腰の痛みが
あります。

 
子宮内膜症、子宮筋腫
左側に発症すると左側に腰の痛みがでます。

 
椎間板ヘルニア
髄骨が飛び出す方向が左側の腰の神経を圧泊すると、
腰の左側に痛みがでます。

 
骨粗しょう症
骨がスカスカになって、骨折し腰痛がでることがあります。

 
便秘
便が腸の詰まっている状況が長引くと、腰のあたりの血液の
循環が悪くなって身体が冷え、腰に痛みがでることがあります。

 

まとめ

年中腰痛がある人ほど、腰痛にも怖い病気が潜んでいることに
気がつかないかもしれませんね。

 

痛みが腰の片方に出る

安静にしていても痛みが治まらない

夜眠れないほどの痛みが起きる

 

こんな症状があるなら、早急に病院へ行き診察をうけましょう。

もしかしたら、怖い病気が隠れているかもしれませんよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ