子宮頸がんを起こすHPV(ヒトパピローマウイルス)感染症!予防接種の時期は?

main 日本で使用されている子宮癌などの
HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症
予防するワクチンは、

サーバリックス(2価ワクチン)



ガーダシル(4価ワクチン)

の2種類があります。

HPV(ヒトパピローマウイルス)感染症は、子宮頸がんなどを
起こすため、女性に接種します。

スポンサードリンク




ワクチンの種類

*不活化ワクチン

*定期接種

*予防する感染症

サーバリックス(2価ワクチン)

1. 子宮癌などを起こすヒトパピローマウイルス感染症

 

ガーダシル(4価ワクチン)

1. 子宮癌などを起こすヒトパピローマウイルス感染症

2. 尖圭コンジローマなどを起こすヒトパピローマウイルス感染症

 

サーバリックス、ガーダシルのいずれのワクチンも、ワクチンに
含まれているタイプのヒトパピローマウイルス感染症を防ぎ、
子宮癌などの発病を予防します。

子宮癌を引き起こすウイルスには多くの型があり、できる免疫が
弱いので、一度だけでなく何回かかかることもあります。

ワクチンの種類によって、効果のあるウイルスの型が異なり、
予防できるHPV(ヒトパピローマウイルス感染症)が
異なります。

 

サーバリックス(2価ワクチン)は、子宮癌の原因となる
2つの型に効果があります。

ガーダシル(4価ワクチン)は、尖圭コンジローマの原因となる
ウイルスが二つ追加され、4つの型に効果があります。

両ワクチン共に、効果は20年くらい続くと予想されており、
追加接種は不要と考えられています。

ワクチンに含まれていない型のウイルスによる子宮頸癌も
ありますので、ワクチン接種と平行して、20歳を
過ぎたら必ず検診を受けて下さい。

スポンサードリンク


接種時期と接種回数

推奨年齢は小学6年生~高校1年生相当の女性です。

ワクチン接種時期スケジュール
サーバリックス(2価ワクチン)中学1年生1回目
初回の1ヶ月後2回目
3回目
ガーダシル(4価ワクチン)中学1年生1回目
初回の2ヶ月後2回目
初回の6ヶ月後3回目


ワクチンの種類によってスケジュールと成分が異なりますので、
初回に接種したワクチンと同じ種類のワクチンを、必要回数
受けることが大切です。

※推奨年齢以上の女性でも、感染を予防する上でワクチンの
接種は有効です。

詳しくは、産婦人科医とご相談下さい。

※このワクチンを接種しても、すべての子宮癌を予防できる
わけではありませんので、ワクチンを接種していても
安心せずに子宮癌検診を受けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ