子供の花粉症にはアレロック!薬の効果と眠気などの副作用は?

子供の花粉症は年々増え続けています。

身近でも、花粉症に悩まされている子供を見かけることが多いのではないでしょうか?

main


花粉症を発症すると、くしゃみの連発、鼻水や鼻づまりなどで睡眠不足になり、集中力が無くなってしまいますね。

 

花粉症の症状を緩和するには、花粉症対策を行うことや花粉症対策グッズを使用することも有効です。

しかし、やはり病院で診断を受け、薬を処方してもらうことが花粉症を緩和する一番の近道です。


花粉症の治療薬の中でも、特に有名なのが「アレロック」という薬です。

今回は、この「アレロック」について、薬の効果や副作用をみて見たいと思います。

スポンサードリンク



花粉症の治療薬「アレロック」

病院で処方される花粉症の薬には様々なものがあります。

その中で、近年子供にも広く普及している花粉症の薬が「アレロック」です。

 

実は、「アレロック」は花粉症の薬の中でも効き目が強い薬とされています。

子供にそんなに強い薬を飲ませて大丈夫なのか?

心配になりますよね。


今回は、そんな心配が少しでも減るように、「アレロック」について詳しく見て生きたいと思います。


アレロックの効果は?

main

花粉症の治療薬として有名な「アレロック」は、子供にもよく処方される花粉症の薬でもあります。

まずは、「アレロック」の効果から見てみましょう。

 

【アレロックの効果①】花粉症に対して効果が強い

アレロックは病院で処方される花粉症の薬の中でも、花粉症に対して効果が強いと言われています。

ただし、効果が強い分、副作用として眠気も強く出ます。


薬を飲んだらすぐ休めるような、眠気を気にせずにすぐに効果を得たいときには対応が可能な薬です。

 

【アレロックの効果②】くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状が出る花粉症などのアレルギー性鼻炎を緩和

体験談でよく聞くのは、花粉症などのアレルギー性鼻炎の症状である、

くしゃみ

鼻水

鼻づまり

の解消です。

 

特に鼻づまりに効果があると言われており、鼻づまりで悩んでいる方には朗報ですね。

ただし、薬の効き目には個人差がありますので、あくまでも参考ということにしてください。

 

【アレロックの効果③】 花粉症以外にも幅広く使用

アレロックの効果は花粉症だけではありません。

実は、蕁麻疹や皮膚の痒みにも使われる薬です。

アレロックの作用が、外界からの皮膚への刺激物質をシャットアウトしてくれます。

 

【アレロックの効果④】花粉症の予防薬

花粉症の季節が来る前から服用を開始して、アレルギー反応の症状を抑制することが可能です。

眠気については改善もされているようですが、花粉症の薬は効果と眠気が比例します。

眠気が出ても差し障りがない場合は、効果を実感できる薬です。

スポンサードリンク



アレロックの副作用

main

アレロックを子供が服用した場合に聞かれる主な副作用として、

・眠気

・頭痛

・吐き気

などが報告されています。

 

特に眠気の副作用は強くでるそうですので、昼間に眠気が出て困る場合は、医師に相談して薬を変更してもらいましょう。

 

また、この他にも気をつけたい副作用としては、

・皮膚や白目が黄色っぽくなる黄疸

・発疹

などの副作用も報告されています。

 

子供の様子に異常が見られたら、すぐに病院へ行き、医師に相談してください。

なお、個人によって、重大な副作用が出る場合もあります。

そのため、副作用については処方を受ける薬局で薬剤師さんにしっかりと確認してください。


アレロックの重大な副作用

アレロックとインターネットで検索すると、2011年にアレロックを内服された方が劇症肝炎で2名亡くなられたと言う記事を目にします。

このような事故は滅多にないことなので心配はいらないと言われています。

 

しかし、そうは言われても実際の使用者からすれば不安ですよね。


少しでも不安を解消できるように、病院を受診の際には、子供が持っているアレルギーや持病について医師に詳しく伝えてください。

子供に飲ませる薬は、親も安心して飲ませることができる薬を処方してもらいたいですね。

 

薬の飲み合わせ

アレロックと飲み合わせの悪い薬品名は、特に挙げられていません。

しかし、抗ヒスタミン薬の副作用として挙げられている「眠気」や「頭痛」

この副作用と同じ副作用が出る薬や、抗ヒスタミン作用がかぶる薬の併用は避けた方よいとされています。

 

薬の飲み合わせについては、薬を処方してもらう薬局の薬剤師さんに相談すると確実に分かり安心できます。

スポンサードリンク


まとめ

いかがでしたか?

今回は、花粉症の治療薬「アレロック」の効果や副作用についてご紹介しました。


眠気が強く出るアレロックですが、子供の花粉症の症状のなかで多く見られる鼻づまりに効くと言う体験談が聞かれます。

子供のライフスタイルに合わせて、眠気と効果のどちらを主にして薬を処方してもらうかを決めるといいかもしれません。

 

薬には副作用は付き物ですので、薬について心配な副作用のことも医師に質問して納得のいく処方をしてもらいましょう。

安心できる薬の服用と花粉対策や花粉対策グッズで、花粉の季節を乗り越えたいですね。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ