子供の発疹や熱は溶連菌感染症の初期症状?風邪との違いと合併症について

子供の急な発熱や発疹!これって溶連菌感染症?



子供が感染する溶連菌には、どんな初期症状があるのでしょうか?


子供がのどの痛み訴えているとき、大抵の場合はウイルスや細菌に感染したための喉に炎症を起こしていることが原因です。

特にウイルスによって炎症を引き起こしている場合が多いのですが、注意が必要な感染症として溶連菌感染症が挙げられます。


溶連菌感染症はその名の通り“溶連菌”と呼ばれる細菌が原因で引き起こされる病気です。

子供に感染することが多いと言われている溶連菌感染症。

今回は、この溶連菌感染症について、風邪との違いや初期症状を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



溶連菌感染症とは

溶連菌感染症、溶連菌が喉に感染することで発症する病気の総称です。

一般的に、溶連菌といえば、「A群β溶血性連鎖球菌」のことを示します。


溶連菌感染症は、主に初春から初夏にかけて流行し、幼児や学童を中心に好発します。

飛沫(咳やくしゃみによる)感染や経口(手などを介して口中に入る)感染などの経路をたどります。


溶連菌(A群β溶血性連鎖球菌)は、赤ちゃんに感染することは比較的少ないといわれています。

また、感染しても、軽症で済むことが多いようです。


溶連菌感染症の症状としては、溶連菌が喉に感染すると2~5日の潜伏期間を経て、突然発症することがほとんどです。

溶連菌感染症にかかると、最初は「のど風邪」のようなのどの痛みなどの症状がみられます。


しかし、間もなく溶連菌感染症の特徴である「イチゴ舌」と呼ばれる症状が現れます。

そのため、初心者のママでも発見しやすい感染症だと言われています。


実は、溶連菌には様々な種類が存在しています。

そのため、一度罹っても終生免疫を獲得できるわけではないので、何度も感染することがあります。


また、多くの幼児や学童が経験する病気だと安易に考えることはNGです

溶連菌に感染すると、リウマチ熱などの合併症を引き起こすこともあるので、抗生物質を服用する必要性があります。

合併症を回避するためにも速やかに医療機関で受診し、完治させることが大切です。

スポンサードリンク


溶連菌感染症の初期症状

溶連菌は、主として喉に感染します。

潜伏期間後、突然に喉が赤く腫れて炎症を起こし、強い喉の痛み扁桃炎を生じます。

首のリンパ節が腫れることもあります。


また、39℃前後の発熱の症状を伴うことが多くみられます。

この他にも、嘔吐や頭痛、筋肉痛や関節痛などの症状が現れることもあります。


これらの症状は、一見すると風邪と同じような症状のため、判断に迷う場合もありますので注意が必要です。

溶連菌感染症と風邪の症状の違い

上述のように、溶連菌感染症の初期症状としては、風邪の症状に似ていると言われています。

しかし、これらの風邪のような症状に引き続いて、首や胸のあたりや手足に赤く細かい発疹が現れます。

この発疹は、ときには全身に拡がることもあります。

また、この発疹の多くは、痒みを伴います。

これが風邪と溶連菌感染症の違いのひとつです。


風邪と溶連菌感染症の違いとしては、感染初期には白くなっていた舌が3~4日経つと赤く腫れてきます。

いわゆる、「イチゴ舌(イチゴのように赤いブツブツができる)」の症状が現れます。


このイチゴ舌は、溶連菌感染症の特徴的な症状です。

多くの場合、このイチゴ舌の症状によって判断することが一般的です。

溶連菌感染症の治療について



溶連菌感染症は「細菌」の感染なので、一般的な風邪のように安静にしているだけで自然治癒することはありません。

そのため、医療機関において治療が必要となります。


まず、医療機関に受診すると溶連菌の確認検査が行われます。

その検査により、溶連菌に感染していることが判明すれば、抗生物質が投与されます。

大抵の場合は、抗生物質を飲み始めて3~4日で症状は治まり、回復に向かいます。


しかし、溶連菌感染症では合併症に注意する必要があります。

そのため、合併症を引き起こさないように、最低10日間くらいは抗生物質を飲み続ける必要があります。

自己判断で薬を中止することなく、医師の指示に従って溶連菌感染症を完治させることが大切です。


溶連菌感染症の合併症

溶連菌感染症で注意が必要な合併症。

溶連菌感染症によって引き起こされる合併症によって、どのような病気が引き起こされるのでしょう?

今回は、溶連菌感染症が原因とされている代表的な合併症を見ていきたいと思います。

中耳炎
中耳炎は、菌が中耳に感染して炎症を起こします。

中耳炎になると耳の痛みや耳だれなどの症状が現れます。

気管支炎
菌が気管支に感染したことで炎症し、咳や痰などの症状があらわれます。

リンパ節炎
喉などのリンパ節に菌が感染して炎症が起こります。

リンパ節に炎症がおこると、痛みや腫れの症状が現れます。

副鼻腔炎
いわゆる蓄膿と呼ばれる症状で、副鼻腔と呼ばれる部位に炎症が起こり、鼻水や鼻づまり、酷い場合は頭痛などの症状が現れます。


上記の他にも重症化すると、下記のような重篤な合併症を引き起こす可能性があります。

急性腎炎(急性糸球体腎炎)
腎臓に炎症が起こることで発症します。

溶連菌感染症の症状が治まってから1~2週間後くらいに発症することが多いと言われています。

尿に血が混じり、むくみや高血圧などの症状が現れます。

リウマチ熱
リウマチ熱は、炎症などが原因で心臓の弁への血流が悪くなり、心臓の動きに支障をきたす可能性があります。


この他にもさまざまな合併症を発症する可能性がありますので、溶連菌に感染した場合は症状が治まっても十分注意が必要です。

予備知識として知っておきたいB群溶連菌

溶連菌にはいくつもの種類があり、その中の一つに「B群溶連菌」があります。

「B群溶連菌」は、上記のA群溶連菌とは全く別物です。

これは膣の中に存在する常在菌で、10人に1人の妊婦さんが保菌しているといわれています。

分娩時に感染が予防できれば、生まれてくる赤ちゃんには全く影響はありません。

感染してしまった場合、生まれてきた赤ちゃんは「新生児GBS感染症」になります。


しかし、感染したからといって、全ての赤ちゃんが発症するわけではありません。

発症確率は1%以下と言われています。


発症しても、最初は

「お乳の飲みが悪い」

「なんとなく元気がない」

など、A型溶連菌のように特徴的な症状はありません。


ところが、一瞬のうちに肺炎や敗血症、髄膜炎など重篤な病気に進行します。

発症後の死亡確率は25~50%と高く、救命ができたとしても後遺症が残る可能性があります。

赤ちゃんが「新生児GBS感染症」の場合は、十分な注意が必要です。

スポンサードリンク


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、溶連菌感染症の初期症状と風邪との違い、そして合併症についてご紹介しました。


溶連菌感染症の特徴であるイチゴ舌になっているのを見つけたら、すぐに病院で診察を受けましょう。

感染症は、早期発見、早期治療がとても大切です。

そのうち治るだろうと甘くみないように心がけましょう。


赤ちゃん、は生後間もなくはお母さんから受け継いだ「感染症に対する抵抗力」を持ち合わせています。

しかし、生後半年を過ぎると、免疫も消失してしまうため、様々な感染症にかかりやすくなります。

感染症の中には、急激に悪化してしまう病気もあります。


赤ちゃんや幼児のちょっとした変化に気づいてあげることができるのはお母さんだけです。

そのためにも、何でも相談のできる「小児科のホームドクター」を決めておくと安心ですよ。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ