子供の水疱瘡の症状とかゆみやかさぶたの対処方法

main
水疱瘡は、主に子供の見られる病気です。

水疱瘡は「水痘帯状疱疹ウイルス」というウイルスによる感染症で10歳までには約90%の人がかかると言われています。

以前には4~5歳児が最もかかりやすいとされていましたが、最近では働くお母さんが増えて、低年齢から保育園などを利用するため、水疱瘡にかかりやすい年齢も低年齢化し、1~2歳児が最もかかりやすい年齢となっています。

 

水疱瘡は全身に赤い発疹ができるので、親は心配になります。

アトピー性皮膚炎や皮膚に疾患があるお子さんをお持ちの方は、なおさら心配ですね。

今回は、そんな心配を軽くするために水疱瘡について学んでいきましょう。

スポンサードリンク



水疱瘡の感染経路と感染力

2
水疱瘡は、

・くしゃみや咳による「飛沫感染」

・空気中に漂っているウイルスを吸い込むことによる「空気感染」

・手などについたウイルスが口に入ることなどで感染する「接触感染」

この3つの感染経路により感染します。

 

水疱瘡に感染してしまうおそれがある期間は、まだ発疹が目に見えない「発疹が現れる1~2日前」から、「水ぶくれが全てかさぶたになるまで」とされています。

空気感染で感染してしまう程の強い感染力ですから、保育園や幼稚園、小学校などの子供が密接する場では集団感染が起こります。

 

水疱瘡の症状

それでは、実際に水疱瘡がかさぶたふになるまでの症状を見ていきましょう。

基本的には、3~5日経つと、熱もおちつき、水疱もかさぶたになります。

全ての水疱がかさぶたになるまで、10~14日かかります。

 

■水疱瘡の初期症状

水疱瘡に感染してからの初期症状は

・発熱

・軽い頭痛

・食欲の低下

などから始まり、水疱瘡特有の発疹は1日から2日は現れないことが多いです。

 

■水疱瘡の発疹の特徴

感染から1日~2日経つと、小さく赤い発疹が全身に現れます。

 

水疱瘡の発疹には特徴があり、

・最初は赤くて小さい発疹は、強い痒みのある水ぶくれになります。

・赤くて痒みの強い水ぶくれは、3日間くらい次々にできます。

・水ぶくれは3~5日ほどで、かさぶたになります。

と言われています。

 

3~5日でかさぶたになるのですが、水ぶくれが次々にできるために、全てが「かさぶた」になるまでには平均で1週間くらいかかることが多いです。

水ぶくれは、非常に強い痒みを生じるため、無意識に掻いてしまいがちですので、爪を短く切っておきましょう。

かさぶたを無理に掻きむしったりすると、皮膚に傷ができてしまい、化膿して傷跡が残ってしまうこともあります。

スポンサードリンク


水疱瘡の治療方法

水疱瘡かもしれない?と疑ったら、早めに病院へ行って治療を始める事が大事になります。

水疱瘡の感染経路のなかに「空気感染」がありますので、病院へ行く前に「水疱瘡かもしれない」と言うことを電話で伝えてください。

 

病院によって、何らかの指示があると思いますので、それに従って病院へ行きましょう。

水疱瘡は、内服薬軟膏などの塗り薬で治療を進めます。

 

■水疱瘡の内服薬

48時間以内に抗ウイルス薬を服用すると、発疹や水泡が軽く済むことがあることから、抗ウイルス薬の

「アシタロビル」

「バラシクロビル」

が処方されることがあります。

 

水泡をかきむしった場合、細菌で化膿することがあるので、抗生物質が処方されることもあります。

 

■塗り薬

痒みを軽減してかきむしりを防止するために

・抗ヒスタミン剤の軟膏

・カチリ(フェノール亜鉛華リニメント)という白くてドロリとした塗り薬

上記のような塗り薬が処方されます。

 

塗り薬を塗るときには、綿棒などを使って直接手に触れることがないように薬を塗りましょう。

スポンサードリンク


かゆみやかさぶたの対処方法

Attractive naked woman's body part. Scratching her back. Closeup.

水疱瘡のかゆみやかさぶたの対処方法を見ていきましょう。

 

・処方された薬は飲み、軟膏をなどの塗り薬を指示通り塗る。

・水ぶくれをかきむしらないように、爪は短く切っておく。

・赤ちゃんなどは、ミトンをつけてあげるとよいでしょう。

・室温が高いと体が温まって痒みが強くなるので、室温は少し低めにする。

・湯船にはつからないようにして、シャワーをかける時は水ぶくれを破かないように気をつけながら流す。

・汗をかいたら、こまめに下着を変える。

 

水疱瘡が化膿しないように気をつけながら、ケアしましょう。

また、水痘・帯状疱疹ウイルスは25℃以上で死滅するとされていますので、使用した食器類を熱湯消毒することも大切です。


まとめ

水疱瘡は空気からも感染する感染力の強い病気です。

感染してしまったら早めの治療を開始して、外出を避けることが他の人への感染を防ぎます。

 

また、水疱瘡を防ぐには、水疱瘡の予防接種が効果がありますので、予防接種を受けて感染を防ぎましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ