子供の急な発熱!高熱の原因は突発性発疹?症状は?

子供の急な発熱は突発性発疹かも?

62d9154a3e8e306d58ed0f34bec754e0_m
突発性発疹とは、乳児、特に生後4~5か月から1才くらいまでに
かかることが多い病気です。

風邪の症状とよく似ています。

スポンサードリンク



突発性発疹の症状は?

39度ほどの高い熱が出て、数日続きます。

また、熱が下がった後に身体のあちこちに小さく、赤い
ぽつぽつとした発疹が広がります。

頭のてっぺんのある大泉門が膨らんだり、首筋などのリンパが
腫れたりすることもあります。

 

軽い場合は、熱が出ても、ミルクをよく飲んだり、機嫌が良い、
ということが多いようです。

重い場合には、まれに熱性けいれんや、脳炎や脳症、
劇症肝炎といった、重篤な病気を合併することもあります。

 

3~4日程度で熱は徐々に下がり始め、それと入れ替わりのように
小さな淡紅色の発疹が胸やおなか、背中を中心に現れます。

この発疹は、通常2~3日、長くても4日程度で自然と消えます。

 

突発性発疹の原因

突発性発疹とは、ヒトヘルペスウィルスというウィルスに
感染して起こります。

ヘルペスウイルスには、6型7型の2つの種類があります。

どちらにも感染することもあります。

 

突発性発疹の感染経路

突発性発疹の感染経路は、

経口感染

飛沫感染

と考えられています。

 

しかし、はっきりしたことは現在分かっていません。

 

かかりやすい時期・季節は?

突発性発疹は通年を通してかかります。

赤ちゃんは産まれる時に、お母さんから抗体をもらいます。

その抗体のおかげで、生後半年ほどは、熱を出すことは
ほとんどありません。

 

そのため、抗体が薄れる6ヶ月前後が、もっとも突発性発疹に
かかりやすい時期だと考えられています。

スポンサードリンク


突発性発疹の予防方法は?

特別な予防方法はありません。

また、ヒトヘルペウウィルスに効く薬というのも
まだありません。

ヒトヘルペスウイルス6型・7型には抗ウイルス剤がないため、
予防接種などによる予防はできません。

そのため、基本的には対症療法になります。

 

家庭で出来る診断方法は?

風邪を引いた時の症状、咳や鼻水の症状がないのに38度を超える
高熱が数日続く場合は、突発性発疹が疑われます。

赤ちゃんのはじめての高熱であるケースが多く、

生後半年から12ヶ月程度で、熱は高熱なのに比較的元気

と言った特徴があります。

 

家庭で出来る治療方法は?

治療法というのはありませんので、特に合併症がなければ、
家で安静にさせておきます。

高熱が出て、辛そうな時には、解熱剤を与えることもありますが、
時間が経つとまた熱がでます。

熱が続きますので、水分はこまめに取らせるようにしましょう。

下痢をすることもありますので、赤ちゃん向けのイオン飲料を
飲ませることもお勧めです。

スポンサードリンク


まとめ

突発性発疹の治療では、なによりも安静にすることが
大切です。

水分補給もこまめにしましょう。

もし熱が40度を超える場合は、アセトアミノフェンなどの
解熱剤も使用する場合もあります。

また、高熱時に熱性けいれんを起こす場合もあります。

基本的には5分以内におさまりますが、もし長時間続く
ようであれば、かかりつけの病院で受診しましょう。

熱性けいれんについては、下記の記事で紹介しています。

「熱性けいれんの原因と対処法!後遺症は?てんかんとの違いは?」

参考にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ