子供の夏バテ!下痢や頭痛・吐き気の症状に注意!対策は?

ダウンロード 気温35℃と人間の体温に近い温度になる夏!

自分で体調管理ができる大人でも、夏バテになってしまうことが
あります。

夏本番で楽しいことがいっぱいの子供たち。

暑い中でも元気に遊んでいますよね。

 

しかし、体調管理が自分で上手にできない子供は、
急激にに体調が悪くなることがあり心配です。

子供の体調が急変した時に適切な処置ができるように、
夏バテについての知識を身につけておきましょう。

スポンサードリンク


夏バテの症状とは?どんな病気?

人間の身体は、一定の体温を保とうとする働きがあります。

暑い時には汗をかくことで、熱を身体の外へ出します。

とても暑い夏には、体温調節が何度も繰り返されてたくさんの
エネルギーを消費します。

エネルギーがたくさん消費しすぎてしまうと体調に変化が
現れます。

 

夏バテの主な症状

夏バテの主な症状としては、

・疲労感がある  

・身体がだるい 

・やる気が出ない 

・睡眠が不足している

・食欲がない  

・下痢  

・便秘  

・頭痛  

・吐き気や嘔吐  

・めまいや立ちくらみ

などがあります。

 

子供の夏バテの症状も同じですが、症状のなかでも

下痢、

頭痛、

吐き気

の症状がでる子供が多いようです。

 

夏バテによる子供の下痢、吐き気、頭痛の症状

下痢は腹痛を訴える。水っぽい便が出る。

トイレへ行く回数が増える。

吐き気は、子供の顔色や様子から察知することができると
思います。

 

頭痛は、お話ができる幼児以上の子供は頭が痛いことを親に
伝えることができます。

しかし、赤ちゃんは頭痛をお話で伝えることはできません。

赤ちゃんの頭痛のサインは、泣くことです。

赤ちゃんの頭を動かしたときに激しく泣くことがあったら、
頭痛や吐き気などの症状を疑いましょう。

 

子供の病状は急激に変化することがあるので、いつもと違う
様子に気がついたら、早めに病院へ行きましょう。

 

夏バテの原因は?

夏バテの原因には、大きな3つの原因があります。

 

・自律神経の働きが乱れる

冷房が効いた室内と外との温度差に身体がついていけず、
エネルギーの消費量が多くなり、自律神経の働きが乱れます。

 

・胃腸機能の低下

夏になると冷たくてのど越しがいい麺類や、冷たい飲み物、
アイスなどを食べることが多くなり、胃が冷やされて働きが
低下します。

 

・水分不足

夏は、1日に2リットルから3リットルの汗をかいていると
言われています。

汗が出ることによて身体の中の水分が減るので、汗によって
体外に放出されていた体内の熱がこもってしまい、頭痛や下痢、
嘔吐をひきおこします。

体温調節機能が十分でない子供は、暑い夏に大量の汗を
出すことによって体温調節がついていけずに、自律神経が
乱れて夏バテをおこすようです。

スポンサードリンク


夏バテになりやすい時期

夏バテにかかりやすい時期は、一番暑い8月と思われていますが、
8月だけでなく、夏が始まる前の6月半ばから夏が終わる
9月中旬まで夏バテの症状が出ます。

 

夏バテの治療方法

病院では、夏バテと診断がついたら、患者さんの症状に応じて
治療を行います。

 

嘔吐や下痢で脱水症状がある時や、食欲がなくて栄養が
摂れていない時にはミネラルを点滴します。

 

栄養不足で、体のだるさや疲労感がある時には、ビタミン類の
処方があります。

夏バテを取り除く為の生活指導もあるようです。

 

家庭でできる夏バテ予防と対策

夏バテを防止、解消するために家庭でできる対策を実践して
みましょう。

 

・食事

しっかりとバランスよく食べる。

 

・水分補給

冷たい水をガブガブ飲むと、胃腸を一気に冷やし胃腸の機能が
低下してしまいます。

できれば温かい飲み物を飲むようにしましょう。

消化促進があるハーブティーなどもいいかもしれませんね。

子供の場合は、体のなかの水分量が少ないので、こまめに
水分補給をしてください。

 

・室温調整

夏バテの最大の原因とも言われているのが温度差です。

外と室内の温度差は5度以内にすると良いと言われています。

あまりにも外の気温が高いときには、温度差5度にするのは
無理なので、室内にいる人が快適に過ごせる温度に冷房の
温度調整をしましょう。

湿度が高いときは、ドライ機能を使って除湿をしてください。

 

・睡眠

体力を回復させたい睡眠時間に眠れないのは辛いですよね。

クーラーがあるお宅は、クーラーの風向きが直接
当たらないようにする、ドライ機能を使って除湿をするなど、
クーラーを上手に使って、快適な睡眠時間を得ましょう。

最近では、『ひんやりシート』や『ひんやりマット』などの
アイテムが注目されています。

ただ、布団に置くだけで快適に眠れるようですよ。

 

まとめ

夏バテというと大人がなるもの!というイメージが
強かったですが、クーラーなどの生活便利用品が普及してきた
今の世の中では、夏バテが子供に増加してきているそうです。

子供に多い夏バテの症状の下痢・頭痛・嘔吐は、熱中症などの
他の病気と症状が似ているものがあるので、症状に気がついたら
早めに病院を受診して適切な処置をしてもらいましょう。

まずは、自分でできる夏バテ予防と対策をやってみましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ