妊婦はいつから花粉症の市販薬が飲める?花粉症対策は?

「妊娠したら花粉症の薬って飲めないの?」

今まで市販薬などを飲んでいた妊婦さんは心配になりますよね?

main-2


近年、花粉症は増加傾向にあり、10人に1人か2人の割合で症状が現れています。

花粉症患者さんが妊娠すると、つわりに加えて、不快な症状が更に1つ増えてしまいます。

 

特に、薬を服用して症状を抑えている人にとっては、妊娠中の過ごし方がとても不安です。

 

だからといって、安易に薬を服用することはできません。

また、妊娠に気づかず薬を服用してしまった人は、なおさら心配です。

 

そこで今回は、花粉症に悩む妊婦さんのために、妊娠中の薬の服用や 花粉症対策について、詳しく説明します。

スポンサードリンク



妊娠に気づかずに市販薬を服用!胎児への影響は?

maon

妊娠に気づかずに、花粉症の薬を服用していた場合、胎児への影響が心配です。

 

花粉症の薬には、抗ヒスタミン剤などが含まれていますが、妊娠4週より前であれば、胎児への影響はありません。

 

一般的に、市販薬は作用が穏やかです。

 

薬の用法を守り、短期間の服用であれば、妊娠4週を少しくらい過ぎていたとしても、まず心配はありません。

 

しかし、妊娠が発覚した時点で、薬の服用は中止です。

そして、医師に服用した薬や使用期間などを詳しく伝え、今後の指示を仰ぎましょう。

 

花粉症薬はいつから飲めるの?

花粉症の薬が服用できるようになるのは、妊娠中期~後期正確には妊娠15週を超えてからです。

 

妊娠初期(妊娠15週まで)は、お腹の赤ちゃんは器官形成がおこなわれる時期にあたります。

そのため、薬を服用しないほうが安全でだといわれています。

 

妊娠15週を超えると、薬を服用することができます。

但し、花粉症の症状を耐えることによって他に影響を及ぼす可能性がある場合のみです。

 

自己判断で市販薬を服用することはNGです。

必ず、医師に相談し、医師の処方による薬を服用しましょう。

 

花粉症薬の服用による胎児への影響は?

花粉症の症状が非常に重く、妊婦さんの負担が大きいと判断された場合はお薬が処方されます。

 

処方されるのは、

ポララミン錠

アレグラ錠

クラリチン錠

などの花粉症に適応する内服薬です。

 

ポララミン錠

抗ヒスタミン作用を有しているポララミン錠は、歴史の古い薬です。

アレルギーを起こす物質の働きを抑える効果があります。

主に、蕁麻疹,皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)、アレルギー性鼻炎や血管運動性鼻炎のほか、感冒など上気道炎に伴うくしゃみ・鼻汁などの治療に用いられます。

 

アレグラ錠とクラリチン錠

アレグラ錠やクラリチン錠は、第2世代抗ヒスタミン薬です。

どちらも同様に眠気が出にくいとされています。

アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症)に伴う痒みに対して効果があります。

 

これらのお薬は、胎児に対して比較的安全だといわれています。

用法を守り、医師の指示どおりに服用しましょう。

スポンサードリンク


妊娠中の花粉症対策は?

main

医師にお薬を処方してもらっても、多くの人は、服用することに抵抗をもってしまいます。

もしも赤ちゃんに影響したら、と一抹の不安が残ってしまうからです。

 

お腹の赤ちゃんには、最高の環境を整えておきたいものです。

不快な症状に耐えきれるのであれば、お薬を飲まないに越したことはありません。

 

まずは、お薬に頼る前に、花粉症対策をおこなってみましょう。

 

□室内対策

・部屋には空気清浄機を設置

部屋にいるときには、空気清浄器を活用します。

空気清浄器は、花粉症の症状を軽減する効果があります。

 

・掃除するときにはマスクを装着

掃除し始めると、床に落ちていた花粉が再び舞い上がります。

マスクを装着して、徹底的に花粉を除去しましょう。

 

□外出対策

・マスクやメガネの装着

外出時には、必ずマスクやメガネを装着します。

マスクは、自分の顔に密着するサイズを選びましょう。

メガネは花粉症専用のメガネ型ゴーグルがお勧めです。

外見上はカッコいいものではありませんが、身を護ることが
肝要です。

 

・花粉情報をチェック

花粉が最も飛散する時間帯は、出来るだけ外出を控えましょう。

 

・洋服の素材

洋服を選ぶときには、花粉が付きにくいツルツルした素材を選びます。

 

・外出後の注意

家に入る前には、洋服や髪の毛などに付いた花粉を掃い落します。

家の中に花粉を持ち込まないように心掛けましょう。

家に入ったら、すぐに手洗いとうがいをおこないます。

 

・洗濯は小まめに

外出時に着用していた衣類は、すぐに洗濯し、花粉を徹底的に除去します。

 

□ホットタオルで鼻の不快感を軽減

鼻づまりがひどいときには、ホットタオルを用いて、鼻の部分や後頭部、首の後ろを温めます。

頭痛を伴うときも同様の方法で温湿布します。

入浴などもお勧めです。

スポンサードリンク


まとめ

お腹の赤ちゃんがすくすくと成長してくれるように、妊婦さんなら誰でもリスクを背負いたくありません。

不快な花粉症の症状にも耐えて、お薬を飲まずに何とか乗り切りたいものです。

 

しかし、極端にひどい症状を耐えていると、ストレスが過剰に加わり、精神状態が不安定になってしまいます。

イライラするなど不安定な状態は、ダイレクトに赤ちゃんに伝わり、かえって悪影響を及ぼします。

 

薬の服用の有無ばかりにとらわれず、赤ちゃんにとって、最良の方法を選択することが大切です。

医師の相談を仰ぎ、お腹の赤ちゃんを優しく守ってあげましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ