妊娠高血圧症候群の原因と予防!産後の症状や対処は?

main
妊娠すると今までに経験したことのなかったさまざまな体調の変化があらわれます。

つわりやお腹が大きくなるために起こる腰痛、妊娠後期には妊娠高血圧症候群を発症することもあります。

 

ママのお母さんの時代「妊娠高血症候群」は、「妊娠中毒症」と呼ばれていました。

「妊娠高血圧症候群」は、20人に1人の割合で発症すると言われていて、重症化すると脳出血常位胎盤早期剥離などを引き起こし、ママにも赤ちゃんにも危険が及びます。

 

今回は、妊娠するまでは知る人も少ない「妊娠高血圧症候群」の原因や予防と産後の症状や対処方法までをまとめます。

スポンサードリンク



妊娠高血圧症候群とは

妊娠20週以降に高血圧がみられ、産後12週までに血圧が正常に戻る、

もしくは妊娠20週以降に高血圧とたんぱく尿がみられ、産後12週までに正常に戻る。

 

このどちらかに当てはまる場合で、これらの症状が妊娠が原因となっている場合に妊娠高血圧症候群と診断されます。

妊娠高血圧症候群は症状によって、妊娠高血圧(高血圧のみの場合)妊娠高血圧腎症(高血圧とたんぱく尿が出た場合)に分けられます。

 

妊娠高血圧症候群の症状

妊娠20週以降に「高血圧」と「たんぱく尿」がみられます。

■高血圧
妊娠中の高血圧値は、最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上の状態をさします。

■たんぱく尿
妊娠高血圧症候群になると腎臓の機能が低下し、健康な時には見られないたんぱくが尿の成分に現れます。
これをたんぱく尿といいます。

尿検査を行うと、正常値は30mg/dl以下となりますが、妊娠高血圧症候群の場合、検査結果は30mg/dl以上となります。

 

高血圧とたんぱく尿の他に頭痛やめまいなどが症状としてあらわれる場合があります。

スポンサードリンク


妊娠高血圧症候群の原因

妊娠高血圧症候群のハッキリとした原因は分かっていませんが、妊娠高血圧症候群を起こしやすい人がいますので以下に記します。

・35歳以上または15歳以下の人

・初産の人

・経産婦で以前の出産で妊娠高血圧症候群になった人

・肥満(BMIが25以上)

*BMIの計算の仕方
体重÷身長÷身長=BMI

・糖尿病、高血圧、腎臓病などの持病がある人

・多胎妊娠

・体重の増えすぎ(体重の増加は、妊娠全期間で10㎏以内に抑えましょう)

・塩分を摂りすぎる人

以上の方は、妊娠高血圧症候群になりやすい方とされています。

 

妊婦さんと赤ちゃんへの影響

妊娠高血圧症候群になるとママだけでなく赤ちゃんにも危険が及びます。

■妊婦さんへの影響
妊娠高血圧症候群になり症状が重症化してしまうと、血圧が上昇、脳出血、子癇(しかん)と呼ばれる痙攣を起こすことがあります。
痙攣が続くとショック状態となり母子ともに危険な状態になります。

また、胎盤の状態も悪くなり、赤ちゃんを出産する前に胎盤が早期剥離してしまうことがあり(常位胎盤早期剥離)、
早期剥離を起こすと胎児死亡、大量出血のため子宮切除、妊婦が死に至るケースもあります。

■赤ちゃんへの影響
妊娠高血圧症候群が悪化すると胎盤の状態が悪くなって酸素や栄養が胎児に上手く届かなくなります。
これによって胎児が発育不全を起こしたり、低出生体重児が生まれる場合があります。

また酸素が上手く届かなくなることで低酸素症により脳に影響がでたり、最悪の場合には子宮内で胎児が死に至ることもあります。

スポンサードリンク


妊娠高血圧症候群の予防

妊娠高血圧症候群は予防ができると言われています。

予防できるのならそれを実行し、無事に元気な赤ちゃんを産みたいですね。

 

妊娠高血圧症候群の予防法には次のことがあげられます。

・カロリーや塩分に気を配って、低カロリー・低塩分・高たんぱくのバランスの良い食事を1日3回にわけて摂りましょう。

・ウォーキングやストレッチ、マタニティヨガなど適度な運動をしてください。

・ストレスをためないようにし、十分な睡眠をとるようにしましょう。

・定期検診は必ず受けましょう。

定期健診では、血圧を測ってもらえますし、尿検査も行われますので早期発見にもなります。

どの予防も誰でもできる予防法ですね。

 

妊娠高血圧症候群の産後の症状

出産後や帝王切開などで妊娠を中止すると、多くの方は高血圧やたんぱく尿の症状が改善されると言われています。

ただ妊娠高血圧症候群が重症だった場合は、産後も高血圧やたんぱく尿が続き、出産後1か月以上経っても症状が改善しないことがあります。

このような状態は妊娠高血圧症候群の後遺症と呼ばれています。

 

症状には高血圧たんぱく尿の他に浮腫やけいれん発作がみられます。

出産後84日以上、血圧やたんぱく尿が続く場合は、他の病気がないかを調べることを病院ですすめられます。

 

妊娠高血圧症候群の産後の症状への対処

産後1ヵ月を過ぎても妊娠高血圧症候群の症状が続いている場合は、血圧を下げる薬を医師に処方してもらい服用します。

その他の対処方法は

・食事は塩分控えめで低カロリーの食事を1日3回に分けてバランスよく食べましょう。

・十分な睡眠をとって疲れをためないようにしてください。

・精神的にストレスをためないように、リラックスできる時間を作りましょう。

などがあげられます。

産後は赤ちゃんのお世話が忙しくなり自分のことは後回しになってしまいがちですが、周囲の人に協力してもらい体を回復をしてください。

 

まとめ

妊娠高血圧症候群にかかると、妊婦さんにも赤ちゃんも危険が及び取り返しのつかないことになるかもしれません。

妊娠中の予防法にある定期健診を受けることは、大切なことです。

赤ちゃんの発育状態もわかりますし、ご自身の体調も順調かどうかを診てもらえますね。

妊娠高血圧症候群も初期で発見できれば早期に対策が取れますので、決められた検診は欠かさずに受けるようにしましょう。

妊娠中を大事に過ごして、無事に元気な赤ちゃんを出産してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ