妊娠検査薬は陽性でも化学流産に!生理や流産との症状や原因の違いは?

妊娠検査薬は陽性でも流産になることがあるのをご存知ですか?



ここ最近、「化学流産」という言葉をよく耳にします。

実は、「化学流産」は、妊娠検査薬の普及によって取り上げられるようになりました。


「化学流産」とは、妊娠検査薬で妊娠反応が現れているにも関わらず、超音波検査等で胎嚢が確認されない現象を示します。

その昔は、妊娠検査薬というものがなかったので、化学流産に 気づくことなく生理として片づけられていました


今回は、化学流産とは厳密に言えばどのような現象なのか、その原因や症状について詳しく説明します。

ネットで公開されている情報をまとめましたので、是非最後までお付き合いください。


「化学流産」と通常の「流産」の違いは?

化学流産は、切迫流産など通常の流産とは異なります。

妊娠成立前の現象と妊娠成立後の現象で、「化学流産」と通常の「流産」に分けられます。


それではまず、通常の「流産」について説明します。

「流産」は、受精卵が子宮内膜に着床し、胎嚢が確認された後に胎児が子宮外に押し出されてしまうことをいいます。

では、「化学流産」はどのようなものなのでしょうか?

「化学流産」とは、受精後に受精卵が子宮内膜に着床する寸前に流れてしまうことを示します。

つまり、妊娠検査薬では妊娠反応が現れているけれども、超音波検査などで胎嚢が確認されない状態です。


受精卵は約1週間かけて、卵割を繰り返しながら卵管の中を通り子宮内膜に向かいます。

そして、子宮内膜にしっかりと着床したら妊娠成立です。


しかし、その過程において、又は子宮内膜に上手く着床できなかった場合、受精卵は流れてしまいます。

これが化学流産です。


化学流産の場合、妊娠成立前の現象であり、胎嚢は確認されませんから、医学的には通常の流産には含まれません

妊娠検査薬で陽性反応が出るのはなぜ?

それでは、そもそも「化学流産」では、なぜ妊娠検査薬で陽性反応がでてしまうのでしょうか?

原因の一つに妊娠検査薬の普及が挙げられます。


それではまず、この妊娠検査薬について見ていきましょう。

妊娠検査薬

出典: http://bodyjack.jp/



妊娠検査薬は、産婦人科に行く前に、妊娠の有無を知ることができるという大きなメリットがあります。

昨今の妊娠検査薬は、飛躍的な進化を遂げ、精密性、確率性共に優れています。


妊娠検査薬は、次の生理予定日の1週間後くらいが妊娠の判定が可能になる時期になります。

妊娠検査薬の仕組みは、妊娠した場合に分泌される「hCG」というホルモンに反応します。

「hCG」は受精卵が子宮内膜に着床した際に分泌量が増えます。

市販されている妊娠検査薬の多くは、このhCG値が50mIU/mL以上の場合に陽性の反応になります。


また、最近では早期妊娠検査薬もあり、その場合はhCG濃度が25mIU/mLで陽性になり、生理開始予定日の2~3日前から使用可能です。

時期尚早の妊娠検査薬はただの「受精した証」

妊娠を希望している人は、一日でも早く結果が知りたくて早々に検査をしてしまいがちです。

その気持ちは当然ですが、前述通り受精卵は分裂を繰り返しながら約1週間かけて子宮内膜に着床し発育します。

そのため、時期早々に検査してしまうと、受精卵の着床が確定するまでに結果を得てしまうことになります。


陽性反応が出ていても、その後に受精卵がしっかりと着床し、育たなければ妊娠は成立しないのです。

つまり、時期尚早の検査は受精したことの証にはなりますが、妊娠成立の確定にはなりません。


受精が成立する確率は約80%だと言われています。

その中で、受精卵が着床に至るのは20~25%の確率になります。

妊娠検査薬は正しいタイミング、適切な時期に使用しましょう。

化学流産の原因は?



化学流産の原因の大半は、「受精卵の異常」が占めています。

妊娠は、受精すれば成立するものではありません。

受精後、正常に卵割が繰り返されることと、着床に適した子宮内膜が準備されていることが必須です。


ここでは、化学流産の原因である「受精卵の異常」「子宮内膜の準備」についてみてみたいと思います。

受精卵の異常

受精卵は卵割(細胞分裂)を繰り返し、胞胚になった頃に子宮内膜に着床します。

ところが、卵割が止まってしまったり、染色体異常があると淘汰してしまいます。

そのため、子宮内膜にうまく着床できません。

子宮内膜の準備

子宮内膜は、月経が終わる頃からエストロゲンによって増殖が促されます。

排卵後には、プロゲステロンによって、子宮内膜は分厚く柔らかいお布団のようになって受精卵を待ち受けます。

ところが、子宮内膜の形成が不十分であると、受精卵の着床や育成が難しくなってしまいます。

その他の関連する要因

上述どおり、子宮内膜は女性ホルモンの影響を受けています。

ホルモンの分泌が正常でなければ、妊娠に適した子宮内膜は形成されません。

また、ホルモンは、ストレスに大きく左右されますから、強いストレスは妊娠を妨げてしまいます。

からだの冷えもNGです。


こういった外的要因も、化学流産の一因とされていますので注意しましょう。

化学流産の症状は?

化学流産をすると、血液と一緒に受精卵がからだの外に排出されてしまいます。

化学流産したときの症状は人により異なります。


茶褐色の出血が少し見られた後、通常の生理よりやや多い出血が起こる人が多いようです。

また、血液の中に、ドロッとした血の塊が混じっていることもあります。


日頃、生理痛が弱い人は、重い痛みを感じるようですが、生理痛が強い人は、化学流産による痛みは殆どわからないようです。

化学流産による後遺症は?

基本的に、化学流産に後遺症はありません

化学流産をしても、血液とともに受精卵は体外に排出されるだけです。


また、医療機関での特別な処置は不要です。

不妊などの後遺症が残ることもありません。

1ヶ月後には、通常の生理がやってきます。


化学流産しても受精したことには違いないので、悲観することはありません。

ただ、ショックを受けてストレスが溜まるとかえって妊娠しにくくなるので、妊娠検査を行う時期には注意しましょう。

焦りは禁物ですよ。


◆関連記事もあります。
化学流産は妊娠検査薬や基礎体温で判断できる?生理の遅れや初期出血は?
化学流産の判断はどうやってするの?受精卵が着床する寸前で流れてしまう現象を化学流産といいます。妊娠検査薬の普及によって、化学流産の現象が知られるようになりました。妊娠検査薬が無い頃は、化学流産というものがわからず、遅れてやってきた生理と思われてき...

スポンサードリンク


最後に・・・

いかがでしたか?

今回は、化学流産の症状や原因についてご紹介しました。

化学流産に気づいたときには、とても悲しい気持ちになりますが、決して落ち込まないでください。

そもそも科学流産は、医学的に見れば、まだ妊娠成立もしていない状態です。


逆に、受精が確認されたことは、妊娠できる可能性があるということです。

プラス思考に切り替えて、次の妊娠成立に期待しましょう。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ