妊娠前にMR(麻疹風疹)予防接種はすべき?避妊期間と事前の抗体検査は?

main
感染症の中には、風疹麻疹(はしか)など妊婦さんが気をつけたい感染症がいくつかあります。

そのなかで麻疹は、流産や早産を起こしやすくなると多くの人に知られていますね。

一方で、三日はしかと呼ばれている「風疹」は、症状が軽く済むと言われていて重要視していない方も多いようです。

 

しかし、妊婦さんに注意してもらいたいのが「風疹」です。

なぜ注意が必要なのか?それは妊婦さんが「風疹」に感染すると、お腹のなかの赤ちゃんに影響が出てしまう怖い病気だからです。

風疹の予防にはMR(麻疹風疹)予防接種が有効とされていますが、妊娠中は接種することができません。

ではMR予防接種は、妊娠前にすべきなのでしょうか?

 

今回は大切な赤ちゃんを風疹から守るために、MR(麻疹風疹)予防接種の知識を習得しましょう。

スポンサードリンク



風疹とは

そもそも風疹とは、どのような病気なのでしょうか?

まずは風疹のことを知りましょう。

 

風疹は「風疹ウイルス」に感染すると発症する病気です。

咳やくしゃみによる飛沫感染で、潜伏期間は2~3週間、感染力はインフルエンザよりも強力と言われていますが、感染しても発症しない人がいます。

このため気がつかないうちに他の人への感染が広がり、流行が起きてしまいます。

風疹の症状として、発熱や発疹やリンパの腫れなどが見られ軽い症状で済むとされていますが、妊娠中に風疹に感染すると赤ちゃんへの影響が出る可能性があり、妊婦さんには注意が必要な病気です。

 

妊婦が風疹にかかった場合の赤ちゃんへの影響

妊娠中に風疹にかかると、赤ちゃんが「先天性風疹症候群」を起こす可能性があります。

「先天性風疹症候群」とは、妊娠中に風疹にかかると風疹ウイルスが胎児に感染して、胎児が先天異常を起こす感染症です。

 

先天性風疹症候群の3大症状は「先天性心疾患」「難聴」「白内障」とされています。

・先天性心疾患
生まれたら自然に閉じるはずの動脈管が開いたままになって心臓や肺に負担がかかってしまいます。

・難聴
耳が聞こえにくくなります。

・白内障
黒目が白く濁り、見えにくくなります。

スポンサードリンク


妊娠前にMR(麻疹風疹)予防接種を受けることの重要性

風疹に感染しないようにするための予防は、MR(風疹麻疹)予防接種を受けることです。

予防接種を受けることで、赤ちゃんへの感染が防げますので必ず予防接種を受けましょう。

ただし、妊娠中の予防接種はできませんので、妊娠を希望している方は妊娠前に予防接種を受けてください。

 

MR(麻疹風疹)予防接種を受けるための避妊期間

妊娠前に予防接種を受けるには、気をつけることがいくつかあります。

・予防接種を受ける日は、生理期間中かその直後の妊娠していないのが確実なときに受けてください。

・予防接種後は、2カ月間の避妊が必要になります。

予防接種は、パートナーにも受けてもらえるといいですね。

風疹の抗体を持っているかわからない方は、風疹の抗体検査を受けて抗体を持っているかを調べてください。

スポンサードリンク


MR(風疹麻疹)予防接種を受ける前に抗体検査

風疹の抗体を持っているかどうか定かでない方は、抗体検査を受けましょう。

風疹抗体検査は、妊娠を希望している女性を対象に各市区町村が助成してくれています。

市区町村の提示する条件を満たす方、その地区に住民票がある方などすべての条件を満たす方が対象となりますので、詳しくはお住いの市区町村に確認してください。

 

まとめ

妊娠の予定がある方や妊娠を希望している方は、妊娠前に(予防接種を受けることが出来る時期)予防接種を受けましょう。

抗体を持っていないのに予防接種を受けないで妊娠した時に、風疹が流行したことを考えるとゾッとしますね。

 

予防接種を受けることで大切な赤ちゃんを守ることができるのですから、抗体検査を受けて妊娠前に予防接種を受けましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ