妊娠初期の下痢や便秘などの腹痛の症状!原因や胎児への影響は?

妊娠初期の妊婦さんは、下痢や便秘などの症状に悩んでいませんか?

main


妊娠初期と呼ばれている期間には、「つわりの症状」「熱っぽく1日中眠い」「食べ物の好みに変化がでる」「便秘や下痢や腹痛を感じる」などの症状が現れます。

今までにない体調の変化が起きて、妊婦さんは戸惑いますね。


つわりは、妊娠するとよく聞かれる症状ですが、下痢や便秘や腹痛などはどうでしょうか?

お腹のなかに新しい命が宿っているのに、下痢や便秘や腹痛が起きて大丈夫だろうか?と心配になる妊婦さんも少なくありませんよね。


ここでは妊娠初期の下痢や便秘や腹痛についてまとめます。

妊婦さんが不安に思っている妊娠初期の下痢や便秘などの腹痛の症状への不安を、少しでも減らすことに役立てていただけたらと思います。


スポンサードリンク



妊娠初期の腹痛の症状にるいて

それでは、妊娠初期にみられる腹痛にはどのような腹痛があるのでしょう?

妊娠初期に感じる腹痛には、

・妊娠初期の心配のない腹痛

・便秘による腹痛

・下痢による腹痛

・流産の危険がある腹痛

などがあります。

特に心配のない腹痛から、流産の可能性があり注意が必要な腹痛まであります。


妊娠初期によくみられる心配のない腹痛の原因

妊娠初期によくみられる腹痛は、

「下腹部がチクチク痛む」

「引っ張られるような感じがする」

「生理痛に似た痛み」

などの症状があります。

これらの症状の場合は、ほとんどのケースで大きな心配はなく、ひどい痛みがない場合は様子を見れば良いと言われています。


妊娠初期に見られる心配のない腹痛は、妊娠することによってプロゲステロン(ホルモン)の分泌が増えることや子宮が大きくなることが原因で起こります。

これは異変が起きたり危険を感じるものではなく、妊娠初期によく見られるお腹の痛みです。

ただ、お腹の痛みが一時的なものではなく長く続いたり辛いようでしたら、我慢せずに病院を受診してください。

スポンサードリンク


便秘による腹痛と便秘の原因

子宮が大きくなることで妊娠初期に便秘になる方は少なくなりません。

便秘が長い間続き、便が硬くなってスムーズに排便できなくなり、酷い便秘となるため腹痛が起きてしまう事があります。

便秘の原因としては、下痢の原因にもなっている「プロゲステロン」が影響します。


プロゲステロンが増えることによって便秘になる原因として

・プロゲステロンの働きにより腸内の水分が減って、便が固くなる

・プロゲステロンは腸のぜんどう運動を抑える働きがあり腸の働きが悪くなる

などがあげられます。


妊娠初期の便秘には、他にも原因があります。

・子宮が大きくなり腸を圧迫するために、腸のぜんどう運動を妨げる。

・自律神経が乱れることにより腸のぜんどう運動の働きが悪くなる。

・つわりなどによる食生活の変化や運動不足

以上のようなことも原因となって、妊娠初期の便秘を起こします。


③下痢による腹痛と原因

妊娠するとホルモンバランスが急に変わるため下痢を起こす方が多く、下痢が原因で頻繁に腹痛を起こす方がいます。

下痢の原因としては、妊娠するとホルモンの一つ「プロゲステロン」の分泌量が増え、ホルモンのバランスが崩れ

・腸の機能が上手く働かなくなる

・自律神経が乱れて体温調節が上手く出来なくなり、体が冷える。

上記のようなことが起きて下痢を起こすことがあります。


その他にも、

・つわりなどによる食生活の変化

・大きくなった子宮が胃や腸を圧迫する

などが原因で下痢を起こします。


流産の危険がある腹痛の症状と原因

流産の危険がある腹痛は一時的なものではなく、ズキズキと下腹部が強く痛んだり、締め付けられるような痛みを継続して感じます。

流産の危険がある腹痛の原因として

・切迫流産

・子宮外妊娠

があげられます。

上記の症状に加えて、出血や激痛がある、基礎体温が低下している、頭痛が続いている、つわりの症状が急になくなった場合も流産の疑いがある腹痛の場合がありますので、すぐに病院を受診することが必要になります。


妊娠初期に起こる下痢や便秘や腹痛の胎児への影響

妊娠初期に見られる腹痛は、ホルモンバランスの崩れから起こる下痢や便秘が原因となって起こる腹痛が多く、一時的なものとされていて、胎児に直接関係することはありません。

しかし、胎児への影響がある腹痛(流産の可能性がある腹痛)もあります。

切迫流産については、早めの治療で妊娠を継続できることもありますので、異常な痛みを感じた時また出血があった時はすぐに病院を受診してください。

スポンサードリンク


妊娠初期に起こる下痢や便秘や腹痛の対処法

さまざまな原因から下痢や便秘を引き起こし、それが腹痛につながります。

自分に合う対処法をみつけて、実践してみましょう。


■食事のバランス
1

腹痛の原因となる下痢や便秘を改善するには、腸の働きをよくすることが大切になります。

そのためには、まず食事の改善をしましょう。


つわりがある時期なので、なかなか食事の改善は難しいかもしれませんが、できる範囲で腸の働きを整える食品を摂ってください。

また、おなかが冷えすぎない程度に水分の補給を心がけましょう。


■身体を冷やさないようにする
2

体の体温が下がると腸の働きが鈍り、胎児にもよくありません。

寒い冬はもちろんのこと、夏の冷房にも注意して暖かくして過ごしてください。


■適度な運動
3

激しい運動はできませんが、体調がいいときには軽く散歩をしましょう。


■病院を受診
4

安定期に入ってない妊娠初期に無理や我慢はよくありません。

症状が自分で改善できないときは、医師に相談してください。



まとめ

いかがでしたか?

下痢を起こしたり、便秘でお腹が張ると流産してしまうのではないか?と心配になりますね。


妊娠初期の下痢や便秘や腹痛は多くの人が経験している症状ですが、なかには流産の可能性がある腹痛もあります。

症状が長く続くときや異常な腹痛を感じたら、病院を受診しましょう。


妊娠初期は、なにかと不安が多くなります。

そのような時には一人で抱え込まずに医師に相談し、不安を取り除くことも大切ですね。


最後までありがとうございました。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ