妊娠初期のおすすめの運動と絶対やってはいけないだめな運動は?

main
妊娠初期は胎児が成長と発達をする大切な期間です。

胎児に影響がでることがないように普段の生活習慣や食生活や運動など、さまざまなことに注意をして生活していきたいですね。

一昔前までは妊娠初期の運動はしないほうがいいとされていましたが、最近では適度な運動はするほうが良いと軽い運動は推奨されています。

推奨されているといっても、やはり妊娠初期ですから制限もでてきます。

今回は妊娠初期におすすめの運動や絶対だめな運動と、運動するにあたって気をつけたいことをまとめます。

スポンサードリンク



妊娠初期の運動で気をつけること

妊娠初期は胎児の内臓や器官が形成される大切な時期で、この時期に無理な行動があると流産を起こしてしまう可能性もあります。

しかし、妊娠初期にあらわれる症状「便秘」「腰痛」などがが改善されることもあり、妊娠初期の運動は良いと推奨されています。

運動は気持ちのリフレッシュにもなりますので、気をつけながら適度に運動を取り入れていきたいですね。

 

妊娠初期の運動で気をつけたいことを例にあげてみます。

・激しい運動はしない

・動きやすい服装を考える

・履きやすい靴を履く

・球技など、人との接触が考えられる運動は避ける

・夏に体の水分を奪われるような外での運動は避ける

・登山など、平坦な場所でないところの運動は避ける

・早産や流産の恐れがない正常な妊娠かどうか

・妊娠12週を超えているか

・妊娠中の胎児が単胎であること

上記のことを気をつけて、婦人科の医師に相談してから運動を始めると安心ですね。

スポンサードリンク


妊娠初期におすすめの運動

3
妊娠中の運動として、マタニティスイミングマタニティヨガなどの運動の事を聞きます。

ただ、どちらも妊娠中期の胎児が安定してきてからが望ましいとされていて、妊娠15週くらいから受付るところも多いようです。

ヨガやスイミングなどは、安心してできる時期まで待ちましょう。

 

では妊娠初期にできる運動には、なにがあるのでしょう?

妊娠初期の運動でおすすめの運動は「ウォーキング」です。
1
ウォーキングと言っても、妊娠していないときのようにグイグイ長時間長い距離を歩くのではなく、体調の良いときに、30分くらいの散歩程度のウォーキングにしましょう。

ウォーキングの際には、ウォーキングに適した靴を履いて、途中の休憩や水分補給を忘れずにしてください。

スポンサードリンク


妊娠初期に絶対だめな運動

2
妊娠初期に絶対だめな運動(妊娠中もだめです)があります。

大丈夫!と安易な考えを起こさずに避けてください。

・球技
人と人の接触によって転倒の危険もありますし、ボールがお腹に当たってしまう可能性もあります。
どのくらいの衝撃でボールがあたるかわかりませんので避けたほうがいい運動と言えます。

・サイクリング
転倒や事故の恐れもありますので、妊娠中は自転車に乗らないようにしましょう。

・ジョギング
ウォーキングとは異なり、ジョギングとなるとかなりの振動が胎児に伝わりますので控えてください。

妊娠中は、人と接触するおそれのある運動や激しい運動は避けたいですね。

 

まとめ

妊娠初期は、胎児にとっても大切な時期です。

安定期に入ると、マタニティヨガやマタニティースイミングなどの運動もできるようになりますので、安心してできる時期までしばらくの間(妊娠初期には)は、ウォーキングで心も体もリフレッシュさせてください。

大切な赤ちゃんのために、しばらくは激しい運動は控えましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ