女性の腰痛や痛み、出血の症状は子宮筋腫?原因や検査、治療は?

main 40代の女性の4人に一人が子宮筋腫を持っているという
データがあります。

 

子宮筋腫は良性の腫瘍なので、命にかかわる疾病では
ありません。

しかし、そのまま放置しておくのも危険です。

 

妊娠を希望されている方にとっては、不妊の原因になることも
ありますし、子宮筋腫ではなく、子宮肉腫の場合も考えられます。

 

これから紹介する症状で当てはまる事柄がある場合は、
すぐに病院で検査を受けていただくことをおすすめします。

スポンサードリンク



子宮筋腫の症状

子宮筋腫があると、月経時、経血量が多くなり、レバー状の
かたまりが落ちてくることがあります。

また、下腹部が痛くなったり、腰痛がひどくなったりします。

 

月経時以外にも、貧血になったり、便秘しがちだったり、
頻尿だったりすることも疑いがあります。

 

下腹部に触れてみて、コブのようなものが触れたり、性交時に
痛みがある場合も注意したいところです。

 

子宮筋腫の種類

筋層内子宮筋腫(きんそうないしきゅうきんしゅ)
子宮筋層内に出来る筋腫のことをいいます。

全体の7割を占めるのが、この筋層内筋腫といわれています。

 
漿膜下子宮筋腫(しょうまくかしきゅうきんしゅ)
全体の2割程度が、この漿膜下子宮筋腫で、
漿膜(子宮をおおっている膜のこと)から
飛び出すようにしてできる筋腫です。

 
粘膜下子宮筋腫(ねんまくかしきゅうきんしゅ)
頻度は一番低く1割程度といわれている、粘膜下子宮筋腫は、
子宮内膜から、子宮の内側に向かって大きくなる筋腫
いわれています。

 

子宮筋腫になる原因

子宮筋腫になる確かな原因は、まだ解明されていませんが、
女性ホルモンの関係で出現し、成長するのではないかと
思われています。

また、遺伝ではないのかと心配する方もいらっしゃいますが、
子宮筋腫には遺伝はないということです。

スポンサードリンク


子宮筋腫の検査方法

病院ごとに検査方法は変わってきますが、多くは、

問診、

内診、

超音波検査

の3つが基本となるようです。

 

また、CT検査MRI検査内視鏡検査を用いて行う病院も
あるようです。

 

子宮筋腫の治療方法について

子宮筋腫の治療は大きく分けて、手術薬物療法
2つに分けられます。

 

筋腫がそれほど大きくない場合は、痛みに対して鎮痛剤や
貧血に対しての鉄剤などが用いられます。

それだけでは、困難な場合は、ホルモン療法を行って
治療を行います。

 

手術にも2種類あり、

子宮を全て取る子宮全摘出手術



筋腫だけを取る子宮筋腫核出手術

とがあります。

 

出産を考えている場合や子宮を残したい場合などは、患者さんの
意向を尊重してくれる病院がほとんどで子宮筋腫核出手術が
用いられるそうです。

 

まとめ

子宮筋腫は女性にとって、1番身近な疾病で、それに対する
不安は計りしれないものです。

日常生活の中で、気になる症状があるけれども病院に行くのも
億劫、でも不安、そんな方はいらっしゃいませんか?

早くから治療を始めれば、治りも早いですし、不安に
思っていることを病院では、解消してくれます。

 

勇気をだして、病院へ行き、元気な自分を取り戻しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ